ボブ・ミリケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボブ・ミリケン
Bob Milliken
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ウェストバージニア州マーシャル郡
生年月日 (1926-08-25) 1926年8月25日
没年月日 (2007-01-04) 2007年1月4日(80歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1953年4月22日
最終出場 1954年7月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

ボブ・ミリケン(Robert Fogle Milliken、1926年8月25日 - 2007年1月4日)は、アメリカ合衆国ウェストバージニア州マーシャル郡出身のプロ野球選手投手)。右投げ右打ち。

経歴[編集]

1948年マイナーリーグフォートワース・パンサーズでデビューを果たした。その後1950年にモントリオール・ロイヤルズに移籍した後、1951年1952年朝鮮戦争兵役によりプロ野球界から一時離れた。

1953年復員後、ブルックリン・ドジャースに入った事によって彼の野球人生に転機が訪れる。当時のドジャースは、後に『ドジャースの戦法』という著書が発行される位、従来の練習法を覆した合理的かつ論理的な練習方法を取り入れていた。ミリケンはフォロースルーが不完全(背中を真っ直ぐにしたまま投げる)という投手としては致命的な欠点を持っていた。そこで、欠点を克服する方法として、準備運動をすませた投手の利き腕に木片か鉛筆を握らせて、投球の形をやらせてみる事を実践した。するとミリケンの欠点は瞬く間に改善し、先発ローテーション入りするまでに成長を遂げた。この年、8勝4敗2セーブの成績を挙げ、チームのナショナルリーグ制覇に貢献した。同年のワールドシリーズ(vsニューヨーク・ヤンキース)では第6戦に登板し、5回と6回を無失点に抑えた。翌1954年にもシーズン途中まで5勝2敗2セーブと活躍するが、を故障。結局7月29日の登板を最後に、メジャーリーグの舞台に立つ事はなかった。その後1955年1956年にかつて所属したフォートワースとモントリオールでプレーし、1956年限りで現役生活にピリオドを打った。

引退後は1965年1970年1976年セントルイス・カージナルスの投手コーチに就任。1967年にはチームをワールドシリーズ制覇に導いた。その後はカージナルスのスカウト2006年まで担当した。

2007年1月4日フロリダ州クリアウォーターで死去。80歳没。プロ野球界に関わったのは、実に58年にも及ぶ。

通算成績[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1953 BRO 37 10 3 0 0 8 4 2 -- .667 485 117.2 94 13 42 -- 0 65 4 0 52 44 3.37 1.16
1954 24 3 0 0 0 5 2 2 -- .714 261 62.2 58 12 18 -- 2 25 1 0 31 28 4.02 1.21
通算:2年 61 13 3 0 0 13 6 4 -- .684 746 180.1 152 25 60 -- 2 90 5 0 83 72 3.59 1.18

背番号[編集]

  • 25 (1953年 - 1954年)
  • 8 (1965年 - 1970年,1976年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]