コンスタンサ・デ・ボルゴーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コンスタンサ・デ・ボルゴーニャ
Constanza de Borgoña
カスティーリャ王妃
Constança de Borgonha.jpg
出生 1046年
死去 1093年
配偶者 カスティーリャアルフォンソ6世
子女 ウラカ
エルビラ
父親 ブルゴーニュ公ロベール1世
母親 エリー・ド・スミュール
宗教 ローマ・カトリック
テンプレートを表示

コンスタンサ・デ・ボルゴーニャConstanza de Borgoña, 1046年頃 - 1093年頃)は、カスティーリャアルフォンソ6世の2番目の王妃。父はブルゴーニュ公ロベール1世、母はエリー・ド・スミュール。フランス語名はコンスタンスConstance)。アルフォンソ6世の庶子テレサと結婚したポルトゥカーレ伯エンリケポルトガル王家の祖)は甥に当たる。

1079年にアルフォンソ6世と結婚し、2女をもうけた。

  • ウラカ(1079年 - 1126年) - カスティーリャ女王
  • エルビラ(夭逝)