ヒロハフサマメノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒロハフサマメノキ
Parkia biglobosa Burkina.jpg
ヒロハフサマメノキ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : ネムノキ亜科 Mimosoideae
: フサマメノキ属 Parkia
: ヒロハフサマメノキ
P. biglobosa
学名
Parkia biglobosa (Jacq.) G.Don
和名
ヒロハフサマメノキ
英名
Néré

ヒロハフサマメノキ (Parkia biglobosa (Jacq.) G.Don) は、マメ科ネムノキ亜科[1]の植物。おもにアフリカセネガルからスーダンにかけてのサバンナ地帯に分布しており[2]、また南米西インド諸島でも栽培されている。アフリカイナゴマメ(African locust bean)とも呼ばれるが、イナゴマメキャロブ)とは亜科のレベルで異なる植物である。

名称[編集]

Parkia biglobosa にヒロハフサマメノキの和名をあてた文献としては堀田・新田 (1989) や森ら (1997) があるが、平井 (2005:511) はヒロハフサマメノキの和名は同属の別種でアジア産の P. sumatrana Miq. にあてた方が良いとの見解を示しており、さらに Corner & Watanabe (1969) がヒロハフサマメノキの和名を与えたのはここまで挙げられた2種のいずれとも別種である P. biglandulosa Wight & Arn. である。また、P. filicoidea Oliv. とは近縁種であり非常に混同されやすく、この種も African locust bean の英名を持ち[3]、日本でも P. filicoidea がヒロハフサマメノキであるとする文献が存在する[4]熱帯植物研究会 (1996) は P. filicoidea に「ニシアフリカイナゴマメ」という仮称を与えている。

特徴[編集]

樹高10-20m、幹径1.6mに達する落葉性樹木。葉は2回偶数羽状複葉で20-40cm。果実は細長い豆果

利用[編集]

西アフリカでは種子を発酵させたものが調味料として広く利用されており、地域によりスンバラ、ネテトゥ(ウォロフ語: netetu[5])などと呼ばれている。また種子を包む黄色のパルプ部分は糖分が多く、おやつとして好んで食される[6]

ギャラリー[編集]

諸言語における名称[編集]

セネガル:

ブルキナファソ:

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ クロンキスト体系ではネムノキ科とする。
  2. ^ 平井 (2005:511).
  3. ^ a b https://www.feedipedia.org/node/268 Feedipedia 2018年6月29日閲覧
  4. ^ 吉田 (2000:79).
  5. ^ Diouf (2003:249).
  6. ^ a b c 川田 (1991:38).
  7. ^ Diouf (2003:248).
  8. ^ Niggli (2016a).
  9. ^ Niggli (2016b).

参考文献[編集]

英語および日本語:

  • E.J.H. Corner、渡辺清彦『図説熱帯植物集成』廣川書店、1969年、292頁。

日本語:

  • 川田, 順造『サバンナの博物誌』ちくま文庫、1991年5月28日。
  • 『熱帯植物要覧』熱帯植物研究会、養賢堂、1996年、第4版、191頁。ISBN 4-924395-03-X
  • 平井, 信二「内外樹木のいろいろ (155) フサマメノキ属の樹木 (その3)」『木材工業』第60巻第10号、2005年、 511-4頁。
  • 堀田満、新田あや「Parkia R. Br.」 堀田満 ほか編『世界有用植物事典』平凡社、1989年、776-7頁。4-582-11505-5
  • 森徳典 ほか編『熱帯樹種の造林特性 第3巻』熱帯林造成技術テキスト no. 8、国際緑化推進センター、1997年。ISSN 1341-559X NCID BN15093011
  • 吉田, よし子『マメな豆の話』平凡社、2000年4月20日、初版。

フランス語:

関連項目[編集]