ユーグ1世 (ブルゴーニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ユーグ1世フランス語Hugues Ier, 1057年 - 1093年8月29日)は、ブルゴーニュ公(在位:1076年 - 1079年)。ロベール1世の孫。

1076年、若死した父アンリに代わって祖父からブルゴーニュ公国を相続した。しかしユーグ1世はすぐに弟ウードに公位を譲り、自らはベネディクト会クリュニー修道院の修道院長となった。彼はシビーユ・ド・ヌヴェールと結婚したが、子孫は知られていない。

先代:
ロベール1世
ブルゴーニュ公
1076年 - 1079年
次代:
ウード1世