ラピオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラピオ
Lapio
2018年8月のラピオ
2018年8月のラピオ
地図
店舗概要
所在地 485-0041
愛知県小牧市小牧3丁目555番地[1]
座標 北緯35度17分24.1秒 東経136度55分31.1秒 / 北緯35.290028度 東経136.925306度 / 35.290028; 136.925306座標: 北緯35度17分24.1秒 東経136度55分31.1秒 / 北緯35.290028度 東経136.925306度 / 35.290028; 136.925306
開業日 1995年(平成7年)9月21日[1]
施設所有者 小牧都市開発(株)
施設管理者 小牧都市開発(株)
敷地面積 9,863[1]
延床面積 49,159[1]
商業施設面積 14,066 m²
中核店舗 イトーヨーカドー小牧店[1]

アル・プラザ小牧(核店舗)[2]
ファニチャードーム小牧店(副核店舗)

Mikawaya ラピオ小牧店
店舗数 40店
営業時間 10:00 - 21:00
駐車台数 475台
最寄駅 名鉄小牧線小牧駅[1]
外部リンク www.me.ccnw.ne.jp/komaki-ud/index.html
2012年のラピオ

ラピオは、愛知県小牧市に存在する複合商業施設。小牧市によって建設された。

概要[編集]

小牧駅西側の再開発事業の中核施設として開業[1]。建物は地下2階・地上5階[1]。再開発前の敷地は栄屋百貨店を中心に、多くの商店が存在していた。「ラピオ」名の由来は、Life People Oasysの合成語で、人々の生活のオアシスとしての場という意味が込められている。1階から4階までが商業施設で5階に女性センターとスポーツセンターという公共施設が入居する形で開業した[1]。開業時に商業施設部分の核店舗として出店していたイトーヨーカ堂は、小牧市からラピオ内の1-4階部分の権利を約55億円で購入すると共に、ラピオの運営母体である第三セクターの小牧都市開発にも10%を出資していた[3]

イトーヨーカドー小牧店は1996年(平成8年)度には約76億円の売上を記録したものの、近隣にある大型店との競合が影響して食品以外の売上が伸び悩み、売上が最盛期の約60%に落ち込んだため、2007年(平成19年)で閉店することになった[3]。代わりに2007年(平成19年)11月8日に平和堂東海が愛知県内初出店となる「アル・プラザ小牧」を新たな核店舗として出店[2]。しかし3・4階部分に大きな空床ができたため、2010年11月に中野直輝小牧市長(当時)が図書館移転先とする考えを表明したが、2011年2月の選挙で破れたため実現されなかった。その後新たに市長となった山下史守朗小牧市長は「市民の意見を聞く」と公約[4]していたが聞かずに同年9月ファニチャードームのオープンを発表。同年12月に同店はオープンした。

しかし2015年10月にファニチャードームは4階から撤退し3階のみとなり、さらに2015年10月の住民投票[5]後2016年4月に新たに設置された審議会[6]で新たな図書館建設について審議がなされてた2016年7月6日に、小牧市議会でファニチャードームの年内閉店が発表[7]された。同店は発表通り同年12月で閉店。そしてアル・プラザ小牧も2017年(平成29年)11月7日に賃貸契約の更新を行わず、2018年(平成30年) 1月20日に閉店した[8]。その後1階部分には同年2月9日に「Mikawaya」がオープンした[9]

沿革[編集]

  • 1995年(平成7年)9月21日 - ラピオ開業。同時に「イトーヨーカドー小牧店」開店[1]
  • 2006年(平成18年)9月 - イトーヨーカ堂が翌年秋に同店を閉店すると発表[3]
  • 2007年(平成19年)
    • 9月2日 - イトーヨーカドー小牧店閉店
    • 9月〜11月 - 5階と地下駐車場の一部を除く、施設内改装工事
    • 11月8日 - 平和堂が運営する、「アル・プラザ小牧」開店[2]、再び全面開業
  • 2008年(平成20年)7月19日 - えほん図書館が4階に開館
  • 2011年(平成23年)12月 - 安井家具が運営する「FURNITURE DOME(ファニチャードーム)小牧店」が3-4階に開店
  • 2015年(平成27年)10月10日 - 「ファニチャードーム小牧店」が改装[10]。4階から撤退して3階のみの営業に縮小[11]
  • 2016年(平成28年)12月31日 - 「ファニチャードーム小牧店」が閉店[12]
  • 2018年(平成30年)
    • 1月20日 - 「アル・プラザ小牧」閉店。
    • 2月9日 - 「Mikawayaラピオ小牧店」開店。
    • 9月1日 - 子育て包括支援センター開設[13]

フロア構成[編集]

フロア概要
5F まなび創造館(小牧市運営)
4F えほん図書館(たぶのきランドよむよむ)、学習広場、ラピオ専門店街
3F 子育て包括支援センター
2F ダイソー、ゲームセンター
1F Mikawayaラピオ小牧店、ラピオ専門店街、キャッシュコーナー
B1F 市営駐車場
B2F 市営駐車場

※2018年(平成30年)8月時点

こども未来館・子育て包括支援センター整備問題[編集]

山下史守朗小牧市長がラピオの空床問題を解決するため、2017年4月27日の小牧市議会文教建設委員会で小牧市立図書館のA街区建設発表と同時に、ラピオ内に子供と子育て関連施設の整備を発表。翌月5月19日の同委員会で「(仮称)小牧市こども未来館」の整備を正式に発表した。同年6月市議会で補正予算を得て整備基本構想策定業務委託のプロポーザルを実施し、同年8月にアール・アイ・エーに決定。有識者や保護者、中高生によるワークショップを実施[14]。そして2018年2月〜3月にかけて整備基本構想(案)に対するパブリックコメントを実施したが、市民から送られてきた意見は全て整備に反対もしくは否定的なものばかりであった[15]。またラピオは2010年11月同じく空床問題で中野直輝前市長が小牧市立図書館本館の移転先とする考えを表明[16]してたが、翌2011年2月に行われた市長選挙で同市長が破れ山下市長が誕生。山下市長は同問題に関し市民の意見を聞くと公約していた[17]が市民の意見は聞かないまま同年9月にファニチャードームの誘致が発表され、計画が中止となった経緯がある[18]。その後も2015年8月〜9月にかけて行われた小牧市立図書館のパブリックコメントでもラピオ移転を求める声が多数寄せられた[19]。また2015年10月に行われた住民投票で山下市長が進めたツタヤ図書館建設計画が市民から否決された後設置された新小牧市立図書館建設審議会[20]でもラピオ移転を求める審議員がおり、2017年2月に市に提出した答申でも図書館の建設地の1つとしてラピオが記されていた[21]。そして小牧市こども未来館のパブリックコメントでも図書館のラピオ移転を求める声が多数寄せられている[15]。しかしそれを顧みず整備が進められ問題となっている(小牧市立図書館に関しては「小牧市立図書館#新館建設問題」を参照)。2018年8月30日弁護士の上禰幹也氏が2019年2月実施予定の小牧市長選挙に立候補を表明。小牧市こども未来館と小牧駅前新設図書館の2事業の見直しを主張している[22][23]。また2018年10月1日「(仮称)小牧市こども未来館」の計画について賛否を問う住民投票実施を求め、市民3人が市に申請[24]。同年11月9日住民投票を市長に直接請求するために必要な有権者50分の1(2411人)の署名数の約4倍の1万5人分の署名を提出してる[25]

住民訴訟[編集]

2018年7月6日基本設計と実施設計を公募せず特命随意契約で基本構想の策定業者のアール・アイ・エーに委託したのは違法であり、その結果契約額が約1億2300万円と高額になったとして、市民から契約解消と山下市長に対して損害賠償を求める住民監査請求が起こされた。これに対し市は「基本構想策定はプロポーザルを行ったが、その際基本実施設計も受託できると判断した」と主張。また山下市長は「事務は適切だった」と主張した[26]。また同年7月19日同じ市民により「(仮称)小牧市こども未来館」の基本構想はラピオ地権者の合意を得ていないため不当とし、策定委託料の返還を求める住民監査請求も行われた。これに対し市の監査委員は同年9月13日「市の判断に違法または不当な点は見られない」「本件事業に係る公金の支出が違法・不当であるとは言えない」とし、請求を却下した[27]。この結果に対し訴えた市民は「監査結果には到底納得できず、裁判で問題を明らかにしたい」として、市が業者と交わした同施設の設計契約無効と基本構想策定委託料1695万円の返還を求める住民訴訟を名古屋地裁に起こした[28]

官製談合疑惑[編集]

2018年7月に「(仮称)小牧市こども未来館」と同じくアール・アイ・エーが設計業務を受託しラピオ内に整備が進められている子育て包括支援センターの2つの設計業務で、市の予定価格(こども未来館が1億2345万4800円、子育て包括支援センターが1080万円)がアール・アイ・エーの見積価格と同額で落札率100%だった事が発覚。官製談合が強く疑われている[29]。なお全国市民オンブズマン連絡会議は「90%以上は談合の疑いがあり、95%は疑いが極めて強い」と指摘している[30]。同年9月19日小牧市議会でこの問題に関する質疑が行われた。市議会議員が「(市の予定価格と落札率が)100%同じだが、おかしいとは思わなかったのか」と質問すると、市側は市の職員とアール・アイ・エー社社員の双方に予定価格の漏洩がなかったか聞き取り調査を行った事を説明。山下市長は「まったくありえないことではないが、これだけで決めつけの判断はできない」と主張した[31]。その後子育て包括支援センターの監理業務も市の予定価格(税抜き509万円)も落札率100%でアール・アイ・エーが落札していた事が発覚。10月1日に市はこの一連の問題に関し情報漏えいがなかったかなどを調べるため、弁護士などによる第三者委員会の設置を発表した[32]。これに対し10月17日市民団体「小牧の図書館を考える会」が第三者調査委員会の設置基準で日本弁護士連合会のガイドラインの準拠を求めるとともに、選考基準の透明性や調査対象に新図書館設計委託業務も含めることを求める要望書を山下市長に提出[33]。さらに10月24日市民団体「小牧市政をかえる会」が小牧市議会議長に「(仮称)小牧市こども未来館」の官製談合疑惑に対する百条委員会の設置を要請した[34]。また市の職員が情報をアール・アイ・エーに漏らしたとする文書が出回った事を受けて、同年10月26日市議向けの非公開報告会が開催された。文書は同年9月まで市職員組合委員長だった人物が自身が市幹部などと行った会話をまとめたもので、市職員がアール・アイ・エーに予定価格をもらしたと言う伝聞を山下市長に伝えると、山下市長からその情報を隠蔽するよう指示されたと言うもの[35]だったが、山下市長は「文書は事実と異なる」と否定。「第三者を交えて調査したい」とした。また文書で名前を挙げられた市職員も自身による漏洩を否定した。これに対し文書を書いた元市職員組合委員長は「文書の管理については反省しているが、問題を解明しうみをだしてほしい」と主張した[36]。なおこの文書は同年10月27日市民団体「小牧市政をかえる会」がネットで公開している[35]

年表[編集]

  • 2016年
    • 12月31日 - 「ファニチャードーム小牧店」が閉店
  • 2017年
    • 4月12日 - 市議会文教建設委員会で「アル・プラザ小牧」の年内撤退が発表される[37]
    • 4月27日 - 市議会文教建設委員会で小牧市立図書館のA街区建設発表と同時にラピオ内に子供と子育て関連施設の整備を発表。
    • 5月19日 - 市議会文教建設委員会で山下市長が「(仮称)小牧市こども未来館」の整備を正式発表。
    • 6月29日 - 市議会で補正予算が可決
    • 6月〜8月 - 「(仮称)小牧市こども未来館」整備基本構想策定業務委託のプロポーザルを実施[14]
    • 8月 - 「(仮称)小牧市こども未来館」整備基本構想策定業務委託がアール・アイ・エーに決定。
    • 10月14日 - 保護者ワークショップを実施[38]
    • 10月15日 - 第1回中高生ワークショップを実施[38]
    • 11月2日 - 第1回有識者ワークショップを実施[39]
    • 11月19日 - 第2回中高生ワークショップを実施[40]
    • 12月17日 - 第3回中高生ワークショップを実施[41]
    • 12月18日 - 第2回有識者ワークショップを実施[42]
  • 2018年
    • 1月20日 - 「アル・プラザ小牧」が閉店
    • 2月7日〜3月8日 - 「(仮称)小牧市こども未来館整備基本構想(案)」のパブリックコメントを実施[43]
    • 2月18日 - 第4回中高生ワークショップを実施[44]
    • 3月8日 - 第3回有識者ワークショップを実施[45]
    • 3月〜4月 - 「(仮称)小牧市こども未来館」の基本設計と実施設計と子育て包括支援センター整備事業の設計業務と監理業務をアール・アイ・エーが落札率100%で落札[46]
    • 4月4日 - パブリックコメントの結果を発表。寄せられた全ての意見が施設整備を否定的なものだった[47]
    • 6月9日 - 第1回設計ワークショップを実施[48]
    • 7月6日 - アール・アイ・エーに基本設計と実施設計を特命随意契約で委託したのは違法であり結果契約額が高額になったとして、市民から契約解消と山下市長に対して損害賠償を求める住民監査請求が行われた[26]
    • 7月19日 - 「(仮称)小牧市こども未来館」の基本構想はラピオ地権者の合意を得ていないため不当として、市民から策定委託料の返還を求める住民監査請求が行われた。
    • 7月 - 「(仮称)小牧市こども未来館」と子育て包括支援センターの2つの設計業務で、市の予定価格がともに受託したアール・アイ・エーの見積価格と同額である事が発覚[49]
    • 7月28日 - 第2回設計ワークショップを実施[50]
    • 8月30日 - 弁護士の上禰幹也氏が小牧市こども未来館と小牧駅前新設図書館の見直しを掲げ小牧市長選挙に立候補を表明[22][23]
    • 9月1日 - 子育て包括支援センターが開設[13]
    • 9月13日 - 「市の判断に違法または不当な点は見られない」「本件事業に係る公金の支出が違法・不当であるとは言えない」とし、市の監査委員が2件の住民監査請求を却下[27]
    • 9月19日 - 市議会で官製談合疑惑の質疑が行われ、市側が職員とアール・アイ・エー社社員双方に聞き取り調査を実施した事を説明[31]
    • 9月 - 市職員組合委員長が市職員がアール・アイ・エーに情報を漏らしたとする伝聞や山下市長が隠蔽を指示したと言う内容をまとめた文書を作成[36][35]
    • 10月1日 - 市が一連の問題に関し第三者委員会の設置を発表[32]。市民3人が「(仮称)小牧市こども未来館」計画の賛否を問う住民投票実施を求め市に申請[24]
    • 10月17日 - 小牧の図書館を考える会が一連の官製談合疑惑に対する第三者調査委員会の設置に対し、公平中立な調査と調査対象に新図書館設計委託業務を含めることを求める要望書を山下市長に提出[33]
    • 10月24日 - 市民団体「小牧市政をかえる会」が小牧市議会議長に「(仮称)小牧市こども未来館」の官製談合疑惑に対する百条委員会の設置を要請[34]
    • 10月 - 市民が監査結果には納得できないとして市が業者と交わした同施設の設計契約無効と基本構想策定委託料返還を求める住民訴訟を名古屋地裁に起こした[28]
    • 10月26日 - 市職員が情報をアール・アイ・エーに漏らし、山下市長が情報隠蔽するよう指示したとする文書が出回り、市議向けの報告会開催[36]
    • 10月27日 - 市民団体「小牧市政をかえる会」が市職員組合委員長が書いた文書をネットで公開[35]
    • 11月9日 - 市民が住民投票の直接請求に必要な有権者署名数の約4倍の1万5人分の署名を提出[25]

交通手段[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j “イトーヨーカ堂、愛知県「小牧店」開店 再開発の核店舗に”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社): p. [要ページ番号]. (1995年8月30日) 
  2. ^ a b c “平和堂東海、「アル・プラザ小牧」オープン”. 日本食糧新聞 (日本食糧新聞社): p. [要ページ番号]. (2007年11月19日) 
  3. ^ a b c “ヨーカドー小牧店閉店 業績不振で来年秋”. 中日新聞 (中日新聞社): p. [要ページ番号]. (2006年9月21日) 
  4. ^ 山下しずおの 小牧市政マニフェスト(1)”. 2011年2月6日閲覧。
  5. ^ “ツタヤ図書館、なぜ「ノー」に? 愛知・小牧の住民投票”. 朝日新聞”. 2015年10月20日閲覧。
  6. ^ “第1回新小牧市立図書館建設審議会|小牧市” (日本語). http://www.city.komaki.aichi.jp/admin/soshiki/kyoiku/newlibrary/1/2_1/8829.html 2018年8月12日閲覧。 
  7. ^ “小牧「ラピオ」:大型家具店が撤退 一時図書館候補地 空き床議論再燃 /愛知 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20160707/ddl/k23/020/355000c 2018年8月12日閲覧。 
  8. ^ “アル・プラザあす閉店 小牧 営業10年 住民惜しむ声 - 中日新聞”. (2018年1月19日) (2018-1-19発行) 
  9. ^ “新スーパー あす開業 小牧「ラピオ」に三河屋出店”. (2018年2月8日) (2018-2-8発行) 
  10. ^ ファニチャードーム小牧店ホームページ
  11. ^ 小牧駅前再開発ビル 4階にテナント募集|建通新聞社 (2015年8月7日)
  12. ^ ファニチャードーム小牧店 移転のご案内 | FURNITURE DOME 小牧店ブログ” (日本語). www.furnituredome.jp. 2018年8月12日閲覧。
  13. ^ a b 子育て世代包括支援センターパンフレット”. 小牧市. 2018年9月1日閲覧。
  14. ^ a b “(仮称)小牧市こども未来館|小牧市” (日本語). http://www.city.komaki.aichi.jp/admin/soshiki/kodomomirai/kodomoseisaku/2/17921.html 2018年8月11日閲覧。 
  15. ^ a b “(仮称)小牧市こども未来館整備基本構想(案)に対する意見募集について|小牧市” (日本語). http://www.city.komaki.aichi.jp/admin/soshiki/kodomomirai/kodomoseisaku/public_comment/19881.html 2018年8月11日閲覧。 
  16. ^ “『中日新聞』2010年11月3日、小牧市長「ラピオに図書館移転」”. (2010年11月3日) (2010-11-03発行) 
  17. ^ 山下しずおの 小牧市政マニフェスト(1)”. 2011年2月6日閲覧。
  18. ^ “中日新聞 朝刊”. (2011年9月13日) (2011-09-13発行) 
  19. ^ “「ツタヤ図書館」のパブリックコメント 反対意見 約76% - 小牧の図書館を考える会” (日本語). 小牧の図書館を考える会. (1449452862). http://aoiumitosora7.hatenablog.com/entry/2015/12/07/104742 2018年8月11日閲覧。 
  20. ^ “新小牧市立図書館建設審議会|小牧市” (日本語). http://www.city.komaki.aichi.jp/admin/soshiki/kyoiku/newlibrary/1/2_1/index.html 2018年8月11日閲覧。 
  21. ^ 新小牧市立図書館の建設方針 答申書 (PDF: 411.9KB)”. 2017年2月7日閲覧。
  22. ^ a b “弁護士上禰氏 立候補を表明 来年の小牧市長選挙 - 朝日新聞”. (2018年8月30日) (2018-8-30発行) 
  23. ^ a b “小牧市長選挙に上禰氏出馬表明 - 中日新聞”. (2018年8月30日) (2018-8-30発行) 
  24. ^ a b “計画を問う住民投票実施求め手続き申請 小牧市民3人 - 中日新聞”. (2018年10月2日) (2018-10-02発行) 
  25. ^ a b “住民投票求め署名簿提出 こども未来館巡り 小牧市選管に - 中日新聞”. (2018年11月10日) (2018-11-10発行) 
  26. ^ a b “「こども未来館 随契で高額に」小牧の住民、監査請求 - 中日新聞(近郊版)”. (2018年7月7日) (2018-7-7発行) 
  27. ^ a b (仮称)小牧市こども未来館の契約事務に関する住民監査請求の監査結果”. 小牧市. 2018年10月28日閲覧。
  28. ^ a b “こども未来館巡り 小牧市で住民訴訟 - 中日新聞”. (2018年10月26日) (2018-10-26発行) 
  29. ^ “民報こまき NO.1131”. (2018年8月5日) (2018-08-05発行) 
  30. ^ “落札率 - 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏・1地方”. (2017年11月26日) (2017-11-26発行) 
  31. ^ a b “「落札率100%」で論戦 小牧市議会 施設設計委託巡り - 中日新聞 9月20日 14面”. (2018年9月20日) (2018-09-20発行) 
  32. ^ a b “落札率100%第三者調査 こども未来館 設計委託で小牧市方針 - 中日新聞”. (2018年10月2日) (2018-10-02発行) 
  33. ^ a b “17日「こども未来館 設計委託等契約疑惑」の要望書 山下市長に提出 - 小牧の図書館を考える会” (日本語). 小牧の図書館を考える会. (1539779016). http://aoiumitosora7.hatenablog.com/entry/2018/10/17/212336 2018年10月19日閲覧。 
  34. ^ a b “小牧市議会に100条委員会 設置要請 - 小牧市政をかえる会” (日本語). 小牧市政をかえる会. (1540468715). https://komakilivable.hatenablog.com/entry/2018/10/25/205835 2018年10月25日閲覧。 
  35. ^ a b c d “これが 情報漏えい証拠文書だ ! - 小牧市政をかえる会” (日本語). 小牧市政をかえる会. (1540625475). https://komakilivable.hatenablog.com/entry/2018/10/27/163115 2018年11月1日閲覧。 
  36. ^ a b c “情報漏えい疑惑文書 市長と市職員は否定 小牧市議向け報告会 - 中日新聞”. (2018年10月27日) (2018-10-27発行) 
  37. ^ “小牧「ラピオ」:スーパーも年内撤退 子育て施設、市「開設を検討」 /愛知 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20170413/ddl/k23/020/131000c 2018年8月12日閲覧。 
  38. ^ a b 仮称)小牧市こども未来館ワークショップ 実施報告 第1号(”. 2018年8月13日閲覧。
  39. ^ (仮称)小牧市こども未来館ワークショップ 実施報告 第2号”. 2018年8月13日閲覧。
  40. ^ (仮称)小牧市こども未来館ワークショップ 実施報告 第3号”. 2018年8月13日閲覧。
  41. ^ (仮称)小牧市こども未来館ワークショップ 実施報告 第4号”. 2018年8月13日閲覧。
  42. ^ (仮称)小牧市こども未来館ワークショップ 実施報告 第5号”. 2018年8月13日閲覧。
  43. ^ “(仮称)小牧市こども未来館整備基本構想(案)に対する意見募集について|小牧市” (日本語). http://www.city.komaki.aichi.jp/admin/soshiki/kodomomirai/kodomoseisaku/public_comment/19881.html 2018年8月12日閲覧。 
  44. ^ (仮称)小牧市こども未来館ワークショップ 実施報告 第6号”. 2018年8月13日閲覧。
  45. ^ (仮称)小牧市こども未来館ワークショップ 実施報告 第7号”. 2018年8月13日閲覧。
  46. ^ 日本放送協会. “予定価格漏えいか 第三者調査へ|NHK 東海のニュース” (日本語). NHK NEWS WEB. https://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20181002/0001124.html 2018年10月3日閲覧。 
  47. ^ 提出された意見および市の考え方 (PDF: 423.7KB)”. 2018年8月13日閲覧。
  48. ^ 設計ワークショップ(第1回)報告書 (PDF: 1.3MB)”. 2018年8月13日閲覧。
  49. ^ “民報こまき NO.1131”. (2018年8月5日) (2018-08-05発行) 
  50. ^ 設計ワークショップ(第2回)報告書 (PDF: 509.2KB)”. 2018年8月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]