リッチー・ポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リッチー・ポート
Richie Porte
Cycling (road) pictogram.svg
Richie Porte (2) - troisième étape du Tour de Romandie 2010.jpg
個人情報
本名 Richard Julian Porte
リチャード・ジュリアン・ポート
愛称 タスマニアンデビル、タジー・テラー(タスマニアの脅威)
生年月日 (1985-01-30) 1985年1月30日(32歳)
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
身長 172cm
体重 62kg
チーム情報
所属 BMC・レーシングチーム
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 オールラウンダー[1]
プロ所属チーム
2008–2009
2010–2011
2012–2015
2016-
プラティーズ
チーム・サクソバンク
チーム・スカイ
BMC・レーシングチーム
主要レース勝利
パリ〜ニース
 Jersey yellow.svg総合優勝(2013,2015)
 区間通算5勝
カタルーニャ一周
 Jersey white.svg総合優勝(2015)
ツアー・ダウンアンダー
 Jersey orange.svg総合優勝(2017)
 区間通算4勝
ツール・ド・ロマンディ
 Jersey yellow.svg総合優勝(2017)
 区間通算1勝
ジロ・デ・イタリア Jersey white.svg新人賞(2010)
バスク一周 区間優勝
クリテリウム・デュ・ドーフィネ 区間優勝
オーストラリアの旗 オーストラリア選手権 ITT(2014)
最終更新日
2017年4月30日

リッチー・ポートRichie Porte1985年1月30日 - )は、オーストラリアタスマニア州ローンセストン出身の自転車競技ロードレース)選手。リッチー・ポルトとも表記される。「タスマニアンデビル」や「タスマニアの脅威」などと呼ばれることもある。

経歴[編集]

トライアスロンから転身した。

2010年チーム・サクソバンクに移籍。ジロ・デ・イタリアに初出場し、第11ステージで逃げ集団に乗り総合首位に浮上、マリア・ローザを獲得し第13ステージまで堅持。その後も山岳で健闘して総合7位に入り、マリア・ビアンカ(新人賞)を獲得した。

2012年チーム・スカイへ移籍。ブラッドリー・ウィギンスクリス・フルームのアシストとして活躍。

2013年、パリ~ニースの第5ステージで優勝、総合首位に立ち[2]、最終ステージの個人TTでも優勝した。結果、オーストラリア人として初の当大会制覇となり、その名を轟かせた。

2015年、パリ~ニースでは落車に見舞われながらもステージ2勝を決め、最後は36秒差を逆転、二度目の総合優勝を果たした[3]。続く、ボルタ・ア・カタルーニャでも安定した走りを見せ、UCIワールドツアー総合2連勝に輝いた[4]グランツールレーサーへの飛躍のため、翌年の移籍を決める[5]

2016年、BMC・レーシングチームに移籍。ツールでは第2ステージでのパンクによるタイムロスが響き総合5位。

2017年、ツアー・ダウンアンダーで史上最も大きなタイム差をつけて、初の総合優勝に輝く。ウィランガヒルステージを4連覇。 ツール・ド・ロマンディでは最終ステージでサイモン・イェーツを逆転し総合優勝。 ツール前哨戦クリテリウム・デュ・ドフィネでは第4ステージの個人タイムトライアルでタイムトライアル世界チャンピオントニー・マルティンを下して優勝するも最終ステージのプラトー・ド・ソレゾンで遅れヤコブ・フルサングに逆転負けを喫し総合2位。 ツール・ド・フランス2017では山岳の第9ステージで落車し、後続のダニエル・マーティンに巻き込まれたことによって大怪我を負ってしまい、大会を去った[6]

主な戦績[編集]

2007年[編集]

  • ツアー・オブ・ブライト 総合優勝

2008年[編集]

  • ツアー・オブ・パース 総合優勝
  • ツアー・オブ・タスマニア 総合優勝

2009年[編集]

2010年[編集]

2011年[編集]

2012年[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]