アダム氏とマダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アダム氏とマダム
Adam's Rib
Tracy Hepburn Adams Rib.jpg
トレイシー(左)とヘプバーン(右)
監督 ジョージ・キューカー
脚本 ルース・ゴードン
ガーソン・ケニン
製作 ローレンス・ワインガーテン
出演者 スペンサー・トレイシー
キャサリン・ヘプバーン
音楽 ミクロス・ローザ
撮影 ジョージ・J・フォルシー
編集 ジョージ・ベームラー
製作会社 Loew's
配給 アメリカ合衆国の旗 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
日本の旗 セントラル映画社
公開 アメリカ合衆国の旗 1949年11月18日
日本の旗 1950年7月8日
上映時間 101分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1,728,000ドル
配給収入 2,971,000ドル(北米配収)
976,000ドル(海外配収)[1][2]
テンプレートを表示

アダム氏とマダム』(アダムしとマダム、Adam's Rib)は、1949年に製作・公開されたアメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画である。原題は女性の意味である「アダムの肋骨」。

女優ルース・ゴードンが夫ガーソン・ケニンと共に脚本を執筆、ジョージ・キューカーが監督、スペンサー・トレイシーキャサリン・ヘプバーンが検事捕と弁護士の夫妻に扮して主演した。

ストーリー[編集]

ドリス・アッティンジャーは、浮気をしている夫のウォーレンの後をつけて、夫と愛人に向けて発砲して逮捕される。アダムとアマンダ夫婦は、検事補と弁護士としてドリスの事件に関わり、対立する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョージ・キューカー
  • 製作:ローレンス・ワインガーテン
  • 脚本:ルース・ゴードン、ガーソン・ケニン
  • 音楽:ミクロス・ローザ
  • 撮影監督:ジョージ・J・フォルシー
  • 編集:ジョージ・ベームラー
  • 美術:セドリック・ギボンズ、ウィリアム・フェラーリ
  • 装置:エドウィン・B・ウィリス
  • キャサリン・ヘプバーンの衣装:ウォルター・プランケット
  • 録音:ダグラス・シアラー

製作[編集]

撮影期間は1949年5月31日から同年7月まで[3]

作品の評価[編集]

映画賞ノミネーション[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 'The Top Box Office Hits of 1950', Variety, January 3, 1951
  2. ^ The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study.
  3. ^ Adam's Rib (1949) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年4月18日閲覧。
  4. ^ アメリカ国立フィルム登録簿 1992年”. allcinema. 2013年4月18日閲覧。

外部リンク[編集]