ビッグクラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ビッグクラブ(英語:big club)とは、参加するコンペティションや選手の移籍市場において大きな影響力を持つスポーツクラブを指す用語。ビッグクラブと呼ばれる人気、実力、実績、長い歴史、健全で豊かな財務基盤などを兼ね備えていることが殆どである。

サッカーの世界で特によく使われる言葉であるため、本項目ではサッカーの世界における使用について以下で詳述することとする。

サッカーの世界におけるビッグクラブ[編集]

サッカーの世界で使用されるビッグクラブという言葉には、一応の定義を与えることが可能である。一般的には、クラブの歴史や伝統の長さ、選手の移籍市場における交渉力、タイトルを獲得した回数の多さ、安定的な経営に不可欠なチケットやグッズの販売による収益の規模、収益の基盤となる人気や知名度といった条件を満たすクラブを指すとされる[1]。しかし、これらの要素の評価は相対的な評価の域を出ず、ビッグクラブの語を用いる個人の価値判断を排除することは困難である。

また、ビッグクラブの語は同一リーグ内の強豪を指す場合から世界的な実力を持つ強豪を指す場合にまで幅広く使用されるため、ビッグクラブの語の運用や解釈においては、クラブを評価するコンペティションの種類や、比較対象となるクラブの範囲に注意すべきである。

ヨーロッパサッカーにおけるビッグクラブ[編集]

ヨーロッパサッカーの世界においては、ジャーナリズムや選手のインタビューなどでビッグクラブという言葉がしばしば用いられる。

例えば、2015年の夏にアンヘル・ディ・マリアマンチェスター・ユナイテッドFCからパリ・サンジェルマンFCに移籍した際、同クラブ所属のチアゴ・シウバは「パリ・サンジェルマンもビッグクラブの一つだと認識してもらう必要がある。自分達は昨季、イングランドのチームよりもヨーロッパで良い成績を残した。」と語った[2]。また2015年10月にノリッジ・シティFCマンチェスター・シティFCが敗れた際、同クラブ所属のヤヤ・トゥーレは「僕たち(=マンチェスター・シティ)は、ビッグクラブになるためには(ビッグイヤーという)重要なトロフィーを獲得してヨーロッパの舞台で存在感を見せつけなくてはならないと分かっているし、それが出来れば偉大なクラブになれるだろうね。」とコメントしている[3]。また、マンチェスター・ユナイテッドのOBであるガリー・ネヴィル2015年末にバレンシアCFの監督に就任した際には、「ガリー・ネヴィルがビッグクラブの監督に就任した」との報道[4][5]が見られた。

旧G-14の加盟クラブとビッグクラブ[編集]

ヨーロッパサッカー連盟の主要各国に在籍するクラブのうち、旧G-14に属していたクラブを中心とした一定のクラブがビッグクラブの代表格に挙げられることもある。しかし現在[6]では、レアル・マドリードCFFCバルセロナバイエルン・ミュンヘンマンチェスター・ユナイテッドFCといった、旧G-14の時代から一定の成績と人気、経営基盤を維持してきたためにビッグクラブの例として常に引き合いに出される幾つかのチームを除けば、ビッグクラブとそうでないクラブの境界は曖昧であり、G-14を基準としてビッグクラブであるかどうかを判断すること自体の妥当性が問われる状況が出てきている。

例えばイングランドのクラブを例に取ると、リヴァプールFCはG-14のメンバーでUEFAチャンピオンズリーグ(旧チャンピオンズカップ)優勝5回、トップリーグ優勝18回、FAカップ優勝7回の実績を誇るものの、20年以上もトップリーグ優勝を果たせておらず、近年はチャンピオンズリーグへの出場すら叶わない状況である。

日本のサッカーにおけるビッグクラブ[編集]

ビッグクラブの不在[編集]

日本では日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)発足後、何れもJリーグ ディビジョン1(J1リーグ)に所属する、浦和レッドダイヤモンズ鹿島アントラーズガンバ大阪、あるいはJリーグ黎明期、さらにさかのぼれば日本サッカーリーグ時代の名門、柏レイソル日立製作所サッカー部)、ヴェルディ川崎読売サッカークラブ)がビッグクラブに相当するといわれているが、2000年代に入って以後、優勝チームが目まぐるしく変わる状況が生じたため、ビッグクラブの呼称に相応しいクラブが存在しないといわれている[7]

日本におけるビッグクラブ肯定論と否定論[編集]

ビッグクラブの存在については、「積極的にビッグクラブを育成するべきである」という肯定論と「ビッグクラブは不要」とする否定論があり、識者の間でも度々論争の種となっている。

サッカー評論家・福田正博は、「資金力でJクラブと、他のアジアのクラブとで大きな差がある」として、中国スーパーリーグタイ・プレミアリーグなどのアジア大陸東南アジア中近東のクラブで豊富な資金や財源を活かして主力級選手を世界各地から獲得していることを上げており、「Jリーグがアジアで存在感を示せず、下に見られてしまうのは決していいことではない。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でJのクラブが勝てないのではなく、見方を変えれば、Jリーグに強いクラブがないことの証左である」と警告している[8]

そのうえで「Jクラブが常にACLで優勝争いをし、クラブワールドカップ出場を目指すというのであれば、もっと資金力や競争力をつけないといけない。ACLで中国スーパーリーグ、Kリーグクラシック、中東各国のリーグのクラブと互角以上に渡り合い、かつクラブW杯でヨーロッパ南米のクラブと肉薄するためには、Jリーグで中心になるビッグクラブの存在が必要である」としている[9]

一方で「ビッグクラブが存在する環境では、国内リーグの優勝争いが事実上ビッグクラブに限定されてしまい、それ以外のクラブのサポーターが不満を抱えるほか、リーグ全体としても面白さを殺ぐ」として、極力ビッグクラブが存在しないようにすることが望ましいとする「ビッグクラブ不要論」も存在する[10]。このような不要論が出る理由としては、特定のビッグクラブの突出を比較的許容する欧州型のスポーツに対し、米国ではクラブ間の戦力が極力均衡するような各種制度(ドラフト会議サラリーキャップなど)が運用されるプロリーグが多く、日本においては欧州型・米国型両方のスポーツ文化が混在していることが背景にあるとの指摘がある[10]

またJリーグ百年構想の掲げる「地域密着」という理念を重視する立場からは「ビッグクラブの存在を否定はしないが、特定のスポンサー・企業色の強いビッグクラブ(例:Jリーグ発足当初のヴェルディ川崎)は不要である」として、ビッグクラブの成立に条件をつける意見もある[11]

脚注[編集]

  1. ^ THE PAGE「Jリーグにビッグクラブは必要か」(P1) - THE PAGE・2013年5月13日
  2. ^ Man United fans slam Thiago Silva for claiming Angel Di Maria is joining a bigger club
  3. ^ [1] -Daily Star
  4. ^ [2] -BBC
  5. ^ [3] -Daily Mirror
  6. ^ 2016年1月
  7. ^ THE PAGE「Jリーグにビッグクラブは必要か」(P2) - THE PAGE・2013年5月13日
  8. ^ スポルディーバ・福田正博のフォーメーション進化論・「Jリーグにビッグクラブが存在することの功罪を考える」(P1)
  9. ^ スポルディーバ・福田正博のフォーメーション進化論・「Jリーグにビッグクラブが存在することの功罪を考える」(P2)
  10. ^ a b 今季も無敗、なでしこリーグのINAC神戸 強すぎる「ビッグクラブ」は必要?不要? - DIAMOND Online・2013年5月28日
  11. ^ Jリーグにビッグクラブは必要か(P3) - THE PAGE・2013年5月13日

関連項目[編集]