MRTダウンタウン線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
MRTダウンタウン線
Downtown MRT Line
滨海市区地铁线
MRT map DT.svg
基本情報
種類 地下鉄
路線網 マス・ラピッド・トランジット
起点 ブキ・パンジャン駅 (第2期)
終点 エキスポ駅 (第3期)
駅数 34
所有者 陸上交通庁
運営者 SBSトランジット[1]
使用車両 ボンバルディア MOVIA C951
路線諸元
路線距離 42 km
軌間 1,435 mm (標準軌)
電化方式 第三軌条方式
テンプレートを表示

ダウンタウン線(Downtown Line)は、シンガポールで5番目のマス・ラピッド・トランジットである。第1期区間2013年12月22日[2]、第2期区間は2015年12月27日に営業を開始した[3][4]

第1期の建設は2008年2月12日から始まった[5]。全線が完成した暁には、42km、34駅の路線になる予定である。MRT北東線MRT環状線のように完全自動運転かつ無人運転である。路線は全て地下になる。MRT東西線のように、この路線はブキッ・ティマ地区と東部地区で使用できるようになり、利用者をニュー・ダウンタウン(マリーナ・ベイ)へ運ぶ役割を果たすことになる。路線図では青色で表示されている。

2010年8月20日、陸上交通庁(LTA)はダウンタウン線全体の配線と駅の位置を発表した[6]。第1期は2013年完成予定、第2期は2015年、第3期は2017年完成予定とされた[7]SBSトランジットが運行を担当する。

ウェスティングハウス・レール・システムズと、1億2300万ポンド相当の契約を結んでいる。インベンシスグループの子会社であるウェスティングハウスは、ホームドアシステムとATSを提供している。

路線が全線開通した場合、1日50万人が利用し、ブキ・パンジャンからエキスポまでの所要時間は65分まで短縮される予定である[8]

概要[編集]

2005年6月14日、陸上交通庁はMRT環状線のダウンタウン延伸を発表した。Intergrated resortやシンガポール第2の植物園が位置することになるマリーナ・ベイ地区のダウンタウン(DTMB)へ延長されることになった。3.4kmの地下線には1.4億シンガポールドルの費用がかかると推定された。2007年に建設が始められ、2012年完成予定となっていた[9]。 2007年4月27日、路線の第1期でプロムナード駅経由でブギス駅と結ぶことになった[6][10][11] 。この時点で、以前環状線のダウンタウン延伸だったものがダウンタウン線第1期となり、4.3km、6駅の路線となった。北東線のチャイナタウン駅と東西線のブギス駅を結ぶことになった。最初の計画より1年遅れの2013年完成予定となった。 連絡駅が3駅新設され、ブギス駅ではMRT東西線と、プロムナード駅では環状線と、チャイナタウン駅では北東線と連絡する。2つの駅、ベイフロント駅とダウンタウン駅はDTMB地区に設置される。もう1つの駅、テロック・アヤ駅はチャイナタウンの近く、クロス・ストリートに沿って設置される予定である。

ダウンタウン線の第2期は16.6km、12駅(乗換駅3駅を含む)[11][12]で、2015年12月27日に開業した。駅の位置、配線、仮称は2008年7月15日に発表された。2009年7月3日に第2期部分の建設が開始された。 以前の計画では、ダウンタウン線の第2期はブキッ・ティマ線と呼ばれる予定であった。おそらくニュー・ダウンタウンとアッパー・ブキッ・ティマに位置するブキ・パンジャン、ブキッ・ティマ・ロードとを結ぶ20kmの路線として予定されていた。ダウンタウン線は環状線や他の路線と道中交差する予定になっていた。建設されたときは、ブキッ・ティマ・ロードとデュナーン・ロード、アッパー・ブキッ・ティマ・ロードの渋滞を軽減することを期待されていた。プロムナード駅では環状線との乗換が準備された。 2008年7月15日、陸上交通庁は設置予定の12駅の正確な場所を発表した。正式な駅の名称は、ローチョー、リトル・インディア(北東線との乗換駅)、ニュートン(北西線との乗換駅)、スティーブンス、ボタニック・ガーデン(環状線との乗換駅)、タン・カー・キー、シックス・アベニュー、キング・アルバート・パーク、ビューティー・ワールド、ヒルビュー、カシュー、ブキ・パンジャンである。ダウンタウン線の第2期建設は2009年7月3日のビューティー・ワールド駅における起工式から始まった。

以前の計画では、ダウンタウン線の第3期は東部方面線の一部であった。東部方面線は40kmの長方形ループで、既にある東西線の補強と、東部方面の中心街と郊外との移動の利便性を向上させる計画であった。ジャラン・ベサールやイーストコースをループし、環状線などの他の路線と道中で交差する予定となっていた。タンピネス、ベドック、マリーン・パレード、マクファーソンとカキ・ブキットの住民に便益をもたらす予定であった。現在第3期は当初計画の北部のみ、チャイナタウン駅からエキスポ駅までで構成されている。チャイナタウン駅では、北東線とダウンタウン延伸との乗換が準備された。ループの北側が先に建設される予定で、ジャラン・ベサール地区と、ベドック、タンピネスとエキスポを通る。LTAによる準備工事は始まっている。 ダウンタウンの第3期は21km、16駅になる予定である。2018年完成予定である。しかし、2008年に政府はこの部分の開通を2016年に早めると決定した。2010年8月20日には交通相のレイモンド・リムは全通予定を2017年とし、ジャラン・ベサールに追加で駅を建設するよう改めた[7][12]

新しい車両基地、Gali Batu基地はKwong Hou Sua Teochew墓地の一部に立てられる予定である[13]

2011年8月29日、LTAは運行会社をSBSトランジットだと発表した[14]

駅一覧[編集]

第1期と第2期の駅および第3期の駅の中で既存路線との乗換駅は既に正式に発表されていた[15]。2011年8月19日に、第3期の駅名が正式に決定した[16]。第3期の区間は2017年10月21日に開業する予定。

駅番号 日本語駅名 英語駅名 接続路線
第2期
 DT1  BP6  ブキ・パンジャン駅 Bukit Panjang ブキ・パンジャン線
 DT2  カシュー駅 Cashew
 DT3  ヒルビュー駅 Hillview
 DT5  ビューティー・ワールド駅 Beauty World
 DT6  キング・アルバート・パーク駅 King Albert Park
 DT7  シックス・アベニュー駅 Sixth Avenue
 DT8  タン・カー・キー駅 Tan Kah Kee
 DT9  CC19  ボタニック・ガーデン駅 Botanic Gardens 環状線
 DT10  TE11  スティーブンス駅 Stevens トムソン・イーストコースト線
(工事中)
 DT11  NS21  ニュートン駅 Newton 南北線
 DT12  NE7  リトル・インディア駅 Little India 北東線
 DT13  ロチョー駅 Rochor
第1期
 DT14  EW12  ブギス駅 Bugis 東西線
 DT15  CC4  プロムナード駅 Promenade 環状線
 DT16  CE1  ベイフロント駅 Bayfront 環状線
 DT17  ダウンタウン駅 Downtown
 DT18  テロック・アヤ駅 Telok Ayer
 DT19  NE4  チャイナタウン駅 Chinatown 北東線
第3期
 DT20  フォート・カニング駅 Fort Canning
 DT21  ベンクーレン駅 Bencoolen
 DT22  ジャラン・ベサール駅 Jalan Besar
 DT23  ベンデミール駅 Bendemeer
 DT24  ゲイラン・バル駅 Geylang Bahru
 DT25  マッター駅 Mattar
 DT26  CC10  マクファーソン駅 MacPherson 環状線
 DT27  ウビ駅 Ubi
 DT28  カキ・ブキ駅 Kaki Bukit
 DT29  ベドック・ノース駅 Bedok North
 DT30  ベドック・レザボア駅 Bedok Reservoir
 DT31  タンピネス・ウエスト駅 Tampines West
 DT32  EW2  タンピネス駅 Tampines 東西線
 DT33  タンピネス・イースト駅 Tampines East
 DT34  アッパー・チャンギ駅 Upper Changi
 DT35  CG1  エキスポ駅 Expo 東西線
第4期
 DT36  シーリン駅 Xilin
 DT37  TE31  スンゲイ・ベドック駅 Sungei Bedok トムソン・イーストコースト線
(工事中)

使用車両[編集]

車両はボンバルディア社のMOVIA C951を3両編成で使用する予定である[17]。Gali Batu基地とKim Chuan基地に留置される予定である。

検査施設を環状線のマリーナ・ベイ駅に隣接して建設する予定である。これは第1期開業時にダウンタウン線の車両の状態を維持するためである[18]

ダウンタウン線のナンバリングではヒルビュー駅(DT3)とビューティー・ワールド駅(DT5)との間にDT4が残されている。2013年現在、LTAは詳細を発表していない。

運行会社[編集]

LTAは新しい投資計画の中で、SBSトランジットがダウンタウン線の運行会社であると発表した[19]

脚注[編集]

  1. ^ Company Announcement – Incorporation of a Wholly-Owned Subsidiary”. 2013年4月22日閲覧。
  2. ^ Land Transport Masterplan: Downtown Line Stage 1 to open on Dec 22”. The Straits Times. 2013年11月16日閲覧。
  3. ^ The Rail Report: 12 Stations of Downtown Line 2 to Open on 27 December”. Land Transport Authority (2015年8月6日). 2015年8月6日閲覧。
  4. ^ Downtown Line 2 to open ahead of schedule in December: Transport Minister Lui”. Channel NewsAsia (2015年6月28日). 2015年6月28日閲覧。
  5. ^ "Locations of Downtown Line stations will depend on commuter traffic", Wong Wai Mun, Channel NewsAsia, 12 February 2008
  6. ^ a b "Government Approves Building Of The Downtown Line", Land Transport Authority. Accessed on 27 April 2007.
  7. ^ a b SPEECH BY MR RAYMOND LIM,MINISTER FOR TRANSPORT, AT THE VISIT TO KIM CHUAN DEPOT, 25 JANUARY 2008, 9.00 AM”. Singapore Government Media Release. 2008年1月25日閲覧。
  8. ^ "12 MRT stations for Bukit Timah by 2015", Luxuryasiahome, 16 July 2008
  9. ^ "Expanding The Rail Network With Downtown Extension", Land Transport Authority. Accessed on 12 December 2010.
  10. ^ "Govt approves S$12b MRT Downtown Line to be built by 2018", Dominique Loh, Channel NewsAsia, 27 April 2007
  11. ^ a b "33-station Downtown Line gets go-ahead, will be ready by 2018", Christoper Tan, The Straits Times, 28 April 2007
  12. ^ a b "Groundwork begins for new MRT lines", Christopher Tan, The Straits Times, 13 March 2006
  13. ^ "Downtown Line depot to be located off Woodlands Road", Margaret Perry, Channel NewsAsia, 26 February 2008
  14. ^ LTA Appoints SBS Transit Limited to Operate Downtown Line under New Rail Financing Framework Land Transport Authority - 29 August 2011
  15. ^ "LTA unveils locations of DTL stage 2 stations", Christopher Tan, Straits Times Online, 15 July 2008
  16. ^ Downtown Line 3 Station Names Finalised, Land Transport Authority, 19 August 2011
  17. ^ LTA Awards 6 Downtown Line Contracts Totalling $1.13 Billion
  18. ^ Contract 901QP: Terms of Reference, Land Transport Authority, 9 November 2007 (tender document from www.gebiz.gov.sg)
  19. ^ LTA Appoints SBS Transit Limited to Operate Downtown Line under New Rail Financing Framework, Land Transport Authority, 29 August 2011

外部リンク[編集]