サバ州立鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サバ州立鉄道の路線図

サバ州立鉄道は、マレーシアサバ州のサバ州鉄道部(英語読み:Sabah State Railway Department)が運営しているボルネオ島唯一の鉄道路線である。現在は、コタキナバルのタンジュン・アル(Tanjung Aru)とテノム(Tenom)を結ぶ線路を旅客列車貨物列車が運行している。略称はJKNS[1]

なお、北ボルネオ鉄道は、サバ州立鉄道の線路の一部区間を使用して運行されている蒸気機関車が牽引する観光列車のツアー名称であり路線名ではない[2]

路線データ[編集]

運行形態[編集]

プッシュフルトレイン・気動車・ディーゼル機関車+客車・ディーゼル機関車+客車+荷物車で運行される。

概略[編集]

2016年5月現在のダイヤは、区間運転を含めて1日3往復、全線直通列車は2往復となっている。併走するバス会社に影響しない配慮もされている。運転は本線とジョージ線で完全分離しており、本線は6600形プッシュフルトレイン4両が主で、臨時で中国製15100形+イギリス製客車3両での運行である。ジョージ線においては、Beaufort - Halogilat間がディーゼル機関車6100形+客車3両、Halogilat - Tenom間はディーゼル機関車5200形+荷物車1両+客車1両が基本編成となっている[3]

列車番号[編集]

  • 英字2桁+数字3桁で表す。
    • 英字の2桁目で進行方向を表す。
      • 南行(S:Menuju Ke Selatan):Tanjung Aru→Tenom
      • 北行(U:Menuju Ke Utara):Tenom→Tanjung Aru
    • 数字の上1桁で始発駅を表す。
    • 進行方向は英字の2桁目で表すので、数字下2桁は南行・北行いずれも01以降の連番である。
  • 旅客列車
南行 北行 始発駅
PS101- Tanjung Aru
PS201- PU201- Papar
PS301- PU301- Beaufort
PS401- PU401- Halogilat
PU501- Tenom

車両[編集]

在籍上は蒸気機関車2両・ディーゼル機関車10両・プッシュフルトレイン4両・気動車6両・客車10両以上としているが、運用数減による休車が多く、2016年現在の定期運用車はプッシュフルトレイン4両・気動車1両、ジョージ線用ディーゼル機関車2両・客車4両・貨車1両に縮小している[4]

機関車・プッシュフルトレイン[編集]

  • 5200形(5205、1両)
    • 1971年川崎重工製の全長15m級凸形ディーゼル機関車。ジョージ線・麓側のHalogilat - Tenom間専用で運用されている。また、5201-5204の4両は除籍済み[5]
  • 6100形(6105、1両)
    • 1992年日立製の全長18級ディーゼル機関車。キャブが若干偏った「DE10タイプ」である。軸重の関係でジョージ線・山頂側のBeaufort - Halogilat間専用で運用されている。また、出力が680Phと重量が多いものもけん引可能なため、旅客用列車けん引やBeaufort構内の入れ替えや工事用にも使用される。また、当初は5両導入したが、6101-6104の4両は部品供給車に事実上なっており、Kinarut(キナルート)車両基地内で放置されている[6]
  • 15100形(15101・15102、2両)
    • 中国南車製の貨客両用箱型ディーゼル機関車。本線用に2両在籍しているが貨物列車が運休中であり、後述の6600形が検査などの運行不可能状態において客車3100形のけん引での代走となっている[7]
  • 6600形(6601A・B・C、動力車1両+客車3両)
    • 中国南車製のプッシュフルトレイン。全長21m級で全面デザインはベトナム国鉄D19E形ディーゼル機関車と同一の動力車であり、残り3両は客車となっており2席固定クロスシート座席である。2編成が導入されたが、6602編成は事故により半年で運用離脱をして動力車1両+6602Aは解体されているが、大破を逃れた6602B+6602Cの2両はKinarut車両基地内で残っている[8]
    • 「←Beaufort 6601C+6601B+6601A+動力車 Tanjung Aru→」の組成となっている。

気動車[編集]

  • 3100形(3102・3105、2両)
    • 1957年イギリス製の全長15m級車。エンジンは床置式で荷物室に見える所に設置、座席はクロスシート10組。運転本数削減により、3101は廃車済み、3103はKinarut車両基地内で放置、3104はエンジンが外されて北ボルネオ鉄道用客車となっている。3102・3105の2両のついても予備車扱いである[9]
  • 5000形(5001・5002、2両)
    • 2002年インド製の非貫通気動車。スノープラウの警戒色な工事用作業車を模したデザインで座席はクロスシート。作業用やジョージ線の区間運用で使用される[10]
  • 8500形(8502、1両[注 1]

歴史[編集]

概略[編集]

年表[編集]

駅一覧[編集]

運用本数が少ないものの、運賃が安く利用者が多いため、すべての駅に駅員が配置されている。2011年2月の運転再開時に乗車券でバーを開ける自動改札機も設置されたが、2016年現在では使われていない。主要駅を除きホーム1面であるが、交換設備がほとんどの駅に設置されている。ジョージ線において書類上は途中駅が4駅であるものの、集落毎に仮乗降場が10以上は設置されている[14]

本線[編集]

駅名 英語駅名 駅間キロ 累計キロ 接続路線および備考 所在地
ジェッセルトン駅 Jesselton - 0.0 サバ州 西海岸省 コタ・キナバル
センブラン駅 Sembulan 4.0 4.0 コタ・キナバル
タンジュン・アル駅 Tanjung Aru 1.8 5.8 コタ・キナバル
プタタン駅 Putatan 6.1 11.9 プタタン
キナル駅 Kinarut 8.4 20.3 キナル
カワン駅 Kawang 7.0 27.3 カワン
パパール駅 Papar 11.2 38.5 パパール
キマニス駅 Kimanis 11.2 49.7 パパール
ボンガワン駅 Bongawan 12.5 62.2 ボンガワン
メンバク駅 Membakut 10.0 72.2 内陸省 メンバク
ビューフォート駅 Beaufort 18.3 90.5 サバ州立鉄道:ジョージ線 ビューフォート

ジョージ線[編集]

駅名 英語駅名 駅間キロ 累計キロ 接続路線および備考 所在地
ビューフォート駅 Beaufort - 0 サバ州立鉄道:本線 サバ州 内陸省 ビューフォート
サルイワンガン駅 Saliwangan 16 16 サルイワンガン
ハロギラット駅 Halogilat 5 21 ハロギラット
ラヨー駅 Rayoh 8 29 ラヨー
パンギ駅 Pangi 10 39 パンギ
テノム駅 Tenom 10 49 テノム

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 8503は2両運行のために修復予定。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]