マニラLRT-1線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
LRT-1線
ブルメントリットLRT駅に停車している1200形電車
ブルメントリットLRT駅に停車している1200形電車
基本情報
路線網 マニラ・ライトレール
起点 バクララン駅
終点 ルーズベルト駅
駅数 20
開業 1984年12月1日
運営者 Light Rail Transit Authority (LRTA)
路線諸元
路線距離 19.65 km
軌間 1,435 mm (標準軌)
線路数 複線
電化方式 架空電車線方式
最高速度 80 km/h
テンプレートを表示
停車場・施設・接続路線
uexhKBHFa
ニオグ駅
uexhBHF
タラバ駅
uexhBHF
サポテ駅
uexhBHF
ラスピニャス駅
uexhBHF
マヌヨ・ウノ駅
uexhBHF
ドクター・サントス駅
uexhBHF
ニノイ・アキノ駅
uexhBHF
アジア・ワールド駅
uexhBHF
マニラ国際空港駅
uexhBHF
レデンプトリスト駅
uhKBHFxa
0.0 バクララン駅
uhKDSTl uhABZrf
0.1 車両基地
uhSTR
MRT-3線タフト・アベニュー駅
0.6 エドゥサ駅
uhBHF
1.6 リベルタッド駅
uhBHF
2.3 ヒル・プヤット駅
uhBHF
3.4 ビト・クルス駅
uhBHF
4.2 キリノ駅
uhBHF
5.0 ペドロ・ヒル駅
uhBHF
5.8 U.N.アヴェニュー駅
uhBHF
7.0 セントラル・ターミナル駅
uhWSTR
パシグ川
uhBHF
7.7 カリエド駅
uemhKRZhu
MRT-2線レクト駅
8.4 ドロテオ・ホセ駅
uhBHF
9.1 バンバン駅
STRlg uhBHF
9.7 タユマン駅
uhSTR
フィリピン国鉄ブルメントリットPNR駅
10.4 ブルメントリット駅
uhBHF
11.3 アバド・サントス駅
uhBHF
12.0 R. パパ駅
uhBHF
13.0 5th アベニュー駅
uhBHF
14.1 モニュメント駅
uehBHF
15.4 (マルバール駅)
uhBHF
16.4 バリンタワク駅
uhBHF
18.4 ルーズベルト駅
19.6 (ノース・アベニュー駅)
MRT-3線:ノース・アベニュー駅

マニラ・ライトレール・トランジット・システム1号線(マニラ・ライトレール・トランジット・システムいちごうせん、英語: Manila Light Rail Transit System Line 1)またはLRT-1線は、フィリピンマニラ首都圏で運営されているマニラ・ライトレール路線である。

本記事ではLRT-6線についても触れる。

概要[編集]

LRT-1線は1984年マニラ・ライトレールの最初の路線として開業した。以前はイエローラインとも呼ばれていたが、2012年のラインカラー変更後はグリーンラインと呼ばれている。

全長19.65km、20の駅を持ち、全線が高架鉄道となっている[1]。主にタフト通り、リサール通り、エドゥサ通りに沿っている。バクララン駅 - モニュメント駅間を南北に、モニュメント駅 - ノース・アベニュー駅間を東西に走っている。

路線データ[編集]


乗車券[編集]

2015年7月20日より非接触式ICカードen:Beep (smart card)が導入されている。

  • 片道乗車券 (Single Journey Ticket)

購入当日のみ使用可能。

  • チャージ式(Stored Value Ticket)

20ペソでカード自体を購入し、最低10ペソから最高10,000ペソまでチャージ可能。 LRT-1線およびMRT-2線とMRT-3線で共通で利用できるほか、マニラ首都圏の一部のバス路線、高速道路の料金所のほか、ファミリーマート、サークルK等でも利用可能な電子マネー機能を搭載している。

歴史[編集]

1984年12月1日バクララン駅 - セントラル・ターミナル駅間が先行開業した。

1985年5月12日、セントラル・ターミナル駅 - モニュメント駅間が開業し、全線開業となった。

2000年12月30日リサール・デー同時爆破事件:ブルメントリット駅付近にて1037号車が爆破し、22人が死亡、数百人が負傷した。ジェマ・イスラミアおよびモロ・イスラム解放戦線のメンバーら8人が指名手配され、3名が起訴された。1037号車は著しい損傷のため廃車となったが、修復する計画もある。

2010年3月22日MRT-3線計画の部分をLRT-1線が延伸する形でモニュメント駅 - バリンタワク駅間が開業した。

2010年10月22日、同延伸計画に沿ってバリンタワク駅 - ルーズベルト駅間が開業した。

車両[編集]

自局車両[編集]

  • 1000形
  • 1100形(車両不具合により、多くの編成がパサイ基地に留置された)
  • 1200形

各車両形式の詳細は、それぞれの車両記事を参照のこと。

乗り入れ車両[編集]

駅一覧[編集]

駅名 駅間キロ 累計キロ 接続路線・備考 地上/地下 所在地
バクララン駅 - 0.0   高架区間 パサイ
エドゥサ駅 0.6 0.6 MRT-3線タフト・アベニュー駅
リベルタッド駅 1.0 1.6  
ヒル・プヤット駅 0.7 2.3  
ビト・クルス駅 1.1 3.4   マニラ
キリノ駅 0.8 4.2  
ペドロ・ヒル駅 0.8 5.0  
U.N.アヴェニュー駅 0.8 5.8  
セントラル・ターミナル駅 1.2 7.0  
カリエド駅 0.7 7.7  
ドロテオ・ホセ駅 0.7 8.4 MRT-2線レクト駅
バンバン駅 0.7 9.1  
タユマン駅 0.6 9.7  
ブルメントリット駅 0.7 10.4 フィリピン国鉄ブルメントリットPNR駅
アバド・サントス駅 0.9 11.3  
R. パパ駅 0.7 12.0  
5th アベニュー駅 1.0 13.0   カローカン
モニュメント駅 1.1 14.1  
マルバール駅 1.3 15.4 建設中
バリンタワク駅 1.0 16.4   ケソン
ルーズベルト駅 2.0 18.4  
ノース・アベニュー駅 1.2 19.6 計画中
MRT-3線:ノース・アベニュー駅

計画[編集]

南側延伸計画(LRT-6線)[編集]

旧ラインカラーを使用した路線図
2003年アロヨ元大統領が発表した計画に基づく路線図。MRT-3線 (旧ブルーライン、新イエローライン) およびフィリピン国鉄線が含まれている。

メトロ・マニラ鉄道計画によると、LRT-1線の南側延伸、またはLRT-6線が計画されている。計画ではパラニャーケラスピニャス、およびカヴィテ州バコールにまたがる11.4kmの区間に10駅を設ける予定である。メトロ・マニラの外に伸びる路線としては、承認済みのMRT-7線に続く2例目となる。

駅名 所在地
レデンプトリスト駅 パラニャーケ
マニラ国際空港駅
アジア・ワールド駅
ニノイ・アキノ駅
ドクター・サントス駅
マヌヨ・ウノ駅 ラスピニャス
ラスピニャス駅
サポテ駅 カヴィテ州バコール
タラバ駅
ニオグ駅

脚注[編集]

  1. ^ The LRT Line 1 System”. Light Rail Transit Authority. 2014年6月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]