シェリー・カーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シェリー・カーリー
Cherie Currie
Cherie Currie.jpg
基本情報
生誕 (1959-11-30) 1959年11月30日(57歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスエンシーノ
ジャンル パンク・ロックハードロックロックンロール
職業 シンガーソングライター音楽家女優美術家
担当楽器 ボーカルピアノギター
活動期間 1975年 -
共同作業者 ザ・ランナウェイズ
公式サイト cheriecurrie.com/

シェリー・カーリー(Cherie Currie、1959年11月30日 - )は、アメリカ合衆国歌手ミュージシャン女優。カーリーは1970年代半ばから後半まで活躍した、ロサンゼルスハードロックバンド、ザ・ランナウェイズのリード・ボーカリストであった。

日本語では、チェリー・カーリーとも表記される[1][2]

来歴[編集]

カーリーはロサンゼルスエンシーノのサンフェルナンド・バレーの町で育った。彼女は伝説的なガールズロックバンド、ザ・ランナウェイズの10代のリード・ボーカリストとして、メンバーのジョーン・ジェットリタ・フォードサンディ・ウェストジャッキー・フォックスと共に活動。

カーリーは1975年、16歳になる前にランナウェイズに加わった。「チェリー・ボム」はオーディションで彼女のために書かれた。

ランナウェイズとして『悩殺爆弾~禁断のロックンロール・クイーン』(The Runaways)、『クイーン・オブ・ノイズ』(Queens of Noise)、『ライヴ・イン・ジャパン』(Live in Japan) と3枚のアルバムをリリースした後グループを脱退。カーリーは2枚のソロアルバム、ポリグラムから『Beauty's Only Skin Deep』、キャピトル・レコードから双子の姉妹マリー・カーリーと共演した『Messin' With The Boys』を出している。

その後女優としても活動し、ジョディ・フォスターと共演した『フォクシー・レディ』やデミ・ムーアと共演した『悪魔の寄生虫・パラサイト』(Parasite: 1982年)、 ロバート・キャラダインと共演した『SFザ・ウェーブ/地球外生物からのSOS!』(Wavelength: 1983年)、『トワイライトゾーン/超次元の体験』(Twilight Zone: The Movie: 1983年)、『スパイナル・タップ』(This Is Spinal Tap: 1984年) などに出演。また、多くのテレビドラマにもゲスト出演している。

カーリーは自叙伝『Neon Angel: The Cherie Currie Story』の共著者である[3]。本には苦難の連続であったカリフォルニアで育った1970年代、薬物・アルコールとの闘い、ランナウェイズ時代についてが書かれている。またダコタ・ファニングがカーリーを演じ、クリステン・スチュワートジョーン・ジェットを演じる[4]、2010年公開の映画『ランナウェイズ』の土台にもなっている[5]

カーリーはキャリー・ボルツィロ=ヴレナ (Carrie Borzillo-Vrenna) の2008年の著書『Cherry Bomb: The Ultimate Guide to Becoming a Better Flirt, a Tougher Chick, and a Hotter Girlfriend--and to Living Life Like a Rock Star』(ISBN 978-1416961161) に寄与している[6]

私生活[編集]

カーリーは1990年に俳優のロバート・ヘイズと結婚し1人息子も授かったが、1997年に離婚している[7]

女優のマリー・ハーモン (Marie Harmon) は実母、主にテレビで活躍している女優のソンドラ・カーリー (Sondra Currie) は実姉、ソンドラの夫は映画監督のアラン・J・レヴィ (Alan J. Levi) である。

脚注[編集]

  1. ^ 北澤孝; 共同通信 (2009年5月6日). “チェリー・カーリーの下着コスチュームにはみんな悩殺されました ザ・ランナウェイズ 『チェリー・ボム』”. 琉球新報. http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-144199-storytopic-137.html 2014年11月10日閲覧。 
  2. ^ 町山智浩 (2010年3月24日). “やじうまUSAウォッチ ダコタ・ファニングが家出娘の悩殺爆弾 蘇るランナウェイズ”. Newsweek日本語版. 2014年11月10日閲覧。
  3. ^ Cherie Currie; Neal Shusterman (1989-8-23) (英語). Neon Angel: The Cherie Currie Story. PSS Adult. ISBN 978-0843123487. 
  4. ^ Michael Fleming (2009年3月4日). “Dakota Fanning fronts 'Runaways'” (英語). Variety.com. 2009年8月16日閲覧。
  5. ^ Michael Fleming (2007年4月17日). “Runaways head to the bigscreen” (英語). Variety.com. 2009年8月16日閲覧。
  6. ^ who says coolness can’t be taught?” (英語). Skope Magazine.com (2008年5月7日). 2009年8月16日閲覧。
  7. ^ Biography for Cherie Currie” (英語). Internet Movie Database. 2009年8月16日閲覧。

外部リンク[編集]