コンテンツにスキップ

儒烏風亭らでん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
儒烏風亭じゅうふうていらでん
Juufuutei Raden[1]
作者 カオミン(キャラクターデザイン)[1]
プロフィール
誕生日 2月4日[1]
年齢 21歳[2]
性別 女性
身長 159cm[1]
テンプレートを表示
儒烏風亭らでん
人物
職業 バーチャルYouTuber
公式サイト 儒烏風亭らでん|所属タレント一覧|hololive(ホロライブ)公式サイト
YouTube
チャンネル
活動期間 2023年 -
ジャンル 生配信ゲーム実況
登録者数 53万人
総再生回数 30,075,565 回
事務所(MCN ホロライブプロダクション
関連人物
チャンネル登録者数・総再生回数は
2024年7月9日時点。
テンプレートを表示

儒烏風亭らでん(じゅうふうてい らでん、2月4日[1] - )は、日本バーチャルYouTuber。所属事務所はホロライブプロダクションで、VTuberグループ「hololive DEV_IS」内のユニット「ReGLOSS」に所属している。文化・芸能分野に対する造詣の深さが特徴である。

活動

[編集]

ホロライブプロダクションに所属するVTuberグループ「hololive DEV_IS」内のユニット「ReGLOSS」に所属しており[3]、2023年9月4日にデビューが告知され[4]、同年9月10日にデビュー配信を行った[1][5]。真っ白な背景をバックに能面を被ったまま登場、しかもカメラから遠く離れており姿がよく見えないまま、飲酒しつつマシンガントークを披露した[5][6]。MoguLiveのライターであるノンジャンル人生およびゆりいかは、この初配信について「強烈な個性を発揮」と、ねとらぼのライターであるコンタケは「大変パワフルな内容」と、Real Soundのライターである草野虹は「今までのホロライブにいないタイプ」とそれぞれ評価している[5][6][7]

配信活動では、「推し語り配信」と称して好きな美術館を紹介したり、自身のおすすめの本について話す「書庫らでん」などを行っている[8]

人物

[編集]

落語や美術などの文化・芸能分野に対する造詣の深さが特徴である[8]

もともとラジオで落語を聞く祖母の影響で興味を持っていたが、コロナ禍の自粛期間中に、Youtubeで落語動画を見たことをきっかけに強い興味を持ちはじめ、自粛期間明けに寄席桂宮治の「初天神」を聞いたことで落語を好きになった[8]。それ以来毎月一度は寄席に行っているという[8]。好きな落語家は春風亭昇太とその弟子の春風亭昇也で、他の春風亭一門も好んで聞いている[8][9]。現在は「前座見習い」の立場であるといい[5]、そこで培ったトーク力が評価されている[3]

美術館通いを趣味としているなど美術に強い興味関心があり[3][8]、かつてキュレーターを志望していたことから学芸員の資格も所有している[8]。配信で芸術について解説する際は、専門用語をなるべく使わないよう噛み砕いて説明することや、抽象的な説明だけでなく具体的な話も織り交ぜることを意識しているという[3]

たばこパチスロ好きであることから「酒カス・ヤニカス・スロカスのカスの大三元」を自称している[6]。なお、ホロライブプロダクション所属者で喫煙者であることを公表するのは儒烏風亭が初である[6]

評価

[編集]

デビュー当初は初配信のインパクトやホロライブプロダクションで唯一喫煙を公表していることなどから破天荒な性格だと思われていたが、美術などの教養が深いことや、ReGLOSSに所属する他メンバーの破天荒さが明らかになっていったことなどによって、2023年12月時点では「常識亭まじめ」「ネタ枠には収まるには無理がある」と評されるようになっている[6]。また、Real Soundのライターである草野虹は「美術・芸術にまつわる博識ぶりが広まるにつれて、初期に見せていた奇人なイメージから、徐々に常識人・知識者としてのイメージへと変わっていく」と評している[7]

自身の個性について儒烏風亭は「「伝える」ことに長けている喋りと思考」「広く興味を持ち、探求し続けること」だと述べている[3]。ライターのたまごまごは「お酒やギャンブルを愛する型破りな面と、文化・芸能を愛する知的な面のギャップ」が評価されていると述べている[3]

脚注

[編集]

出典

[編集]
  1. ^ a b c d e f 儒烏風亭らでん|所属タレント一覧|hololive(ホロライブ)公式サイト”. hololive.hololivepro.com. 2024年2月24日閲覧。
  2. ^ ホロライブ傘下の新グループ「hololive DEV_IS」立ち上げ!5人組音楽VTuber「ReGLOSS」デビューへ”. inside-games.jp (2023年9月4日). 2024年2月24日閲覧。
  3. ^ a b c d e f たまごまご 2024, p. 56.
  4. ^ Yugaming (2023年9月30日). “新人VTuber 儒烏風亭らでんの放蕩な魅力 アートやカルチャーに深い造詣 - KAI-YOU.net”. kai-you.net. 2024年2月24日閲覧。
  5. ^ a b c d 面白いだけじゃない! ホロライブの新人VTuber儒烏風亭らでんに注目 落語や美術を独自の視点で語る - MoguLive”. moguravr.com (2023年10月13日). 2024年2月24日閲覧。
  6. ^ a b c d e コンタケ (2023年12月26日). “自称“カスの大三元"のホロライブ・儒烏風亭らでんが禁煙を報告 ギャンブルもやらなくなり「個性がなくなる」「本気で悩んでいる」 - ねとらぼ”. nlab.itmedia.co.jp. 2024年2月24日閲覧。
  7. ^ a b 美術/芸術の知識豊富なユニークタレント・儒烏風亭らでん|Real Sound|リアルサウンド テック”. realsound.jp. p. 3 (2024年1月27日). 2024年2月24日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g 吉田 2024, p. 130.
  9. ^ 儒烏風亭らでん 文化・美術への愛と知識があふれるV系噺家 日経クロストレンド 2024年1月17日 2024年5月25日 閲覧

参考文献

[編集]
  • たまごまご「学問、カルチャー、社会のことまで幅広く!「知ってほしい」を伝えるVtuberたち。」『an・an』第2383巻2024年2月7日号、マガジンハウス、2024年2月、56-57頁、全国書誌番号:00001323 
  • 吉田尚記「voice of virtual entertainer vol.22 儒烏風亭らでん」『日経エンタテインメント』第323巻2024年2月号、日経BP、2024年2月、130頁、全国書誌番号:0000132300106444 

外部リンク

[編集]