フランス鉄道線路事業公社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Réseau Ferré de France
企業形態 国有企業
業種 Infrastructure & Tracks Proprietor, State Administrator
設立 1997-2014
本部 フランス92, avenue de France
75013 パリ
事業地域 フランス
株主 Ministère du Transport
ウェブサイト www.rff.fr
http://www.sncf-reseau.fr/fr
テンプレートを表示

フランス鉄道線路事業公社(Réseau Ferré de France,以下RFF)は、フランス国鉄の路線網を所有しメンテナンスを行う公的企業(商工業的公施設法人=EPIC)である。列車の運行はフランス国鉄が行っているが、欧州連合の規定によってそれまで列車の運行とインフラの管理両方の事業を行っていた物を1997年上下分離された。 RFFはフランス国鉄のインフラ資産で構成され、負債はフランス国鉄からRFFに移された。現在では、RFFは主に負債借り替えに集中した財政構造となっており、その契約上の大部分はフランス国鉄に委任している。

その後、TGV路線拡大前提の建設計画で債務が増大したことや、RFFがダイヤ編成権を掌握していることに対してSNCFが不満を増していたことから、運輸省と国会を通じて再統合を目指す組織改革法案が下院で可決され、2015年1月1日をもって、SNCF傘下のインフラ保有部門SNCF Réseauとして再出発することとなった。[1]

脚注[編集]

  1. ^ (一般財団法人 運輸調査局)フランス鉄道における組織改革の動向