ブルゴーニュ家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ブルゴーニュ家
House of Burgundy
公爵
Old Arms of the Dukes of Burgundy.svg
ブルゴーニュ公国
主家 カペー朝
創設 1032年
家祖 ロベール1世
最後の当主 フィリップ1世
現当主 断絶
滅亡 1361年(公爵家)
1383年(ポルトガル家)
分家

ポルトガル・ブルゴーニュ家

ブルゴーニュ家:maison de Bourgogne)は、フランス王家であるカペー家の支流の一つで、11世紀から14世紀にかけてのブルゴーニュ公の家系。カペー系ブルゴーニュ家(maison capétienne de Bourgogne)、第一ブルゴーニュ家とも呼ばれる。この家系からはポルトガルブルゴーニュ(ボルゴーニャ)朝も出ている。14世紀から15世紀にかけてブルゴーニュ公国を統治したヴァロワ=ブルゴーニュ家や、10世紀から12世紀にかけてのブルゴーニュ伯の家系であるイヴレーア家(この家系からはカスティーリャレオンブルゴーニュ(ボルゴーニャ)朝も出ている)とは直接につながりがあるわけではないので注意を要する(ただし、いずれも女系を通じてのつながりはある)。

概要[編集]

カペー家フランス王ロベール2世の三男ブルゴーニュ公ロベール1世から始まる家系である。1032年から1361年までブルゴーニュ公領を支配し、分家はポルトガル王家(ボルゴーニャ朝)となった。

同家の最後の成員はブルゴーニュ公フィリップ1世であり、1349年に祖父よりブルゴーニュ公位を継承した。1361年に子女なくフィリップ1世は死去し、ブルゴーニュ公領はフランス王家に戻された。その2年後、フランス王ジャン2世の四男フィリップ2世がブルゴーニュ公とされ、第二ブルゴーニュ家(ヴァロワ=ブルゴーニュ家)の始祖となった[1]>。

系図[編集]

参考文献[2][3]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユーグ・カペー
フランス王
 
オトン
ブルゴーニュ公
 
ウード=アンリ
ブルゴーニュ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベール2世
フランス王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンリ1世
フランス王
 
ロベール1世
ブルゴーニュ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カペー朝
フランス王家
 
アンリ
 
コンスタンス
カスティーリャ王妃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルフォンソ6世
カスティーリャ王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユーグ1世
ブルゴーニュ公
 
ウード1世
ブルゴーニュ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンリケ
ポルトゥカーレ伯
 
(庶子)
テレサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユーグ2世
ブルゴーニュ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボルゴーニャ朝
アフォンソ1世
ポルトガル王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウード2世
ブルゴーニュ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テレサ
 
サンシュ1世
ポルトガル王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユーグ3世
ブルゴーニュ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アフォンソ2世
ポルトガル王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウード3世
ブルゴーニュ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サンシュ2世
ポルトガル王
 
アフォンソ3世
ポルトガル王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ユーグ4世
ブルゴーニュ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディニス1世
ポルトガル王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウード
ヌヴェール伯
 
ロベール2世
ブルゴーニュ公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アフォンソ4世
ポルトガル王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マルグリット
シチリア王妃
 
ヨランド
フランドル伯妃
 
ユーグ5世
ブルゴーニュ公
 
ブランシュ
サヴォイア伯妃
 
マルグリット
フランス王妃
 
ジャンヌ
フランス王妃
 
ウード4世
ブルゴーニュ公
 
ペドロ1世
ポルトガル王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ
オーヴェルニュ伯
 
フェルナンド1世
ポルトガル王
 
(庶子)
ジョアン1世
ポルトガル王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィリップ2世
ブルゴーニュ公
 
マルグリット3世
フランドル女伯
 
フィリップ1世
ブルゴーニュ公
 
ベアトリス
ポルトガル女王
 
アヴィス朝
ポルトガル王家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴァロワ=ブルゴーニュ家
 

脚注[編集]

  1. ^ Villalon & Kagay 2008, p. 27.
  2. ^ 下津 1982 pp. 232, 299
  3. ^ Louda & Maclagan 1981, pp. 148, 230.

参考文献[編集]

  • Villalon, Andrew; Kagay, Donald (2008) (英語). The Hundred Years War (Part II): Different Vistas. BRILL. p. 27. ISBN 9789047442837. https://books.google.com/books?id=4O55DwAAQBAJ&q=Philip+I,+Duke+of+Burgundy+%091349+-+1361 
  • 下津清太郎 『世界帝王系図集 増補版』近藤出版社、1982年。 
  • Louda, Jiří; Maclagan, Michael (1981). Lines of Succession. Little, Brown & Company 

関連項目[編集]