プリティー・レックレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プリティー・レックレス
The Pretty Reckless 04.09.10.jpg
ワープド・ツアーキックオフでパフォーマンスするプリティー・レックレス
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市
ジャンル オルタナティヴ・ロック[1]
オルタナティヴ・メタル
ハードロック[1]
インディー・ロック[1]
活動期間 2008年 - 現在
レーベル インタースコープ・レコード
メンバー テイラー・モンセン
ベン・フィリップス
マーク・ダモン
ジェイミー・パーキンス
旧メンバー ジョン・セコロ
マット・チャレラ
ニック・カルボーネ

プリティー・レックレスThe Pretty Reckless)は、アメリカ合衆国ニューヨークで結成されたオルタナティヴ・ロックバンドである。アメリカの女優・モデルのテイラー・モンセンがボーカル及びリーダー、ギターはベン・フィリップス、ベースはマーク・ダモン、ドラムはジェイミ・パーキンスがそれぞれ担当する。当初は同年代の少年らと「レックレス」として活動していたが、かなり初期の段階で商標問題から「プリティー・レックレス」に改名した[2]

2010年5月13日に発売のデビュー・シングル「メイク・ミー・ワナ・ダイ」が、イギリス・ロック・チャートで1位を獲得し、批評家から肯定的な評価を得た。同年8月31日、アルバム『ライト・ミー・アップ』でメジャーデビューをする。

歴史[編集]

『プリティー・レックレス』と『ライト・ミー・アップ』:2008年 - 現在[編集]

ワードプ・ツアー キックオフにて

2008年10月、モムセンは音楽プロデューサーケイトー・カンドゥワラソングライターベン・フィリップスと会った。後に、楽曲製作に協力してくれていたバンド「フェイマス」のメンバー、ベンとマークとジェイミーを「もう一つバンド作らない?」と引き抜く形で現在のプリティー・レックレスになった。 彼女は、2009年にジョン・セコロマット・チャレラニック・カルボーネとバンドを結成し、上半期にはいくつかのデモをレコーディングした。ザ・ヴェロニカズの北米ツアーに同行していたが、モムセンはメンバーと音楽性の違いを感じたのと新しいバンドを結成することになり、2010年6月4日付けで初期のバンドメンバーを解雇した。初期のバンドと比較して、プリティー・レックレスはよりダークなスタイルである。

2009年、モムセンは雑誌『OK!』のインタビューにおいて、バンドがインタースコープ・レコードを契約し、2010年にアルバムを発表することを明かした。バンドはインタスコープとの契約を発表した後、新たにレコーディングしたデモ曲「ヒー・ラブズ・ユー」「ゾンビ」を彼らのMySpaceに公開した。

モムセンは別のインタビューで、バンドのサウンドについて言及した。それは「人々が期待しそうにないもの」であり、暗くて重いサウンドを特徴とするが、「より軽い、楽しいもの」だと述べた。MTVのインタビューにおいて、バンドビートルズオアシスオーディオスレイヴサウンドガーデンニルヴァーナといったグランジに、モムセン個人はジョーン・ジェットや、デボラ・ハリーカート・コバーンコートニー・ラブシェリー・カーリーに影響を受けているという[3]

2009年12月30日に楽曲「メイク・ミー・ワナ・ダイ」を、インタスコープの彼らの公式ホームページ上で期間限定でファン向けに無料配信され、翌2010年8月に発売されるアルバムへの先行シングルとして、5月17日にデビュー・シングルとして発売された[4]。公開の映画『Kick-Ass』のサウンドトラックとして起用された。この年の4月9日にヴァンズ・ワープド・ツアー、翌月1日にはバンブーズル・ミュージック・フェスティバルに参加した[2][5]

2010年6月22日、アルバムに向けての1枚目のEP『プリティー・レックレス』が発売された。大多数の批評家は歌詞とプロデュースを称賛したが、音楽雑誌『ローリング・ストーン』はサウンドを「ジェネリック」[6]と分類した。EPに収録された「メイク・ミー・ワナ・ダイ」「ゾンビ」「マイ・メディシン」「ゴーイン・ダウン」はデビューアルバムにも収録されている。最初のシングル「メイク・ミー・ワナ・ダイ」は2010年5月17日に発売され、イギリス・ロック・チャートで6週間連続1位を獲得した。バンドはMySpaceで、デビュー・アルバムの題名が『ライト・ミー・アップ』に決定した事とアルバムに収録される楽曲名を公開した。アルバムはカンドゥワラがプロデュースし、全ての楽曲はフィリップスが手がける。アルバムは2010年8月30日にイギリス、翌31日に全世界で発売される。

2010年8月9日、デジタル・スパイが2枚目のシングルとして「ミス・ナッシング」が発表されると公表した。それは同年7月22日にイギリスのラジオ局BBCラジオ1で排他的に放送された。バンドはヴァンズ・ワープド・ツアーのパフォーマンスの後、それが次のイギリスのシングルとして発売されることを明かした。同年7月22日、VEVOで同曲のミュージックビデオが初公開された。

1stアルバムとLPのMiss nothing ツアーを2011年、2ndアルバムを引っ提げてのGoing To Hell ツアーを2014年から行った。

2014年、音楽性の違いにより、[]インタースコープ・レコード]]から、タイ&バーレル・レコードに移籍。それにともない、日本のレコード会社もビクターエンターテインメントに移籍。自主レーベルGoin' Down inc.を設立。2014年3月12日、セカンドアルバムGoing To Hell をリリース。iTunes限定で、Only Youをリリース。

2014年ゴールデン・ゴッズ・アワードで三曲を演奏し、モムセンが女性ロッカーのジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツとZZ Topのギタリスト、ビリー・ギボンズと共演。

2014年9月ビクターからのニュース。最新シングルMessed Up Worldが全米ロック・ラジオ・チャートで見事1位にランクイン。前シングルHeaven Knowsも同チャートで1位 を獲得したためこれが全米チャート二曲目のナンバーワン。長いアメリカの音楽史において、「女性ボーカルを擁し、全米ロック・ラジオ・チャートに二曲送り込んだロック・バンド」は、80年代から活躍し続け、2005年にロックの殿堂入りを果たした伝説的バンドプリテンダーズのみ。つまり、今回の首位獲得は、アメリカ音楽史上二組目の快挙という歴史的偉業。

2015年、2月14日から3月15日までニッケルバックのツアーにサポート入りする。海外ファンからはかなりの不評。4月から6月はHalestormに、5月はRock in Rioのサポートを務める。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US AUS CAN FRA IRE JPN NZ UK
2010 Light Me Up 65 71 57 167 18 48 6
  • UK: シルバー
2014 Going to Hell
  • 発売日: 2014年3月12日
  • レーベル: Razor & Tie
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 11万枚
5 20 5 46 45 50 19 8
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

EP[編集]

アルバム
2010年 プリティー・レックレス
  • 発売日:2010年6月22日[7]
  • レーベル:インタースコープ
  • 規格:CD

シングル[編集]

作品名 最高順位 収録アルバム
US
UK UK
ROCK
AUS
[8]
2010年 メイク・ミー・ワナ・ダイ 4[a] 16 1 79 ライト・ミー・アップ
ミス・ナッシング 39
ジャスト・トゥナイト 15

a  Hot Singles Sales chartのみチャート入り[9]

ミュージック・ビデオ[編集]

題名 監督
2010年 メイク・ミー・ワナ・ダイ メイアート・エイヴィス
ミス・ナッシング
ジャスト・トゥナイト

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]