ハイアン・グレイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハイアン・グレイシー
基本情報
本名 ハイアン・グレイシー
(Ryan Gracie)
通称 グレイシー最凶の喧嘩屋
グレイシー一族の問題児
狂犬
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1974年8月14日
出身地 リオデジャネイロ州リオデジャネイロ
命日 (2007-12-15) 2007年12月15日(満33歳没)
所属 ヘンゾ・グレイシー柔術アカデミー
→ハイアン・グレイシー柔術アカデミー
身長 175cm
体重 84kg
階級 ミドル級PRIDE
バックボーン ブラジリアン柔術
テーマ曲 be alive(小柳ゆき
テンプレートを表示

ハイアン・グレイシーRyan Gracie1974年8月14日 - 2007年12月15日)は、ブラジル男性柔術家総合格闘家リオデジャネイロ州リオデジャネイロ出身。ハイアン・グレイシー柔術アカデミー所属。グレイシー柔術四段。

ブラジリアン柔術創始者カーロス・グレイシーの次男カーロス・ホブソン・グレイシーの四男。兄弟には、同じく総合格闘家の次男ヘンゾ・グレイシーや三男ハウフ・グレイシーがいる。ヒクソン、ホイス、ホイラー・グレイシー兄弟の「従弟」と紹介されることがあるが、実際には「ヒクソン等の従兄弟の子供」である。

人物[編集]

ストイックに柔術へ取り組んでいるイメージの強いグレイシー一族の中にあって、「ピストルで撃たれた」話や「相手の耳をかみちぎった」話、果てはハイアンに恨みを持ったマフィアによってさらわれ、廃車に閉じこめられたまま海に落とされた話など、グレイシー一族の人間とは思えないエピソードに事欠かない。通称「グレイシー最狂の喧嘩屋」。自称ストリートファイト500戦無敗。

ハイアン曰く「我々一族はマフィアと同じ。ファミリーの人間が負ければ必ず借りは倍以上にして返す」とのこと。ホイス・グレイシーDynamite!吉田秀彦との試合で、納得のいかないレフェリーストップ負けになった際、先陣を切って吉田討伐に名乗りを挙げた。事あるごとに吉田を挑発し、PRIDE SPECIAL 男祭り 2003での再戦までその挑発は続いた。

来歴[編集]

5歳からブラジリアン柔術を始めるが、10代の頃は柔術よりも喧嘩に明け暮れていた。

2000年8月28日、総合格闘技デビュー戦となったPRIDE.10石澤常光と対戦し、スタンドパンチ連打でTKO勝ち。

2000年12月23日、PRIDE.12桜庭和志と対戦し、0-3の判定負け。試合直前の21日に練習で右上腕二頭筋腱を損傷し、10分1Rという特別ルールで試合が行われた。

2001年7月29日、PRIDE.15石澤常光と再戦し、膝蹴りでKO負け。パスポートの紛失からやる気をなくして来日を勝手に辞めてしまい、兄・ヘンゾの説得で試合前日に到着した。

2002年9月29日、PRIDE.22大山峻護と対戦し、腕ひしぎ十字固めで右腕肘関節を脱臼骨折させ見込み一本勝ち。試合後には、うずくまる大山に対し罵声を浴びせ、セコンドについていた吉田秀彦を挑発した[1]

2004年12月31日、PRIDE 男祭り 2004安生洋二と対戦。グラウンド状態のポジションを巡ってレフェリーの指示に激怒しレフェリーに手を出すという行為も行っている。この時セコンドについていたヘンゾが「落ち着け!」と何度もなだめていた。試合は続行され、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2005年10月27日、ブラジルの兄弟の家で、銃で誤って自分の足を撃ち、重傷を負った。

2007年12月14日、車の強盗事件で逮捕され、収監される。翌12月15日サンパウロ西部にある91分署の拘置所内にて死亡。逮捕時ハイアンはドラッグの影響でショック状態にあり、精神科医によって不適切に処方された薬により死亡したとされ、医師には有罪判決がくだされている。[2]

逸話[編集]

  • カーウソン・グレイシーの門下生であるヴァリッジ・イズマイウとは犬猿の仲であり、ナイトクラブで大喧嘩をしフロントチョークで絞め落されたこともある。
  • PRIDE.10での入場曲は小柳ゆきの「be alive」であり、その後数回使用した。これはスタッフに「入場曲は何にしますか?」と尋ねられ、「この国(日本)の曲ならなんでも良い」と言ったのを「この県(試合が行われた埼玉県)の」と誤訳したスタッフが「埼玉県出身の歌手」の曲を選んだといわれている。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
7 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
5 2 2 1 0 0 0
2 1 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
安生洋二 1R 8:33 腕ひしぎ十字固め PRIDE 男祭り 2004 -SADAME- 2004年12月31日
美濃輪育久 2R(10分/5分)終了 判定2-1 PRIDE 武士道 -其の参- 2004年5月23日
浜中和宏 1R 7:37 TKO(サッカーボールキック) PRIDE 武士道 2003年10月5日
大山峻護 1R 1:37 腕ひしぎ十字固め PRIDE.22 2002年9月29日
× 石澤常光 1R 4:51 KO(膝蹴り) PRIDE.15 2001年7月29日
× 桜庭和志 10分1R終了 判定0-3 PRIDE.12 2000年12月23日
石澤常光 1R 2:16 TKO(スタンドパンチ連打) PRIDE.10 2000年8月27日

獲得タイトル[編集]

  • ブラジル柔術選手権(ブラジレイロ)黒帯メイオペサード(-85kg)級 優勝(1997年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]