リー・ラジヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リー・ラジウィル・ロス(Caroline Lee Bouvier Canfield Radziwill Ross, 1933年3月3日 - )はジャクリーン・ケネディ・オナシスの実妹。ブーヴィエ夫妻の次女として生まれ、両親の離婚後は母親に引き取られる。ミス・ポーターズ・スクールからサラ・ローレンス大学に進む。

経歴[編集]

出版王の息子マイケル・キャンフィールド(Michael Canfield)、ポーランドの大貴族ラジヴィウ家の末裔スタニスラス・ラジウィルStanislas Radziwill)、映画監督ハーバート・ロスとの結婚・離婚(1988年、2001年)でも知られる。1960年代には女優としてキャリアを求め、シカゴで舞台版「フィラデルフィア物語」に出演するが、低い評価しか得られなかった。その後、テレビにも出演したが成功したとは言えず、それ以降は芸能活動から遠ざかっている。2003年「Happy Times」を出版、自らの半生を綴っている。