リーシェドリー・バズール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リーシェドリー・バズール Football pictogram.svg
Dnepr-Ajax (2).jpg
アヤックスでプレーするバズール(2015年3月)
名前
ラテン文字 Riechedly Bazoer
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
キュラソーの旗 キュラソー
生年月日 (1996-10-12) 1996年10月12日(22歳)
出身地 ユトレヒト
身長 184cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム ポルトガルの旗 FCポルト
ポジション MF
背番号 24
利き足 右足
ユース
2005-2006 オランダの旗 USVエリンクバイク
2006-2012 オランダの旗 PSV
2012-2013 オランダの旗 アヤックス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2013-2015 オランダの旗 ヨング・アヤックス 34 (1)
2013-2016 オランダの旗 アヤックス 51 (6)
2017- ドイツの旗 ヴォルフスブルク 25 (0)
2018- ポルトガルの旗 ポルト (loan)
代表歴2
2011 オランダの旗 オランダ U-15 2 (0)
2011-2012 オランダの旗 オランダ U-16 4 (0)
2012 オランダの旗 オランダ U-17 13 (1)
2013-2015 オランダの旗 オランダ U-19 10 (1)
2015- オランダの旗 オランダ U-21 2 (1)
2015- オランダの旗 オランダ 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年7月1日現在。
2. 2016年9月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リーシェドリー・バズールRiechedly Bazoer, 1996年10月12日 - )は、オランダユトレヒト出身のサッカー選手。ポジションはMF。メディアによってはファーストネームがリーヘドリー、またはリーチェドリーなどと表記される。FCポルト所属。

経歴[編集]

ユース時代[編集]

ユトレヒトで、キュラソー島出身の移民の家族に生まれる。地元のアマチュアクラブであるUSVエリンクバイクでプレーをしていたところを、2006年に国内の強豪クラブであるPSVアイントホーフェンにスカウトされ入団。その後6年間に渡りPSVのユースでプレーし、PSVユース最高のタレントとみられていた。しかし16歳にしてフィリップ・コクーが監督だったA1でプレーしていた時に望んでいるMFではなくCBで起用され、一緒にCBを組んだヨリト・ヘンドリクスが前に出ようとするスタイルだったためにバズールは後方に残らざるを得なくなり、将来性を感じられなくなったことで、16歳でプロ契約前の2012年11月にアヤックス・アムステルダムへとフリートランスファーで移籍した[1]

オランダのユース規定により、バズールはこのシーズンは移籍以降の7ヶ月間は公式戦で出場できていない。後にEindhovens Dagbladの記者 リック・エルフリンクは「マルセル・ブランツ(PSVのテクニカル・ディレクター)が怒っているのを私が見たのは4年間でたった一度だけ。バズールの移籍が決まった時だ」と回想している[2]。この一件のためにバズールはその後 アイントホーフェンでの試合では例外なく激しいブーイングを浴びながらプレーすることになった。

オランダのトップ・ドリー(PSV、フェイエノールト、アヤックス)の間には『お互いのユース選手を取り合わない』という紳士協定が存在していた[3]が、アヤックスがプロ契約前のバズールを強奪したことがこの紳士協定崩壊の発端となったと見られている。バズール獲得後にアヤックスのテクニカル・ディレクター マルク・オーフェルマルスはこの紳士協定が存在していたこと自体を否定している[4]が、歴史的に見てもバズールの移籍が国内トップクラブ同士で(特にアヤックス)がタレントを奪う最初の目立った例である。

アヤックス[編集]

2013-2014シーズンから、アヤックスのリザーブチームであるヨング・アヤックスに昇格し、オランダ2部リーグであるエールステ・ディヴィジでプレーした。2014-2015シーズン序盤の2014年10月28日、KNVBカップ3回戦にて背番号は27番を着用し、SVウルク戦でトップチームデビューを飾った。この試合では4-0での勝利に貢献した。2014年12月6日、リーグ戦第15節のヴィレムII戦の65分にルーカス・アンデルセンのと交代で投入され、エールディヴィジデビューを果たした。その後はフランク・デ・ブール監督の信頼を勝ち取り、結局このシーズンはトップチームで公式戦22試合に出場し2ゴールを挙げた。2015-2016シーズンからはトップチームへ昇格となり、背番号も6番へと変更した。

ペーター・ボスが新たに監督に就任した2016-2017シーズン、ボスが求める攻撃的なフットボール実現のための1コントローラー(6番)候補にも挙げられたが、8月28日のゴー・アヘッド・イーグルス戦で起用された結果、「彼はより前のポジションの選手」とボスに見なされ[5]、その後中盤の前のポジションでも低調なプレーだったこととハキム・ツィエクの加入により出場機会を失った。9月15日のEL Panathinaikos戦ではベンチにも入れずスタンドに座り[6]、完全に構想から離れたバズールについてメディアでは移籍の噂が頻繁に流れるように。11月21日月曜に先週末体調不良でトレーニングを休んでいたバズールをボスは医者に行かせた後で別メニュー調整をさせようとしていたが、トレーニングを無断欠席。ペナルティとして3日後のEL Panathinaikos戦でセレクション外に置かれた[7]。VfL Wolfsburgとの合意が近づいたことで12月10日にクラブが話し合いの末、年内セレクション外に置くことが発表された[8]

ヴォルフスブルク[編集]

2016年12月15日、ドイツ・ブンデスリーガVfLヴォルフスブルクはアヤックスからバズールが加入することを発表した。契約期間は2021年6月までとなっていて、リーグ戦のウィンターブレイク後に加入する予定となっている[9]

ポルト[編集]

2018年8月31日、プリメイラ・リーガFCポルトに期限付き移籍[10]

代表歴[編集]

オランダ代表のユースの各年代でプレーした。2012年には、UEFA U-17欧州選手権2012に出場。主力として活躍し、オランダ代表の大会2連覇に貢献した。2015年10月4日に、この直前に負傷したクラブのチームメイトであるデイヴィ・クラーセンに代わってA代表に初召集することをダニー・ブリント監督が発表した。デビュー戦は2015年11月13日のウェールズ代表戦となり、87分にヨルディ・クラーシと交代しA代表初出場を果たした[11]

所属クラブ[編集]

ユース時代
プロ時代

タイトル[編集]

代表[編集]

代表[編集]

出場大会[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]