ヘパリーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘパリーゼは、ゼリア新薬工業が製造・販売する一般用医薬品清涼飲料水などのシリーズブランド。登録商標されている。

解説[編集]

一般用医薬品はドリンク剤と錠剤が発売されている。

薬効分類は「ビタミン含有保健薬(ビタミン剤等) 」であり、効能・効用は「滋養強壮,胃腸障害・栄養障害・病中病後・肉体疲労・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給、虚弱体質」である[1]

二日酔いの予防・回復や悪酔いを防ぐなどの目的で服用され、その効用を暗示させる宣伝がされている[2]

「ヘパリーゼ」という名称は、主要成分である「肝臓水解物」から、「肝臓」を意味するギリシャ語「Hepar」と、英語で「分解する」という意味の「Lise」を組み合わせた造語である[1]

2011年11月に「ヘパリーゼW」を新たに発売。本品は「ヘパリーゼ」初の清涼飲料水となり、販路も新たなルートとなるコンビニエンスストアでの発売となった。2013年に2アイテムを順次発売したことによりシリーズ化された。2015年10月には「ヘパリーゼW」と同じ清涼飲料水である「ヘパリーゼスーパー」を発売。こちらは、「ヘパリーゼW」シリーズと販路が異なり、スーパーマーケット飲食店カラオケ店などでの発売なる[3]

なお、「ヘパリーゼW」・「ヘパリーゼWハイパー」・「ヘパリーゼスーパー」・「ヘパリーゼW粒」には発売当初、「飲む人のための」の表記が入っていたが、2016年3月発売の「ヘパリーゼWプレミアム」からこの表記が無くなり、「ヘパリーゼW」・「ヘパリーゼWハイパー」・「ヘパリーゼスーパー」・「ヘパリーゼW粒」も2016年にデザインの小変更を順次行ったことでこの表記は無くなっている。

製品ラインナップ[編集]

  • ミニドリンク剤
    • 新ヘパリーゼドリンク【第3類医薬品】 - 元々は成分が同一で、「ヘパリーゼドリンク」と「ヘパリーゼ内服液」の2つの名称で販売されていたが、2005年7月にリニューアルし、2つの製品を1つに統合した。2012年4月にリスク区分を変更。
    • ヘパリーゼドリンクII【第3類医薬品】 - 2017年3月発売。「新ヘパリーゼドリンク」の処方をベースに、ジオウ乾燥エキスを省く代わりに、クコシ流エキスとオウギ流エキスを配合。さらに、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムの含有量を減らし(200mg→150mg)、ビタミンB2リン酸エステル・ビタミンB6・ニコチン酸アミドの含有量を増量した(ビタミンB2リン酸エステル:3mg→5mg、ビタミンB6:5mg→10mg、ニコチン酸アミド:12mg→20mg)。
    • ヘパリーゼHi【第3類医薬品】 - 2008年10月発売。2012年4月にリスク区分を変更。
    • ヘパリーゼHiプラス【第2類医薬品】 - 2017年3月発売。「ヘパリーゼHi」の処方をベースに、オウギ流エキス、サンシュユ流エキス、ビャクジュツエキスを省く代わりに、トシシエキス、セイヨウサンザシエキス、イカリ草流エキス、ローヤルゼリーを配合した処方。また、リスク区分が【第2類医薬品】となる。
    • ヘパリーゼキング【第2類医薬品】 - 2008年10月発売。「ヘパリーゼキングプラス」・「ヘパリーゼキングEX」の発売に伴い、2016年10月にこれら2製品と統一したパッケージデザインにリニューアルしている。
    • ヘパリーゼキングプラス【第2類医薬品】 - 2016年10月発売
    • ヘパリーゼキングEX【第2類医薬品】 - 2016年10月発売
    • ヘパリーゼAmino(アミノ)【指定医薬部外品】 - 「ヘパリーゼ」ブランドのミニドリンク剤では初の指定医薬部外品規格で、2014年7月から沖縄県で先行発売されていたが、2015年4月に全国発売された。コンビニエンスストア向け製品。
  • 錠剤タイプ
    • ヘパリーゼプラスII【第3類医薬品】 - 2015年10月に「新ヘパリーゼプラス(1996年発売)」をリニューアル。これまで配合していたジクロロ酢酸ジイソプロピルアミン(ビタミンB15)に替わり、イノシトールを配合。また、用法・用量を「新ヘパリーゼプラス」の1回2錠・1日3回服用から1回3錠・1日2回服用に変更した。
    • ヘパリーゼGX【第3類医薬品】 - 「ヘパリーゼプラスII」をベースに、イノシトールビタミンE酢酸エステルを省く代わりに、ウルソデオキシコール酸オウギ乾燥エキス、ニコチン酸アミドを配合した処方。一部販売店向け製品。
    • ヘパリーゼHP【第3類医薬品】 - 「ヘパリーゼプラスII」をベースに、イノシトールを省く代わりに、オキソアミヂン末とニコチン酸アミドを配合した処方。一部販売店向け製品。
    • ヘパリーゼV【第3類医薬品】 - 「ヘパリーゼプラスII」をベースに、イノシトールとビタミンE酢酸エステルを省く代わりに、セイヨウサンザシエキス、ジオウ乾燥エキス、ニコチン酸アミドを配合した処方。一部販売店向け製品。
  • 清涼飲料水/炭酸飲料
    • ヘパリーゼW - 2011年11月発売
    • ヘパリーゼWハイパー - 2013年11月発売
    • ヘパリーゼWプレミアム - 2016年3月発売
    • ヘパリーゼWスパークリング - 2015年6月発売。炭酸飲料
    • ヘパリーゼスーパー - 2015年10月発売
  • 栄養補助食品
    • ヘパリーゼW 粒タイプ - 2013年3月発売。粒タイプ。

CM出演者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ヘパリーゼとは?”. ゼリア新薬工業. 2010年1月11日閲覧。
  2. ^ 新ヘパリーゼドリンクTVCM”. ゼリア新薬工業. 2010年1月11日閲覧。
  3. ^ ゼリア新薬「ヘパリーゼ スーパー」肝臓エキス・ウコンエキス配合の健康サポートドリンク”. J-CASTトレンド (2015年10月14日). 2016年12月5日閲覧。
  4. ^ 小池里奈 CMで8変化! 工事現場作業員にも変身「楽しんで撮影」”. スポニチ (2015年7月2日). 2015年7月3日閲覧。

外部リンク[編集]