ワトソン・アメリア (バーチャルYouTuber)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ワトソン・アメリア
作者 なび(キャラクターデザイン)
プロフィール
愛称 アメ(: Ame: 阿梅 / 阿米
別名
  • グレムリン
  • アメちゃま
誕生日 1月6日
年齢 21歳
性別 女性
身長 150cm[1][注釈 1]
イメージカラー
テンプレートを表示
ワトソン・アメリア
人物
職業 バーチャルYouTuber
ゲーム実況者
公式サイト 公式ウェブサイト
YouTube
別名 : Watson Amelia
: 阿米莉亚・华生
チャンネル
活動期間 2020年9月13日 -
ジャンル ゲーム実況
登録者数 173万人
総再生回数 150,275,354 回
事務所(MCN ホロライブEnglish
(2020年 - )
関連人物
チャンネル登録者数・総再生回数は
2023年2月1日時点。
テンプレートを表示

ワトソン・アメリア英語: Watson Amelia1月6日[1])は、バーチャルYouTuberゲーム実況者。所属事務所はホロライブプロダクションで、同事務所の女性バーチャルYouTuberグループ・ホロライブの英語圏を中心に活動する部門「ホロライブEnglish」の初期グループであり、「Myth(神話)」のメンバー。

概要[編集]

インターネット上でホロライブにまつわる噂を耳にし、調査に出向いたところ自分もアイドルになることを決意した[1]私立探偵で、タイムトラベラーでもある。名前は探偵に因んで『シャーロック・ホームズシリーズ』の登場人物・ジョン・H・ワトスンに擬せている。このため「ワトソン」が姓、「アメリア」が名であり、本人は「アメリア・ワトソン」と名乗ることが多い。ファンの愛称は「teamates」。キャラクターデザインはイラストレーター及びバーチャルYouTuberのなびが担当。

人物・エピソード[編集]

  • 声質は高めの中音域で、やや鼻にかかった声が特徴。
  • デビュー間もない頃から「第2の赤井はあと」とも形容される独特のギャグセンスを発揮。一例として、『スーパーマリオ オデッセイ』を実況プレイした際、「ヒップドロップ」の英名かつ性交を指す隠語でもある「Ground Pound」を連呼、現在でも彼女を代表するネタの1つとなっていた。
  • 尊敬するホロライブメンバーとして桐生ココを挙げていた。彼女のホロライブ卒業後、彼女の名物企画の1つであった「あさココLIVEニュース」を模したシリーズ配信「Ame in the A.M.」を始動させている。
  • イラストレーター・Walfieによってミニキャラ化された「Smol Ame」がファンの間で人気であり、同人ゲームや他の「Myth」のメンバー分を含めた公式Live2Dモデル[2]、さらには3Dモデルまでもが制作された。

経歴[編集]

2020年
  • 9月9日、Twitterでの活動を開始。
  • 9月13日、YouTubeで初配信を行いデビュー[3]。「Myth」の中では最後のデビューとなった。同日、YouTubeのチャンネル登録者数が10万人を突破。
2021年

出演[編集]

イベント[編集]

ディスコグラフィ[編集]

参加楽曲[編集]

デジタルシングル[編集]

発売日 タイトル 歌唱 レーベル 規格品番
2022年1月14日 Journey Like a Thousand Years 千年の旅 Hololive English -Myth-[注釈 2] cover corp. CVRD-113
2022年10月1日 Non-Fiction hololive English -Myth-[注釈 3] CVRD-220

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2021年8月に開設されたホロライブ公式サイトでは160cmと記載されている
  2. ^ Mori Calliope、Takanashi Kiara、Ninomae Ina'nis、Gawr Gura、Watson Amelia
  3. ^ Mori Calliope、Takanashi Kiara、Ninomae Ina'nis、Gawr Gura、Watson Amelia

出典[編集]

  1. ^ a b c ワトソン・アメリア”. hololive.tv. カバー株式会社. 2022年10月8日閲覧。
  2. ^ a b “VTuberグループ「ホロライブEnglish」がミニキャラ化!?『Hololive English -Myth- 大型コラボ配信』にて、新衣装をお披露目!” (プレスリリース), PR TIMES(カバー株式会社), (2021年4月2日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000388.000030268.html 2021年10月18日閲覧。 
  3. ^ “英語圏向けVTuberグループ「ホロライブEnglish」がついにデビュー!” (プレスリリース), PR TIMES(カバー株式会社), (2020年9月9日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000296.000030268.html 2021年10月18日閲覧。 
  4. ^ 【速報】ホロライブEN所属Watson Amelia、チャンネル登録者100万人突破 ホロライブ9人目、ENでは3人目”. パノラプロ (2021年2月11日). 2021年10月18日閲覧。
  5. ^ “VTuberグループ「ホロライブEnglish」、新衣装お披露目配信実施のお知らせ” (プレスリリース), PR TIMES(カバー株式会社), (2021年4月30日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000407.000030268.html 2021年10月18日閲覧。 
  6. ^ PR TIMES(カバー株式会社) (2021年12月6日), “英語圏VTuberグループ「ホロライブEnglish」1stジェネレーション「hololive English -Myth-」、新衣装お披露目リレー配信実施のお知らせ” (プレスリリース), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000574.000030268.html 2021年12月13日閲覧。 
  7. ^ a b カバー株式会社 (2021年8月3日). “英語圏向けVTuberグループ「ホロライブEnglish」、2021年8月より「HOLOLIVE EN 2021 VTUBER TOUR」として、北米イベントに出演決定!”. PR TIMES. 2021年8月3日閲覧。

外部リンク[編集]