プロレス最強論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

プロレス最強論(プロレスさいきょうろん)は、プロレスが最強の格闘技であるという主張。

アントニオ猪木らが、プロレスは「打・投・極」のあるバランスのとれた最も実戦的な徒手格闘技であると主張し、それを証明するため、空手柔道ボクシングなどの他の格闘技と異種格闘技戦を繰り広げた。柔道無差別級ミュンヘンオリンピック金メダリストのウィレム・ルスカを破り、ボクシング世界ヘビー級王者モハメド・アリと引き分けるなどの猪木の実績により、当時の新日本プロレスファンの間にプロレス最強論は広く受け入れられた。

総合格闘技の世界的普及の幕開けとなったUFC1では、ケン・シャムロックがプロレスラー(シューティングスタイル)の代表として参戦している。PRIDE.1での、ヒクソン・グレイシーvs高田延彦の一戦も、「プロレス最強」を賭けた戦いとして話題となった。一般には、高田と船木誠勝がヒクソンに敗れたことでプロレス最強論は下火になった観があるが、「今のレスラーが負けたからといってプロレスが弱いとは限らない」(ルー・テーズカール・ゴッチダニー・ホッジといった往年のシューターの全盛時ならヒクソンに負けるようなことはない)という議論もある。ビル・ロビンソンは「全盛時のホッジがオクタゴンホイス・グレイシーと戦ったら」という質問に「5分以内に手足全部へし折ってホッジが勝つ」と答えている。

なお「プロレス最強論」では、主に新日本プロレス及びその系統のレスラーのみが対象となることが多く、ジャイアント馬場全日本プロレス系のレスラーが議論に上がることは少ない。この風潮は、馬場が「プロレスはプロレスである」と言い、他の格闘技と試合をする必要などないという「純プロレス」の立場を堅持していたことに由来する。実際、プロレスラーの中には、普通の総合格闘技ルールでは禁止技とされる頭突きを必殺技とする人物(ボボ・ブラジルなど)や凶器や火炎殺法を主武器とする人物(ザ・シークなど)、電流爆破などの過激なデスマッチを売りにする人物(大仁田厚など)もおり、幅広く存在するプロレスラーのスタイルのうち、総合格闘技の枠にはまる者はごく一部であるといえる。

2000年代に入り、プロレスラーが総合格闘技のリングに上がるようになる。プロレス最強論の中心だった新日本プロレスからは永田裕志が出場してミルコ・クロコップエメリヤーエンコ・ヒョードルと対戦したが、開始数分で敗れている。しかし、同じプロレス出身の藤田和之桜庭和志らは総合格闘技でも多くの勝利を収めた。特に桜庭は日本人格闘家の誰もが苦渋を舐めたグレイシー一族(ホイラー、ホイス、ヘンゾ、ハイアン)相手に4連勝を重ねるなど、日本総合格闘技人気の発展に大きく貢献した。その他も船木誠勝や柴田勝頼など、多くのプロレスラーが総合格闘技に挑戦している。

なお、猪木の側近として異種格闘技戦を推進した新間寿は、「馬場さんみたいにアメリカのプロレス界に強力なネットワークがあったら異種格闘技戦なんかやる必要なかった」と後年語っている。

プロレスラーの総合格闘技での主な実績[編集]

関連項目[編集]