ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー
サム・クックシングル
B面 パーティを開こう
リリース
録音 1962年4月26日
作詞・作曲 サム・クック
プロデュース ヒューゴ・ペレッティルイジ・クレアトーレ
サム・クック シングル 年表
ツイストで踊りあかそう
(1962年)
ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー
(1962年)
ナッシング・キャン・チェンジ・ジス・ラヴ
(1962年)
テンプレートを表示

ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー」(Bring It On Home to Me) は、1962年にR&B歌手のサム・クックが制作、録音した楽曲である。この曲はクックの単なるヒット曲にとどまらず、異なるジャンルの多数のアーティストによってカバーされるポップ・スタンダードとなった。ロックの殿堂のロックン・ロールの歴史500曲(500 Songs that Shaped Rock and Roll)」の1曲にも選出されている[1]

オリジナル[編集]

「ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー」とその裏面の「パーティを開こう」(Having a Party) は、1962年5月にアメリカ合衆国で発売された。先に「パーティを開こう」がチャートに登場し、1962年の夏に17位を記録した[2]。その後、「ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー」がチャートに登場し、同じ夏に13位を記録した[2]。なお、ルー・ロウルズが両方の曲のバックボーカルとして参加している。

カバー[編集]

ブリング・イット・オン・ホーム・トゥ・ミー(悲しき叫び)
アニマルズシングル
初出アルバム『アニマル・トラックス』
B面 フォー・ミス・コウカー
リリース
録音 1965年3月
ジャンル ロックブルースポップスソウル
時間
作詞・作曲 サム・クック
プロデュース ミッキー・モスト
アニマルズ シングル 年表
悲しき願い
(1965年)
Bring It On Home To Me
(1965年)
朝日のない街
(1965年)
テンプレートを表示

チャート・パフォーマンス[編集]

サム・クックのバージョン[編集]

チャート 順位
1962 ブラック・シングルチャート[2] #2
1962 ポップ・シングルチャート[2] #13

アニマルズのバージョン[編集]

チャート 順位
1965 ポップ・シングルチャート[3] #32
1965 全英シングルチャート[24] #7
1965 カナダ #7
1965 オランダ #3
1965 スウェーデン #1

エディ・フロイドのバージョン[編集]

チャート 順位
1968 ブラック・シングルチャート[4] #4
1968 ポップ・シングルチャート[4] #17
1968 カナダ #24

ルー・ロウルズのバージョン[編集]

チャート 順位
1970 ブラック・シングルチャート[5] #45
1970 ポップ・シングルチャート[5] #96

ミッキー・ギリーのバージョン[編集]

チャート(1976年) 最高位
アメリカ合衆国ビルボード・ホットカントリー・シングルス[25] 1
アメリカ合衆国ビルボード・バブリング・アンダー・ホット100 1
カナダ RPM カントリー・トラックス 1

脚注[編集]

  1. ^ 500 Songs That Shaped Rock”. 2012年6月8日閲覧。
  2. ^ a b c d Sum Cooke - Awards”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  3. ^ a b The Animals - Award”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  4. ^ a b c Eddie Floyd - Award”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  5. ^ a b c Lou Rewls - Award”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  6. ^ Chart Archive - Rod Stewart - Farewell/Bring It On Home To Me/You Send Me”. 2012年6月8日閲覧。
  7. ^ Smiler - Rod Stewart”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  8. ^ I'm in Love - Wilson Picket”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  9. ^ Soul '69 - Aretha Franklin”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  10. ^ AMG: Van Morrison Discography: It's Too Late To Stop Now
  11. ^ Heylin, Can You Feel the Silence?, p.265
  12. ^ Whitburn, Joel (2004). The Billboard Book Of Top 40 Country Hits: 1944-2006, Second edition. Record Research. p. 136. 
  13. ^ Choba B CCCP - Paul McCartney”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  14. ^ Givin' It Up - Al Jarreau, George Benson”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  15. ^ Rock 'n' Roll - John Lennon”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  16. ^ Steve Perry Rockline Interview; May 19, 1999
  17. ^ 柳ジョージ&レイニーウッド / ロードショウ”. CDJournal.com. 2012年6月9日閲覧。
  18. ^ Thank Heavens for Dale Evans - Dixie Chicks”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  19. ^ Timeless: The Classics - Michael Bolton”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  20. ^ トータス松本 / トラベラー”. CDJournal.com. 2012年6月9日閲覧。
  21. ^ Brother To The Blues - Tab Benoit”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  22. ^ Picture of You - Ben Mills”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  23. ^ Bridging the Distance - Various Artists”. AllMusic. 2012年6月8日閲覧。
  24. ^ Chart Archive - The Animals - Bring It On Home To Me/You Send Me”. 2012年6月9日閲覧。
  25. ^ Mickey Gilley - Award”. AllMusic. 2012年6月9日閲覧。

参考文献[編集]

  • Heylin, Clinton (2003). Can You Feel the Silence? Van Morrison: A New Biography, Chicago Review Press ISBN 1-55652-542-7