ローザンヌ国際バレエコンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コンクールが行われるローザンヌのボーリュ劇場。ローザンヌ中央駅から北西に約2.5km。

ローザンヌ国際バレエコンクール: Prix de Lausanne)は、スイスローザンヌで毎年行われる、15歳から18歳までのバレエダンサーを対象としたコンクールである。スイスの非営利法人である舞踊振興財団(Fondation en faveur de l'Art chorégraphique)によって1973年から開催されている。

ヴァルナモスクワなどの旧来のバレエコンクールとは異なり、若手ダンサーにキャリア形成につながる道筋を開くことを目的に掲げている[1]。このため世界の著名なバレエ学校31校[2]およびバレエ団32組織[3]と提携しており、主たる賞であるローザンヌ賞(賞の節を参照)でこれらに無償で留学・研修することのできる権利を生活支援金とともに授与している。

歴代の受賞者の多くがプロとして活躍していることから、若手バレエダンサーの登竜門の一つと考えられてきた。

沿革[編集]

スイスの実業家フィリップ・ブランシュワイグは、妻エルヴィ・クレミスがバレエダンサーだったことからモーリス・ベジャールロゼラ・ハイタワーと長年親交があり、ベジャールの20世紀バレエ団の公演をラ・ショー=ド=フォンで実現するなど興行師としての実績があった[4]1969年、ローザンヌにおける舞踊公演の促進を目的とする舞踊振興財団が設立されると、設立に関与したG・クライネルトはブランシュワイグにも参加を求めた[5]。1970年に同財団の理事となったブランシュワイグは、舞踊の世界では個々のダンサーが声楽家など他の領域の芸術家に比べて経済的に不利な立場に立たされている実情を知っていたため、ダンサーを支援する最善の方法を求めて、1972年初頭から知己のベジャールとハイタワーに相談した[6]。その結果、若手ダンサーに世界的に知名度のあるバレエ学校で学ぶ権利を賞として授与するコンクールをローザンヌで創設することを決意した。

レッスン審査を含む予選と、準決戦・決戦の合計3段階で絞り込む選考方法はブランシュワイグ夫妻がハイタワーと相談して決定した。さらに入賞者の留学の受け入れ先として、当時ブリュッセルにあったベジャールのムードラ・バレエ学校、カンヌのハイタワーの学校、さらにロンドンのロイヤル・バレエ学校の3校に協力を求めて賛同を得た[7]。第1回のコンクールは1973年1月19-21日にローザンヌ市立劇場で実施された[6]。当時の参加年齢は15-19歳で、参加者はクラシック・ヴァリエーションと、コンクール用に新たに振付けたフリー・ヴァリエーションを1曲ずつ準備して参加するというものだった。

第3回(1975年)からは実施会場がローザンヌのボーリュ劇場となり、提携校も次第に増やされていった。その後コンクールとしての国際的な知名度を高めるため、例外的に1985年にはニューヨーク、1989年は東京、1995年はモスクワで決選が開催された[8]

コンクール概要[編集]

特徴[編集]

バーレッスンの審査
バーレッスンの審査
『コッペリア』 を踊る参加者 (2010年)
コッペリア』 を踊る参加者 (2010年)

すでにプロとしての活動実績がある者や入団が決まっている者は参加資格がない[9]。結果のみで審査する旧来のコンクールとは異なり、参加者にクラスを受講させ、それ自体も審査対象としている。このクラス審査による評価は準決戦までの各参加者の評価点の半分を占める[10]。決戦も含め、審査では「プロのバレエダンサーとして成功する能力があるか」に重きが置かれている[10]

また賞を授与するだけのコンクールとならないように[11]、様々な工夫がなされてきた。現在では参加者全員に対して、選択したヴァリエーションごとに著名ダンサーによる個別の指導が行われている。入賞に至らなかった参加者に対しては、提携バレエ学校およびバレエ団と留学の相談ができる機会が設けられている[12][13]

選考方法[編集]

1月下旬頃から2月上旬にかけて約1週間の日程で行われる。事前のDVD審査に合格した者と、年により異なるが一部の国で開催される予備予選を勝ち抜いた者の合計約70名が現地での審査に参加できる。このうち20名程度が決選に残り、最終的に6-8名が「ローザンヌ賞」を授与される。

入賞できなかった場合でも、決選進出者には、1,000スイス・フランの奨励金と夏に行われる講習会の受講料免除などの特典が与えられる。

選考方法の変遷[編集]

時代の変化に対応するため、1999年からコンテンポラリー・ヴァリエーションが審査に導入された[14]。またこの年から賞として従来の留学のほかにバレエ団における研修も選べるようになった(賞の節を参照)。

2006年にも選考方法に大きな変更があり、第1フェーズは映像を自ら録画して送付するDVD審査となり、第2フェーズのみが現地で行われるように改められた[15]。また創立以来2005年まで行われていたフリー・ヴァリエーション(自由作品)による審査が廃止された[注釈 1]

日本との関わり[編集]

1980年[11]から2005年まで、舞踊振興財団の支部にあたる日本事務局が東京に置かれ、山田博子が代表となって参加希望者の問い合わせに応じるなどの支援にあたった。以来日本からは継続的に参加者が出ており、現在までほぼ毎年の受賞者を出している。これまでに吉田都熊川哲也上野水香中村祥子ら70名以上が受賞した。

なお1989年の東京開催では、準決戦と決戦を日本で行うことによる費用として約6,000万円がかかり、富士通日本児童手当協会文化庁NHKなどがこの一部を負担した[17]

[編集]

  • ローザンヌ賞(Prix de Lausanne) - 単に入賞と呼ばれることも多い。与えられる賞により、スカラシップ賞またはプロ研修賞と呼ばれる。
    • スカラシップ賞(Prix de Lausanne Bourses d’Etudes)- 入賞者には世界の著名バレエ・スクールへ1年間無償で留学する権利と、その間の生活援助金として16,000スイス・フランが与えられる[18][19]
    • プロ研修賞(Prix de Lausanne Bourses d’Apprentissage) - 入賞者には世界の著名バレエ団へ研修生として1年間参加する権利と、その間の生活援助金として16,000スイス・フランが与えられる。17歳以上の参加者のみ選択できる[18][19]。この賞は1999年から後述のキャッシュプライズなどを置き換える形で導入され[20]、当初は日本語で「プロフェッショナル・スカラシップ賞」と呼ばれていた[21](Prix de Lausanne en Bourse Stage professionnel)。
ローザンヌ賞の入賞者は表向き順位付けはなされないが、希望の留学先または研修先は決選での成績が上位の者から優先して認められることが定められている[18][19]。また近年は表彰式において得点が上位の者ほど後に呼び出されるのが慣例となっている。
  • コンテンポラリー賞(Prix d'interpretation contemporaine) - コンテンポラリー・ヴァリエーションにおいて特に解釈と表現力に優れていた決選進出者1名に贈られ、受賞者は世界の著名なコンテンポラリー・ダンス講習会へ無料で招待される[18][19]
  • ベスト・スイス賞(Prix du meilleur suisse) - 地元スイス国籍または3年以上スイスに在住してバレエ教育を受けた参加者に贈られる。賞金は2,500スイス・フラン[18][19]。東洋人の目覚しい進出のため、意義は希薄になってきた。
  • 観客賞(Prix du public) - 観客の人気投票によって決められる。賞金は500スイス・フラン[18][19]

廃止された賞[編集]

  • 最優秀特別賞[22](Médaille d'Or) - 「金メダル」とも呼ばれ、全参加者の中から特に優秀だとみなされた者に授与された賞。該当者なしの年もあった。1983年当時の賞金額は4,000スイス・フラン[23]、1997年当時は5,000スイス・フランだった[24]。公式の受賞者リストによると最後に最優秀特別賞を受賞したのは1995年のG・ガルシア=ポルテロ(スペイン)[25]となっている。
    その後は該当者なしの年が続いていたが、1999年ごろから金メダルには「最優秀賞」の日本語訳があてられていた[21]。2001年当時は「スカラーシップまたはプロフェッショナル・スカラーシップ受賞者で、卓越したスター性を有する者に授与。希望する一流バレエ団への訪問を目的とする2週間の研修旅行の特典[26]と定義されており、その年にはJ・ガルシア=カスティーヤ(スペイン)がこれを受賞している[27] (Prix d'excellence)[28]
    現在、前述のローザンヌ賞で成績1位となった者には金メダルが授与されるが、賞の特典そのものは2位以下と差異がなく、意味合いとしては象徴的なものに留まっている。
  • キャッシュプライズ(Prix Espèces) - すでに国立・公立のバレエ学校に所属している参加者が入賞した際に与えられた賞金。提供する団体名を冠して「ジョンソン基金賞」(Prix Fondation Johnson)として1982年から導入された[11]。通常3名まで選ばれ、順位により賞金額が異なっていた。1997年当時は1位が4,000スイス・フラン、2位が3,000フラン、3位が2,000フランだった[24]。著名な受賞者にダーシー・バッセル(1986年)、ブベニチェク兄弟(1992年)らがいる。
    なお1997年および1998年には、17歳以上の参加者は私立のバレエ学校からの参加であっても一律でスカラシップ賞の対象外となり、このキャッシュプライズを目標とせざるを得なかった[29]。1998年を最後に廃止となった。廃止した理由は、過去にロシアからの参加者が賞金を関係者に没収されていた事実が判明したためだという[14]
  • プロフェッショナル賞(Prix Niveau Professionnel) - 職業ダンサーの水準に達していると判断された決選進出者に贈られた賞金。留学の特典はなかった。日本語では単に「特別賞」とも呼ばれた[22]。賞金額はキャッシュプライズの1・2位より少なく、1983年当時で2,000スイス・フラン[23]、1997年も同額だった[24]。1998年を最後に廃止。
  • エスポワール賞(Prix Espoir) - 16歳以下の決選進出者または準決選進出者のうち、最も将来性があると認められた者に与えられた賞。スカラシップ賞と同じ恩典、すなわち著名スクールへ1年間無償で留学する権利と生活援助金が与えられた[21]。1988年から導入されたもので、決選に進めなかったり入賞を逃した有望な若年者に対する救済措置としての意味があった。ただし1997年当時は留学先としてパリ・オペラ座バレエ学校とロイヤル・バレエ学校は選べないと規定されていた[24]。2003年開催中にスカラシップ賞の入賞者枠を増やすために授与中止と発表され[30][31]、結局そのまま廃止となった。
  • 振付賞・振付奨励賞(Prix de la meilleure chorégraphie personnelle, Prix d'encouragement à la chorégraphie) - フリー・ヴァリエーションを自分で振り付けた参加者の中から最優秀の者に与えられた賞。当初「振付賞」と呼ばれていたが、どこまでが本人の振付と言えるか判断するのが難しいとの理由により、1983年開催分から賞の名称が「振付奨励賞」へと変更された[22][23]。1989年を最後に廃止[32]

日本からの受賞者[編集]

※特記以外、受賞者の国籍は日本の旗日本

名前 受賞 現在 所属 審査員経験[注釈 2]
1978 吉田 尚美 スカラシップ賞 引退
ドイツの旗シュトゥットガルト・バレエ団)
1980 堀内 元 振付賞
スカラシップ賞
芸術監督 アメリカ合衆国の旗セントルイス・バレエ団
1994、95、97、2000[33]、08年
力丸 純奈 振付賞 (元プリンシパル) スイスの旗サンガレン市立劇場バレエカンパニー)
1982 貞松 正一郎 スカラシップ賞
木村 規予香 プロフェッショナル賞 (元プリンシパル[注釈 3] ドイツの旗ライプツィヒ・バレエ団)
1983 吉田 都 スカラシップ賞 (元プリンシパル) イギリスの旗ロイヤル・バレエ団
1993、2009、2012年
堀内 充 准教授 日本の旗大阪芸術大学
1984 高部 尚子 日本の旗谷桃子バレエ団
平元 久美 日本の旗松山バレエ団
牛尾 和美 審査員特別賞
1986 中村 かおり スカラシップ賞 (元プリンシパル) アメリカ合衆国の旗パシフィック・ノースウェスト・バレエ団)
秋山 珠子 キャッシュプライズ プリンシパル スペインの旗スペイン国立ダンス・カンパニー
1987 伊能 貴子 スカラシップ賞
1988 中村 恩恵 プロフェッショナル賞 退団 オランダの旗ネザーランド・ダンス・シアター
渡部 美咲 エスポワール賞
1989 熊川 哲也 最優秀特別賞 芸術監督
プリンシパル
日本の旗Kバレエ
1996、2013年
宮内 真理子 スカラシップ賞 引退 日本の旗新国立劇場バレエ団)
榊原 弘子
奈良岡 典子
橋本 美奈子 プロフェッショナル賞
田中 祐子 振付奨励賞 日本の旗牧阿佐美バレヱ団
1990 荒井 祐子 スカラシップ賞 プリンシパル 日本の旗Kバレエ
1991 齊藤 亜紀 スカラシップ賞 プリンシパル ベルギーの旗ロイヤル・フランダース・バレエ団
2003、05、07年
佐々木 陽平 エスポワール賞 引退 イギリスの旗ロイヤル・バレエ団
古谷 智子
1992 中野 綾子 スカラシップ賞 スイスの旗バーゼル劇場バレエ
高橋 宏尚 プロフェッショナル賞 プリンシパル イギリスの旗ノーザン・バレエシアター
高久 舞 エスポワール賞
1993 上野 水香 スカラシップ賞 プリンシパル 日本の旗東京バレエ団
大植 真太郎 キャッシュプライズ 退団 ドイツの旗ハンブルク・バレエ団)
2002年[34]
浅野 美波 エスポワール賞
1994 泉 敦子
柳井 美紗子
1995 蔵 健太 スカラシップ賞 教師 イギリスの旗ロイヤル・バレエ学校
川村 真樹 (元プリンシパル) 日本の旗新国立劇場バレエ団)
康村 和恵韓国の旗 日本の旗Kバレエ
1996 中村 祥子 スカラシップ賞
テレビ視聴者賞
プリンシパル[注釈 4] ハンガリーの旗ハンガリー国立バレエ団
樋口 ゆり プロフェッショナル賞 退団 日本の旗Kバレエ
河合 佑香 スカラシップ賞 引退 日本の旗松岡伶子バレエ団)
1997 大石 麻衣子 エスポワール賞 (元プリンシパル[注釈 3] ドイツの旗ライプツィヒ・バレエ団)
1998 植村 麻衣子 日本の旗塚本洋子バレエ団
横関 雄一郎 スカラシップ賞 (元ソリスト) ドイツの旗ライプツィヒ・バレエ団)
菊池 あやこ
田中 麻子 キャッシュプライズ
1999 神戸 里奈 エスポワール賞
コンテンポラリー賞
ファースト・ソリスト 日本の旗Kバレエ
小尻 健太 プロ研修賞 退団 オランダの旗ネザーランド・ダンス・シアター
根本 しゅん平 エスポワール賞 スウェーデンの旗クルベリ・バレエ
2000 加治屋 百合子 スカラシップ賞 プリンシパル アメリカ合衆国の旗ヒューストン・バレエ団
木田 真理子 プリンシパル スウェーデンの旗スウェーデン王立バレエ団
清水 健太 スカラシップ賞
コンテンポラリー賞
プリンシパル アメリカ合衆国の旗ロサンゼルス・バレエ団
大貫 真幹 プロ研修賞 スイスの旗モーリス・ベジャール・バレエ団
坂地 亜美 スカラシップ賞
2001 倉永 美沙 プロ研修賞 プリンシパル アメリカ合衆国の旗ボストン・バレエ団
平田 桃子 エスポワール賞 プリンシパル イギリスの旗バーミンガム・ロイヤル・バレエ団
平野 亮一 プロ研修賞 ファースト・ソリスト イギリスの旗ロイヤル・バレエ団
2002 崔 由姫韓国の旗 プロ研修賞
コンテンポラリー賞
竹田 仁美 エスポワール賞 ソリスト 日本の旗NBAバレエ団
2003 福田 圭吾 プロ研修賞 3位 ファースト・ソリスト 日本の旗新国立劇場バレエ団
2004 贄田 萌 スカラシップ賞 2位 第2ソリスト[注釈 5] スウェーデンの旗スウェーデン王立バレエ団
井澤 諒 4位 ソリスト 日本の旗Kバレエ
松井 学郎 プロ研修賞 6位 ノルウェーの旗ノルウェー国立バレエ団
2006 森 志乃 スカラシップ賞 5位 コール・ド・バレエ カナダの旗カナダ・ナショナル・バレエ団
2007 河野 舞衣 スカラシップ賞
観客賞
2位 ソリスト[注釈 6] ドイツの旗バイエルン国立バレエ団
2008 高田 茜 プロ研修賞
観客賞
5位 ファースト・ソリスト イギリスの旗ロイヤル・バレエ団
2009 水谷 実喜 スカラシップ賞 3位 コール・ド・バレエ イギリスの旗バーミンガム・ロイヤル・バレエ団
根本 里菜 プロ研修賞 6位 オーストラリアの旗オーストラリア・バレエ団
高田 樹 次点[注釈 7] ドイツの旗ヘッセン州立バレエ団
2010 佐々木 万璃子 スカラシップ賞 3位 イギリスの旗ロイヤル・バレエ団
2011 加藤 静流[40] スカラシップ賞 5位 ドイツの旗キール歌劇場バレエ団
堀沢 悠子[40] 7位
2012 菅井 円加[41] プロ研修賞
コンテンポラリー賞
1位 コール・ド・バレエ ドイツの旗ハンブルク・バレエ団
2013 山本 雅也[42] プロ研修賞 3位 日本の旗Kバレエ
2014 二山 治雄 スカラシップ賞 1位 生徒[43] アメリカ合衆国の旗サンフランシスコ・バレエ学校
前田 紗江 2位 イギリスの旗ロイヤル・バレエ学校
加藤 三希央 プロ研修賞 6位 研修生[43] モナコの旗モンテカルロ・バレエ団
2015 伊藤 充 スカラシップ賞
または プロ研修賞
3位 留学・研修先は未定 ポルトガルの旗リスボン国立音楽院
日本の旗アクリ・堀本バレエアカデミー)
金原 里奈 5位 モナコの旗プリンセス・グレース・アカデミー

注釈[編集]

  1. ^ 2006年の審査員の1人はフリー・ヴァリエーションの出来の良し悪しによって審査が公平ではなくなる点を指摘していた[16]
  2. ^ 年は決選当日のもの。2006年開催分以降はDVDによる予備選考が前年の秋から行われている。
  3. ^ a b 正式には第1ソリスト (Erste Solistin)。ドイツのバレエ団における最高位のダンサーであり、英語圏のバレエ団のプリンシパルに相当する。なおライプツィヒでは2010年頃にダンサーの階級が廃止されているが、これは廃止前の名称。
  4. ^ 正式には第1ソリスト (: első magántáncosnő)[35]
  5. ^ : 2:a solistdansare[36]
  6. ^ 正式には半ソリスト (Demi-Solo)[37]。英語圏のソリストに相当するため、英語では "Soloist" と表記されている[38]
  7. ^ 7位入賞のセバスチャン・ヴィネ(チリ)がプロ研修の権利を行使しなかったことによる繰上げ入賞[39]

出典[編集]

  1. ^ Our mission 〔公式サイト〕
  2. ^ Partenaires (Écoles) 〔公式サイト〕
  3. ^ Partenaires (Compagnies) 〔公式サイト〕
  4. ^ Braunschweig, Philippe, Un double destin: de l'horlogerie à la danse, Favre, 2012, ISBN 978-2-8289-1252-9, pp.12-13.
  5. ^ ibid, p.190.
  6. ^ a b ibid, p.192.
  7. ^ ibid, p.193.
  8. ^ Our History 〔公式サイト〕
  9. ^ ローザンヌ国際バレエコンクール参加要項 (2015年)」、第4項 〔公式サイト〕
  10. ^ a b Critères d'évaluation du potentiel des candidat/e/s, "Dossier de presse 2014", p.8 〔※2014年公式サイトのアーカイブ〕
  11. ^ a b c 「特報 第11回ローザンヌ賞」 The TES Graphic 1983 Vol.7-1 〔通巻42号〕、テス・カルチャーセンター、p.25.
  12. ^ Networking Forum 〔公式サイト〕
  13. ^ Networking Forum, "Dossier de presse 2014", p.15 〔※2014年公式サイトのアーカイブ〕
  14. ^ a b Horosko, Marian, "New Rules for Prix de Lausanne", Dance Magazine, Aug 1999
  15. ^ Kunikova, Elena, "Inside the Prix de Lausanne: where you don't have to win to be a winner", Dance Magazine, Jan 2006
  16. ^ スージン・カン 「審査員インタヴュー 何よりも我慢強くあること」 ダンスマガジン 2006年4月号 〔第16巻第4号〕、新書館、p.85.
  17. ^ 五島宏治 「第17回ローザンヌ国際バレエコンクール 大きく躍進した日本」 The TES Graphic DANCE NOW、1989.3 Vol.11-3 〔通巻75号〕、テス出版、p.5.
  18. ^ a b c d e f ローザンヌ国際バレエコンクール参加要項 (2015年)」 〔公式サイト〕
  19. ^ a b c d e f Reglement du Concours (2015) 〔公式サイト〕
  20. ^ 「ローザンヌ・コンクール出場者募集」 ダンスマガジン 1998年9月号 〔第8巻第9号〕、新書館、p.109.
  21. ^ a b c 「レポート 第27回ローザンヌ国際バレエ・コンクール」 Ballet [バレエ] Vol.07、1999年5月、音楽の友社、pp.123-124.
  22. ^ a b c 「ローザンヌ賞 座談会」 The TES Graphic 1982 Vol.6-6 〔通巻41号〕、テス・カルチャーセンター、pp.66-68.
  23. ^ a b c 前掲 「特報 第11回ローザンヌ賞」、p.30
  24. ^ a b c d 「ローザンヌ国際バレエ・コンクール」(『バレリーナへの道』 No.16、文園社、1997年5月、ISBN 4-89336-105-8 p.37)
  25. ^ Our prize winners 〔公式サイト〕
  26. ^ 「特別企画 ローザンヌ国際バレエコンクールのすべて」 ダンスマガジン 2001年4月号 〔第11巻第4号〕、新書館、p.39.
  27. ^ アンジェラ加瀬 「第29回 ローザンヌ国際バレエ・コンクール」(『バレリーナへの道』 No.37、文園社、2001年5月、ISBN 4-89336-160-0 p.28)
  28. ^ Sarah Kora Dayanova a dansé la finale du Prix de Lausanne, swissinfo.ch, 28 janvier 2001
  29. ^ 「第25回 ローザンヌ国際バレエ・コンクール」(1頁広告) ダンスマガジン 1996年10月号 〔第6巻第11号〕、新書館、p.63.
  30. ^ アンジェラ加瀬 「第31回ローザンヌ国際バレエコンクール」(『バレリーナへの道』 No.48、文園社、2003年5月、ISBN 4-89336-185-6、p.78)
  31. ^ Prix de Lausanne 2003, 1時間45分58秒~。
  32. ^ 「第18回ローザンヌ・コンクール」 ダンスマガジン〔隔月刊〕 第28号、新書館、1989年8月、ISBN 4-403-60066-2、p.109.
  33. ^ 福井恵子 「第28回ローザンヌ国際バレエコンクール」(『バレリーナへの道』 No.30、文園社、2000年5月、ISBN 4-89336-147-3 p.17)
  34. ^ アンジェラ加瀬 「第30回ローザンヌ国際バレエ・コンクール」(『バレリーナへの道』 No.43、文園社、2002年5月、ISBN 4-89336-172-4 p.87)
  35. ^ Shoko Nakamura, Magyar Állami Operaház
  36. ^ Ensemble, Kungliga Baletten
  37. ^ Mai Kono, Bayerisches Staatsballett
  38. ^ Biography Mai Kono, Bayerisches Staatsballett
  39. ^ Schools and companies chosen by the Prix de Lausanne 2009 prize-winners 〔※公式サイトのアーカイブ〕 なおこの発表では高田の研修予定先はABTIIとなっているが、実際に研修に赴いたのはロイヤル・バレエ団だった。
  40. ^ a b ローザンヌ国際バレエに2人入賞 埼玉の加藤静流さんら」 47NEWS、2011年2月7日
  41. ^ ローザンヌ国際バレエ、日本の17歳優勝 菅井円加さん」 朝日新聞デジタル、2012年2月5日
  42. ^ 里信邦子 「第41回ローザンヌ国際バレエコンクールswissinfo.ch, 2013年2月3日
  43. ^ a b Ecoles et compagnies choisies par les lauréat/e/s du Prix de Lausanne 2014 〔公式サイト〕

外部リンク[編集]