三条公美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三条公美

三条 公美(三條、さんじょう きみよし[1] / きんよし[2]1875年明治8年)5月8日[1] - 1914年大正3年)1月30日[1][2])は、明治から大正期にかけての華族貴族院公爵議員麝香間祗候[3]。旧姓・東三条[4]

経歴[編集]

三条実美、母治子(鷹司輔煕九女)の二男として生まれる[4][5]1882年分家して華族に列せられ[4]1884年7月8日、男爵を叙爵[6]1886年8月、東三条と改姓[4]。同年10月16日、従兄弟・三条公恭が廃嫡されたことに伴い本家三条家に復籍し三条に改姓した[4]

父の死去に伴い1891年3月7日、公爵を襲爵[1][7]1900年4月、満25歳に達し貴族院公爵議員に就任し[8]、死去するまで在任した[2]

1914年歌御会始御製読師控を務めた[2]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『平成新修旧華族家系大成』上巻、697-698頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』9頁。
  3. ^ 『官報』第453号、大正3年2月3日。
  4. ^ a b c d e 『平成新修旧華族家系大成』下巻、387頁。
  5. ^ 『人事興信録』初版、979-980頁。
  6. ^ 『官報』第308号、明治17年7月9日。
  7. ^ 『官報』第2304号、明治24年3月9日。
  8. ^ 『官報』第5043号、明治33年4月27日。

参考文献[編集]

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上下巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 人事興信所編『人事興信録』初版、1903年。


日本の爵位
先代:
三条実美
公爵
三条家第2代
1891年 - 1914年
次代:
三条実憲
先代:
叙爵
男爵
東三条家初代
1884年 - 1886年
次代:
東三条実敏