ミン・ユラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(ハングル)が含まれています詳細
Pix.gif ミン・ユラ
Yura Min
Figure skating pictogram.svg
Alexander Gamelin Yura Min Ice Dance Team (KR) 2016 Portrait.gif
ミン・ユラ(右)とガメリン
基本情報
代表国: 大韓民国の旗 韓国
生年月日: (1995-08-15) 1995年8月15日(22歳)
出生地: アメリカ合衆国 オレンジ郡
身長: 165 cm
パートナー: アレクサンダー・ガメリン
元パートナー: ティモシー・コレト
イゴール・オガイ
コーチ: イーゴリ・シュピリバンド
ファビアン・ブルザ
グレッグ・ズーライン
エイドリエンヌ・レンダ
振付師: イーゴリ・シュピリバンド
元振付師: クリストファー・ディーン
所属クラブ: SC of Novi
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 152.00 2017 CSアイススター
ショートダンス: 61.97 2017 CSアイススター
フリーダンス: 92.13 2016 CSタリントロフィー
閔釉羅
各種表記
ハングル 민유라
漢字 閔秀拉
発音: ミン・ユラ
日本語読み: みん・ゆら
英語表記: Min Yu-ra
テンプレートを表示

ミン・ユラ英語: Yura Min朝鮮語: 민유라、閔秀拉1995年8月15日 - )は、アメリカ合衆国出身の大韓民国女性フィギュアスケート選手(アイスダンス)。パートナーはアレクサンダー・ガメリンティモシー・コレトなど。

経歴[編集]

韓国出身の両親の元に生まれる。イゴール・オガイと組んで全米選手権のジュニアクラスに出場し11位に入る。

2013年4月にシングルスケーターだったティモシー・コレトとカップルを結成。韓国所属のシニアのカップルが誕生するのは7年ぶりの事である[1]。2013-2014シーズン、ウクライナオープンで大会デビューを飾り9位。2014年10月、コレトとのカップルを解散した。

2015年4月、資金難により双子のきょうだいと共に引退したアレクサンダー・ガメリンが競技に復帰する形でカップルを結成した[2]

2017-2018シーズン、平昌オリンピック最終予選のネーベルホルン杯で4位となり、韓国のオリンピック出場枠を獲得した。また、男子シングルでも出場枠を確保したため、団体戦への出場も決まった。平昌オリンピック団体戦では、SDで衣装のホックが外れるハプニングが発生した[3]。個人戦のSDでは、衣装に新たな布を縫い付けて演技。目標だったSD通過を決め、キス・アンド・クライでは涙を流した[4]FDのプログラム、民謡「アリラン」の歌詞には、竹島の韓国名「独島」が含まれており、政治的な問題になる可能性があるとして、一部分を変更して演技。総合18位で大会を終えた。世界選手権では、FD進出に一歩届かず、前年から順位を落とし21位に終わった。

主な戦績[編集]

大会/年 2012-13 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18
世界選手権 20
四大陸選手権 10 8 8
韓国選手権 1 2
GPスケートアメリカ 10
CSアイススター 5
CSネペラ杯 4
CSタリントロフィー 5
CSネーベルホルン杯 8 6 4
CS USクラシック 6
CSワルシャワ杯 7
CSアイスチャレンジ 5
LPインターナショナル 3
NRW杯 4
ニース杯 5
ババリアンオープン 10
ウクライナオープン 9
全米選手権 11 J
  • J - ジュニアクラス

詳細[編集]

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2017年10月26日-29日 ISUチャレンジャーシリーズアイススターミンスク 5
61.97
5
90.03
5
152.00
2017年9月27日-30日 ISUチャレンジャーシリーズネーベルホルン杯オーベルストドルフ 7
55.94
5
87.86
4
143.80
2017年9月21日-23日 ISUチャレンジャーシリーズオンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 5
56.66
6
85.12
4
141.78


2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2017年3月27日-4月2日 2017年世界フィギュアスケート選手権ヘルシンキ 19
57.47
20
79.24
20
136.71
2017年2月14日-19日 2017年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 8
59.01
8
85.68
8
144.69
2016年11月19日-25日 ISUチャレンジャーシリーズ タリントロフィータリン 6
59.22
5
92.13
5
151.35
2016年10月21日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカシカゴ 9
56.25
10
85.25
10
141.50
2016年9月22日-24日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 6
55.38
5
83.88
6
139.26
2016年9月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 4
55.48
8
79.26
6
134.74
2016年7月27日-30日 2016年レークプラシッドアイスダンスインターナショナルレークプラシッド 3
55.14
2
83.70
3
138.84


2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2016年2月16日-21日 2016年四大陸フィギュアスケート選手権台北 9
55.23
8
83.19
8
138.42
2016年1月8日-10日 韓国フィギュアスケート選手権ソウル 2
53.05
2
74.13
2
127.18
2015年11月26日-29日 ISUチャレンジャーシリーズ ワルシャワ杯ワルシャワ 7
46.50
7
73.34
7
119.84
2015年11月6日-8日 2015年NRW杯ドルトムント 4
53.13
4
78.96
4
132.09
2015年10月27日-31日 ISUチャレンジャーシリーズ アイスチャレンジグラーツ 6
40.48
5
67.28
5
107.76


2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2014年10月15日-19日 2014年ニース杯ニース 6
40.04
4
68.84
5
108.88
2014年9月24日-27日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 8
40.10
8
63.36
8
103.46


2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2014年1月29日-2月2日 2014年ババリアンオープンオーベルストドルフ 10
44.53
10
65.68
10
110.21
2014年1月20日-25日 2014年四大陸フィギュアスケート選手権台北 8
45.12
10
66.11
10
111.23
2014年1月3日-5日 韓国フィギュアスケート選手権高陽 1
41.64
1
63.85
1
105.49
2013年12月18日-21日 2013年ウクライナオープンキエフ 8
41.26
10
63.43
9
104.69


2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2013年1月20日-27日 全米フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(オマハ 12
32.45
10
57.18
11
89.63


プログラム使用曲[編集]

シーズン SD FD
2017-2018 サンバ:Despacito
ボーカル:ルイス・フォンシ
ルンバ:My All
サンバ:Mujer Latina
ボーカル:タリア
韓国民謡:アリラン Lollipop
ボーカル:BIGBANG2NE1
2016-2017 ブルース:Your Heart is as Black as Night
ヒップホップ:I Am the Best x Bang Bang Bang
ボーカル:2NE1、BIGBANG
映画『ニューシネマパラダイス』サウンドトラックより
Cinema in Fiamme
Runaway, Search and Run
Love Theme for Nata
作曲:エンニオ・モリコーネ
That Man
ボーカル:ぺク・チヨン
2015-2016 ワルツ:カルーセル 『シルク・ドゥ・ソレイユ』より
ポルカ:Balade au boit d'une echelle 『シルク・ドゥ・ソレイユ』より
作曲:ブノワ・ジュトラ
ビコーズ
ゲット・バック
ヒア・カムズ・ザ・サン
ジ・エンド
曲:ビートルズ
2014-2015[5] フラメンコ:Lucia
演奏:オスカー・ロペス
パソドブレ:マラゲーニャ
フラメンコFiesta Flamenca
演奏:モンティ・ケリー
振付:クリストファー・ディーン
映画『ベルヴィル・ランデブー』より
Belleville Rendez-Vous
Under the Bridge
Theme Bruno
作曲:ブノワ・シャレスト
Suzy
曲:Caravan Palace
振付:クリストファー・ディーン
2013-2014 クイックステップ:Kap'n Kid
フォックストロット:Un mate in luca
ボーカル:ラファエル・グアラッツィ
振付:イーゴリ・シュピリバンド
ミュージカル『ノートルダム・ド・パリ』より
作曲:リシャール・コクシアント
振付:イーゴリ・シュピリバンド

脚注[編集]

  1. ^ The Inside Edge: Koleto ventures down new path
  2. ^ アレクサンダー・ガメリンのインスタグラム投稿
  3. ^ フィギュア衣装はだけるハプニング!韓国ミン・ユラ
  4. ^ 衣装はだけたミン・ユラ、今度はガッチリ フリーへ
  5. ^ The Inside Edge: Skaters debut new programs

参考文献[編集]