エル・ロメラル遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界遺産 アンテケーラのドルメン遺跡
スペイン
エル・ロメラル遺跡の入口
エル・ロメラル遺跡の入口
英名 Antequera Dolmens Site
仏名 Site de dolmens d’Antequera
登録区分 文化遺産
登録基準 (1),(3),(4)
登録年 2016年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

エル・ロメラル遺跡スペイン語: Tholos de El Romeral)は、スペインアンダルシア州マラガ県アンテケーラ近郊にある考古遺跡。紀元前1800年頃に建設された支石墓(ドルメン)である。ロメラル洞窟やロメラル支石墓と表記されることもある。

アンテケーラ市街地から北東に2.5キロメートルの場所にある。新石器時代の構造物としては南ヨーロッパ有数の遺跡である。この地域には3つの支石墓があり、エル・ロメラル遺跡のほかにはメンガ支石墓ビエラ支石墓がある。

歴史[編集]

エル・ロメラル遺跡の位置(スペイン内)
エル・ロメラル遺跡
エル・ロメラル遺跡
スペインにおける位置

20世紀後半まで、メンガ支石墓ビエラ支石墓、エル・ロメラル遺跡の3つは同時代の遺跡であると信じられていた。しかしその後の研究によって、メンガ支石墓とビエラ支石墓は紀元前3800年頃、エル・ロメラル遺跡は紀元前1800年頃に建設され、両者の間には大きな時間的隔たりがあることが明らかとなった。

メンガ支石墓とビエラ支石墓は長方形の部屋を持つが、エル・ロメラル遺跡はこれらの支石墓とは異なる間取りであり、また石材の種類も異なっているため、約200キロメートル東に位置するロス・ミリャレス英語版(今日のアルメリア県)の文化の影響下にあったとされる。

2016年にトルコイスタンブールで開催された第40回世界遺産委員会では、これら3つの支石墓にエル・トルカル自然保護区を加えたアンテケーラ近郊の支石墓遺跡群が、「アンテケーラのドルメン遺跡」として世界遺産(文化遺産)に登録された[1][2]

解説[編集]

遺跡全体の見取り図

エル・ロメラル遺跡は墳丘で覆われた埋葬室である。ドライストーン英語版が埋め込まれた壁を持つ長い通路、石版が埋め込まれた天井を持つ埋葬室の2つの構造からなる。エル・ロメラル遺跡の中からは人骨や副葬品(貝殻・2種類の陶器)が発見されているため、この遺跡が埋葬地であったことは確かである。

大きな埋葬室と小さな埋葬室がある。大きな埋葬室は直径4.2メートルであり、通路と同様の方法で建設された受け材を持つ壁がある。廊下の床面と大きな埋葬室は突き固めた土を用いている。小さな埋葬室は大きな埋葬室と長方形の廊下で連結されているが、見学者は通ることができない。小さな埋葬室は直径2メートルであり、石材の平板で覆われている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯37度02分04秒 西経4度32分06秒 / 北緯37.03444度 西経4.53494度 / 37.03444; -4.53494