マイケル・オールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・オールマン
Michael Ohlman
トロント・ブルージェイズ (マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州マナティ郡ブレイデントン
生年月日 (1990-12-14) 1990年12月14日(26歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2011年 MLBドラフト11巡目(全体326位)でボルチモア・オリオールズから指名
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マイケル・L・オールマンMichael L. Ohlman, 1990年12月14日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州マナティ郡ブレイデントン出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBトロント・ブルージェイズ傘下所属。

経歴[編集]

プロ入りとオリオールズ傘下時代[編集]

2011年MLBドラフト11巡目(全体326位)でボルチモア・オリオールズから指名され、プロ入り。

2012年にドーピング違反で50試合の出場停止処分を受けた[1]

2013年11月20日40人枠に登録された[2]

2014年3月10日にAA級ボウイ・ベイソックスへ異動した[3]3月11日にオリオールズと1年契約に合意した[4]

2015年1月27日DFAとなった[5]

カージナルス傘下時代[編集]

2015年2月3日後日発表選手または金銭とのトレードで、セントルイス・カージナルスへ移籍した[6]

カージナルス移籍後もメジャーデビューを果たせず、2016年10月13日に40人枠外、オフの11月7日にはFAとなった[5]

ブルージェイズ傘下時代[編集]

2016年11月17日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結び、2017年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[5]

脚注[編集]

  1. ^ Danny Wild (2012年4月17日). “O's All-Star catcher Ohlman suspended” (英語). MiLB.com. 2016年9月30日閲覧。
  2. ^ Brittany Ghiroli (2013年11月20日). “Orioles protect three from Rule 5 Draft” (英語). MLB.com. 2016年9月30日閲覧。
  3. ^ “Orioles make three roster moves” (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2014年3月10日), http://m.orioles.mlb.com/news/article/69038854/orioles-make-three-roster-moves/ 2014年3月11日閲覧。 
  4. ^ “Orioles agree to terms with 19 players on one year contracts” (英語) (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2014年3月11日), http://m.orioles.mlb.com/news/article/69107880/orioles-agree-to-terms-with-19-players-on-one-year-contracts/ 2014年3月12日閲覧。 
  5. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2017年2月5日閲覧。
  6. ^ Jeff Todd (2015年2月3日). “Orioles agree to terms with 19 players on one year contracts”. mlbtraderumors.com. 2015年2月4日閲覧。

外部リンク[編集]