ピクロスDS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピクロス (ゲームソフト) > ピクロスDS
ピクロスDS
ジャンル パズルゲーム
対応機種 ニンテンドーDS
開発元 ジュピター
発売元 任天堂
人数 1〜5人
メディア DSカード
発売日 日本の旗 2007年1月25日
欧州連合の旗 2007年5月11日
オーストラリアの旗 2007年6月7日
アメリカ合衆国の旗 2007年7月30日
対象年齢 CERO:A(全年齢)
ESRB:E
PEGI:3+
売上本数 約30万本
その他 ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
DS振動カートリッジ対応
Touch! Generations
テンプレートを表示

ピクロスDS』は任天堂から2007年1月25日に発売されたニンテンドーDSパズルゲーム

ピクロスシリーズ初のニンテンドーDS対応。タッチペンで本来のペンシルパズルお絵かきロジック)により近い操作ができ、また通信対戦、問題の作成・ダウンロード等DSならではの遊び方に特化した様々なモードがある。300問以上収録。

マリオ等が登場したこれまでのシリーズに比べてキャラクター色は抑えられ、万人向けのシンプルな画面になっている。その代わり、終盤のおまけ問題では『スーパーマリオブラザーズ』のBGMに乗せてマリオシリーズのキャラを描く問題が出題される。

ステージ[編集]

ピクロス
通常ルールの問題。ノーマル、フリーは各レベル毎に異なるデザインになっている。
イージー
初心者向け問題。
ノーマル
中級者向け問題。間違った所を塗るとミスとなり、間違えた箇所のマスを塗りつぶしてくれる代わりにペナルティとして時間が加算される。60分を超えるとタイムオーバーとなり、ゲーム自体は継続するが完成した時のアニメーションは見られない。
フリー
上級者向け問題。間違った所を塗ってもミスにはならず、また間違えた箇所のマスの塗りつぶしもされない。制限時間やタイムオーバーはなく、正しいマスをすべて塗りつぶすまで続く。
タッチゲーム
パネルを消す、見本の絵を描き写す等のミニゲーム。ノーマル 、フリーの各レベルに3問ずつ設置。
今日のピクロス
「連続早解き」「×なし」「間違い探し」「記憶」「シークレット」といった特殊ルールの問題にチャレンジする。成績は1日1回のみ記録される。
マイピクロス
エディット
オリジナルの問題を作成できる。
クラシック
ニンテンドーWi-Fiコネクションを通じてダウンロードした過去シリーズの「クラシック問題」が遊べる。
ワイヤレス通信
ピクロスマルチ
最大5人まで対戦できる。「文字列ピクロス」「お絵かきピクロス」「マルチ対戦」 のモードがある。
問題交換
クラシック問題、エディット問題の送受信。
お試し版配信
ソフトのない本体へ配信。
Wi-Fi通信
対戦ピクロス
Wi-Fiコネクションを通じた1対1の早解き対戦。
コミュニティ
クラシック問題のダウンロード、エディット問題の送受信。

外部リンク[編集]