佐々木陽平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 陽平(ささき ようへい、1975年11月29日 - )は、日本バレエダンサー岩手県盛岡市出身。

略歴[編集]

1991年ローザンヌ国際バレエコンクールでエスポワール賞を受賞。15歳で英国ロイヤル・バレエ・スクールに留学したのち、1993年ロイヤル・バレエ団に入団。ファースト・ソリストとして活躍したのち、2010年1月に退団した[1]。2月よりロンドンの大学で勉学に励んでいる。

人物[編集]

  • 妻はイタリアの元バレリーナのマリア。日伊ハーフの2児を持つ。
  • ロイヤル・バレエ団在団中にロイヤル・アカデミー・オブ・ダンシング(RAD)の教師資格を取得。

脚注[編集]

  1. ^ 佐々木陽平、ザンダー・パリッシュがロイヤル・バレエを退団 DANCE CUBE チャコット webマガジン:ワールドレポート(2010.02.10) 2011年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]