男装 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
男装
Sylvia Scarlett
Hepburn-k diavolofemm.jpg
キャサリン・ヘプバーン
監督 ジョージ・キューカー
脚本 グラディス・アンガー
ジョン・コリアー
モーティマー・オフナー
原作 コンプトン・マッケンジー
製作 パンドロ・S・バーマン
出演者 キャサリン・ヘプバーン
ケーリー・グラント
ブライアン・エイハーン
音楽 ロイ・ウェッブ
撮影 ジョゼフ・H・オーガスト
編集 ジェーン・ローリング
製作会社 RKO
配給 RKO
公開 アメリカ合衆国の旗 1935年12月12日
大日本帝国の旗 1936年9月
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
製作費 641,000ドル[1]
配給収入 321,000ドル(北米)
176,000ドル(海外)[1][2]
テンプレートを表示

男装』(だんそう、原題・英語: Sylvia Scarlett)は、1935年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。コンプトン・マッケンジーの小説を基にジョージ・キューカーが監督、キャサリン・ヘプバーンケーリー・グラントが主演した。ヘプバーンとグラントは初の共演となった。

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初放送1967年8月29日 20:00-21:30 東京12ch『劇映画』)

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョージ・キューカー
  • 製作:パンドロ・S・バーマン
  • 脚色:グラディス・アンガー、ジョン・コリアー、モーティマー・オフナー
  • 音楽:ロイ・ウェッブ
  • 撮影:ジョゼフ・H・オーガスト
  • 編集:ジェーン・ローリング
  • 美術:ヴァン・ネスト・ポルグレイズ
  • キャサリン・ヘプバーンの衣裳:ミュリエル・キング
  • ナタリー・パレの衣裳:バーナード・ニューマン

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Richard Jewel, 'RKO Film Grosses: 1931-1951', Historical Journal of Film Radio and Television, Vol 14 No 1, 1994 p58
  2. ^ RKO Feature Film Ledger, 1929-51

外部リンク[編集]