三条公睦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
三条公睦
時代 江戸時代後期
生誕 文政11年5月7日1828年6月18日
死没 嘉永7年2月11日1854年3月9日
官位 従二位権中納言
主君 仁孝天皇孝明天皇
氏族 三条家
父母 父:三条実万、母:山内豊策娘・紀子
兄弟 公睦実美河鰭実文、数姫、峯
山内豊資養女・恒姫
東三条公恭
テンプレートを表示

三条 公睦(さんじょう きんむつ)は、江戸時代後期の公卿内大臣三条実万の子。官位従二位権中納言三条家30代当主。仁孝天皇(120代)・孝明天皇(121代)の二朝に亘って仕えた。

経歴[編集]

文政12年(1829年)に叙爵してから、清華家三条家の出身として速いスピードで昇進し、天保12年(1841年)には従三位となり、公卿に列する。嘉永5年(1852年)には従二位権中納言となったが、その2年後には薨去した。享年27。三条家は弟・実美が相続した。

なお、三条家を相続した実美は当初、兄・公睦の子の公恭を継嗣としていたが、公恭の素行が悪かったため、これを廃嫡して実子の公美に三条家を相続させることにした[1]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中嶋 (1981) 109頁

参考文献[編集]

  • 中嶋繁雄『日本の名門100家II その栄光と没落』、立風書房、1981年

関連項目[編集]