トムス・スクインス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
トムス・スクインス
Toms Skujiņš
Cycling (road) pictogram.svg
Toms Skujiņš 2015.jpg
個人情報
本名 Toms Skujiņš
生年月日 (1991-06-15) 1991年6月15日(27歳)
国籍  ラトビア
身長 178 cm (70 in)
体重 70 kg (154 lb)
チーム情報
所属 トレック・セガフレード
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 パンチャー
プロ所属チーム
2011–2012
2013
2014-2015
2016–2017
2018-
ラ・ポム・マルセイユ
Rietumu–Delfin
ヒンカピー・レーシングチーム
キャノンデール・ドラパック
トレック・セガフレード
主要レース勝利
ツアー・オブ・カリフォルニア
 山岳賞(2018)
 区間通算3勝
 ラトビア選手権 ITT(2018)
最終更新日
2018年6月30日

トムス・スクインス( Toms Skujiņš、1991年6月15日 - )は、ラトビアスィグルダ出身の自転車競技ロードレース)選手。

経歴[編集]

2015年、ツアー・オブ・カリフォルニア第3ステージにて、50kmに渡る独走の末優勝しリーダージャージに袖を通した[1]

2016年、ツアー・オブ・カリフォルニア第5ステージにて二年連続の逃げ切り勝利[2]

2017年、セッティマーナ・インテルナツィオナーレ・ディ・コッピ・エ・バルタリ第2ステージにて区間優勝[3]

2018年、トレック・セガフレードに移籍。チャレンジ・ブエルタ・ア・マリョルカ第3戦にて移籍後、幸先の良い勝利[4]

主な戦績[編集]

2013年[編集]

2014年[編集]

2015年[編集]

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]、ツアー・オブ・カリフォルニア2015第3ステージ 23歳スクジンスが50kmに渡る独走勝利で総合リーダーに サガンは3日連続の2位
  2. ^ [2]、ツアー・オブ・カリフォルニア2016第5ステージ スクジンスが2年連続逃げ切り勝利 アラフィリップは総合首位を堅守
  3. ^ [3]、 セッティマーナ・コッピ・エ・バルタリ2017第2ステージ キャノンデール・ドラパックが今季初勝利 不調の中根は苦しみながら完走
  4. ^ トレック・セガフレードに移籍したスクインシュが独走 マヨルカ第3戦で勝利

外部リンク[編集]