フィラデルフィア物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィラデルフィア物語
The Philadelphia Story
PhiladelphiaStory trailer.png
監督 ジョージ・キューカー
脚本 ドナルド・オグデン・スチュワート
原作 フィリップ・バリー
製作 ジョセフ・L・マンキウィッツ
出演者 キャサリン・ヘプバーン
ケーリー・グラント
ジェームズ・スチュワート
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ジョセフ・ルッテンバーグ
編集 フランク・サリヴァン
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 セントラル映画社
公開 アメリカ合衆国の旗 1940年12月1日
日本の旗 1948年2月24日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 約3,000,000ドル
配給収入 2,374,000ドル(北米配収)
885,000ドル(海外配収)[1]
テンプレートを表示

フィラデルフィア物語』(フィラデルフィアものがたり、The Philadelphia Story)は、1940年制作のアメリカ映画。同名のブロードウェイ劇の映画化作品。

1940年(第13回)アカデミー賞主演男優賞(ジェームズ・スチュワート)、脚色賞を受賞した。1956年の『上流社会』はこの作品のミュージカル版。

ストーリー[編集]

フィラデルフィア上流階級の令嬢トレイシーは、石炭会社の重役であるジョージとの結婚を控えていた。そんな彼女の前に現れたのは、2年間にけんか別れした前夫デクスター。今でもトレイシーに未練を残す彼は、結婚式前に彼女のハートを取り戻そうと乗り込んできたのだ。勝気でプライドの高いトレイシーはデクスターに憎まれ口をたたくばかりだったが、彼も負けてはいない。同伴してきたゴシップ雑誌の記者コナーとエリザベスに、トレイシーの父の愛人スキャンダルのネタを売り付けると言ってきたのだ。こうして、闖入者3人を前に何とか取りつくろうとし始めたトレイシー一家だったが…。

キャスト[編集]

[編集]

  1. ^ The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study.

外部リンク[編集]