メンガ支石墓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
世界遺産 アンテケーラのドルメン遺跡
スペイン
メンガ支石墓の入口
メンガ支石墓の入口
英名 Antequera Dolmens Site
仏名 Site de dolmens d’Antequera
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(3),(4)
登録年 2016年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

メンガ支石墓 (スペイン語: Dolmen de Menga)は、スペインアンダルシア州マラガ県アンテケーラ近郊にある支石墓(ドルメン)。ビエラ支石墓と合わせてヨーロッパの先史時代を代表する巨石建造物であり、ヨーロッパ屈指の大きさを持つ巨石建造物である[1][2]

特徴[編集]

メンガ支石墓の位置(スペイン内)
メンガ支石墓
メンガ支石墓
スペインにおける位置
メンガ支石墓の内部

建設されたのは青銅器時代の紀元前3000年に遡る。埋葬地であるメンガ支石墓の横幅は5m、高さは4mであり、奥行は25mである。支石墓には32の巨石が用いられており、最大の巨石は重量が約180トンに達する。この支石墓は支配者階級の墓であるとされており、巨石の構築や中央部への通路が完成した後に、巨石構造は今日にみられるように土で覆われたとされている。

アンテケーラ近郊には他の巨石建造物もみられる。メンガ支石墓はビエラ支石墓から70メートル離れた場所にあり[3]エル・ロメラル遺跡から4キロメートル離れた場所にある[4]

歴史[編集]

メンガ支石墓はビエラ支石墓やエル・ロメラル遺跡よりも早く発見されている。19世紀に支石墓が発掘された際、考古学者が支石墓内部で数百人分の人骨を発見した。

2016年にトルコイスタンブールで開催された第40回世界遺産委員会では、メンガ支石墓を含むアンテケーラ近郊の支石墓遺跡群が「アンテケーラのドルメン遺跡」として世界遺産(文化遺産)に登録された[1][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b Antequera Dolmen Sites”. UNESCO (2012年1月17日). 2017年4月20日閲覧。
  2. ^ Journal for the History of Astronomy. Science History Publications. (1994). p. 556. https://books.google.com/books?id=1doSAQAAMAAJ&q=%22Dolmen%20de%20Menga%22. 
  3. ^ Dólmenes de Antequera”. Nueva Acropolis Malaga. 2017年4月20日閲覧。
  4. ^ Conjunto Arqueológico Dólmenes de Antequera”. アンダルシア州政府文化省 (2011年6月15日). 2011年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年4月20日閲覧。
  5. ^ World Heritage Centre (2016), Nominations to the World Heritage List, http://whc.unesco.org/document/141700 pp.29, 47

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度01分27秒 西経4度32分54秒 / 北緯37.02411度 西経4.54836度 / 37.02411; -4.54836