ボンベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LPGボンベ(ニュージーランド)

ボンベとは、気体液体を貯蔵、運搬する際に用いられる完全密閉が可能な容器である。

目的によっては、可搬式高圧ガス容器設備用高圧容器などと呼ばれて区別される。内部は高い圧力になることが多く、などの金属により丈夫に作られている。内容物の取り出し口は目的に応じたバルブが取り付けられている。法規制により設置の向きが決められていることが多い。

名称については、和製ドイツ語など諸説ある(該当節も参照のこと)。

ボンベの名称について[編集]

元々ドイツ語の「ボンベドイツ語Bombe)」の語自体は「爆弾」の意味しかなく、「気体・液体の貯蔵・運搬用の耐圧容器」の意味はない[1]。 日本においてこれらの耐圧容器を「ボンベ(爆弾)」と呼ぶようになった理由は、「ガス爆弾」(ドイツ語Gasbombe)に由来するなどの諸説あるが、ドイツ語由来ではないという説もある。

種類[編集]

  • 継ぎ目なし容器
圧縮、液化したガス、または液体を貯蔵するボンベ。高い内圧に耐えられるよう、マンガン鋼クロムモリブデン鋼などにより一体成型により作られている。小型のものはアルミニウム合金製もある。中型(内容量40 - 47リットル)のものは40 - 60キログラムくらいの重さになる。高い内圧に耐えられるよう外形は概ね回転体で、カプセル型または砲弾型のものが多い。産業用の主な充填物は、窒素酸素アルゴン水素ヘリウム空気、液化炭酸ガス
  • 溶接容器
主として液化したガスを貯蔵するボンベ。形状はカプセル型を基調としている。材質は主に鋼板で、筒状に巻いた鋼板の上下に半球状または皿状に整形した天頂部と基底部を溶接している。また、立てて使用する物では、基底部にスカート状の台座と、上部にバルブを保護するための保護部品が取り付けられていることが多い。主な充填物は、液化石油ガス(LPG)、液化ブタン、溶解アセチレン、液化アンモニア
  • クリーンボンベ
半導体の製造など高純度の物質を扱う場合に用いられる、内部に研磨加工を施し、内容物の純度を保つように設計されたボンベ。
  • エアボンベ
噴霧器に接続して塗料などを散布する際に用いられる、空気を充填したボンベ。
  • カセットボンベ
燃料用の液化ブタンを入れた小型のボンベ。カセットボンベを燃料源とする焜炉をカセットコンロと呼ぶ。
  • 強化プラスチック製ボンベ
液化石油ガスを入れる軽いボンベ。

用途[編集]

  • 工業用(パージ用、雰囲気用、製品封入用、乾燥用、支燃用、空気遮断用など)
  • 呼吸用(酸素欠乏場所、潜水活動、ガスマスクと併用)
  • 医療用(酸素吸入麻酔
  • 燃料用
  • ガスの圧力を用いた動力源(噴霧器、消火器、ビールサーバー) - 対象物の品質保持などの目的を兼ねることがある

塗装色による内容物の区別[編集]

日本において気体用のボンベは、高圧ガス保安協会による容器保安規則昭和41年5月25日、旧通商産業省令第50号)により、内容物によって本体の塗装色が定められている。

また、LPGは規制緩和によりこの規程によらない(ただし上記の色は使えない)が、規定された当時のボンベはねずみ色であり、現在でも規定当時に製造されたねずみ色のボンベが数多く流通している。

内容物が劇物、毒物可燃物の場合には、さらにその旨をボンベに記載すると同時に所有者をボンベに記載しなければならない。また文字の色が定められている(アンモニアは赤文字、それ以外は白文字)。従って油性マーカーなどで所有者を書くことは違法行為である。

可搬式高圧ガス容器のバルブ[編集]

ボンベに取り付けられたバルブは、その内容物(ガス種)により方式が異なるが、工業用(医療用を含む)では、酸素、窒素、アルゴン、炭酸ガス、水素、ヘリウムの場合、ほぼ同様の形式となっている。ただし、販売店により口金の様式に異なるものもある(口金に外ねじを切ったG式、内ねじを切ったF式)。また、ヘリウムと可燃性ガスは逆ねじ(左ねじ)が切ってある。アセチレンボンベのバルブの口金にはねじは切っておらず、パッキンが付けられている(接続金具側にシャコ万が付いていて締め付けるようになっている)。

接続のしやすさでは内ねじF式(通称関西型)が良いとされるが、当たり面に傷が付くとガス漏れを起こし、調整器の向き合わせにコツが必要で作業の標準化が困難な部分が欠点である。むしろ内ねじに雄ねじが両方に切ってあるオンソケットをねじ込み外ねじ用調整器を装着してあるほうが便利という意見もある(小型ボンベの場合は外ねじのため器具を兼用できる上、傷付きなどの補修もパッキンあるいはオンソケットの交換で済むため)。

なお高純度品および医療用ガスはすべて外ねじあるいは特殊なワンタッチ式であり、内ねじ式は金属擦り合わせによる異物混入の恐れがあるため使われない。 

使用後の処理[編集]

  • 高圧ガス容器は内部に空気が侵入することを防ぐため、完全に使い切る前にある程度の内圧を残した状態で使い終わることが望ましい。単体式の可搬式高圧ガス容器の多くはその所有権がガス販売店に属するため、使用者が買い取っていないボンベは使用後、販売店に返却することとなる。高圧ガス容器は定期検査が義務付けられており、検査期限を過ぎたボンベにはガスの充填が禁止されている(検査期限は検査刻印で識別できる)。
  • 容器は内面を洗浄した上でガス圧や水圧などを用いた耐圧試験を行い、高圧に耐えられる状態であることを確認することが義務付けられている。またバルブなどの主要部品の状態や、刻印や塗装などが識別可能な状態に成っていることが求められる。
  • カセットボンベなど可燃性の内容物の使い捨てボンベは、内容物を完全に使い切ったつもりでも内部にガスが残っていることがあり、廃棄処分の際(主にごみ収集車への投入時)、内部に残っているガスに引火爆発する事故がしばしば起こっているため、処分する際は火の気の無いところでボンベに穴を開けて内部のガスを抜いた後で廃棄することが望ましい[2]

脚注[編集]

  1. ^ ドイツ語で気体用耐圧容器は、「ドイツ語Gasflasche」と呼ぶ。
  2. ^ 事業系ごみの収集(プリペイド袋収集) 一般財団法人札幌市環境事業公社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]