ラピドKL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ラピドKL(略称:RapidKL, マレー語Rangkaian Pengangkutan Integrasi Deras Sdn Bhd)は、マレーシアクアラルンプールおよび隣接都市で運行されている公共交通システム。鉄道とバスの路線で構成される。 マレーシア財務省傘下の交通インフラ事業会社プラサラナ・マレーシアによって運行されている。


データ[編集]

鉄道[編集]

  • 乗客数:LRT439,985人/日、モノレール63,778人(2017年)

アンパン線[編集]

詳細はラピドKLアンパン線を参照
ラピドKLアンパン線
  • 駅数:18
  • 総延長:18km

スリ・プタリン線[編集]

  • 駅数:29
  • 総延長:45.1km

スントゥル・ティムール駅チャン・ソウ・リン駅間の11駅はアンパン線と共通)

クラナ・ジャヤ線[編集]

詳細はラピドKLクラナ・ジャヤ線を参照
  • 駅数:37
  • 総延長:46.4km

KLモノレール[編集]

詳細はKLモノレールを参照
  • 駅数:11
  • 総延長:8.6km

スンガイ・ブロー~カジャン線[編集]

スンガイブロー~カジャン線

バス[編集]

RapidKL社のバス
  • 路線数:98
  • 乗客数:498,193人/日(2017年)

Rapid KLは、クアラルンプールを中心として、以下のB、U、T、Eの4区分を中心としたバス路線を運行している。
B (Bandar) クアラルンプール市内だけを周回
U (Utama) 郊外と市内ハブを結ぶ路線
T (Tempatan) 郊外だけを周回
E (Express) 郊外への急行
ワンマンバスで料金均一先払い。B、Uは各2RM。Tは1RM。料金支払い時に1日乗車券を受け取る。 同じB、U、Tの記号のバスなら、1日乗車券を見せれば1日中乗り放題。Eは急行で片道券3RM、1日乗車券5RM。

BRTサンウェイ線[編集]

2015年に運行を開始したバス・ラピッド・トランジット路線。

詳細はen:BRT Sunway Lineを参照
  • 駅数:7
  • 総延長:5.6km

将来の計画[編集]

  • バンダル・ウタマ~クラン線
建設中 2020年運行開始予定
  • スンガイブロー~セルダン~プトラジャヤ線
建設中 2021年運行開始予定
  • 環状線
計画中

子会社[編集]

ペナン島でバスを運行する子会社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]