バタヴィア共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バタヴィア共和国
Bataafse Republiek  (オランダ語)
ネーデルラント連邦共和国 1795年 - 1806年 ホラント王国
バタヴィア共和国の国旗 バタヴィア共和国の国章
国旗(国章)
国の標語: Liberté, Égalité, Fraternité(フランス語)
自由、平等、友愛
国歌: La Marseillaise(フランス語)
ラ・マルセイエーズ
バタヴィア共和国の位置
1801年のバタヴィア共和国
公用語 オランダ語フランス語
首都 ハーグ
行政
1795年 - 1795年 革命政府
1795年 - 1796年州総督
1796年 - 1798年国民会議
1798年 - 1801年行政府
1801年 - 1805年州議会
1805年 - 1806年ルトガー・ヤン・シンメルペニンク英語版
人口
1795年1,883,009[1]
1806年2,178,000[2]
変遷
バタヴィア革命 1795年1月19日
ハーグ条約1795年5月16日
ホラント王国1806年6月5日
通貨ギルダー
現在オランダの旗 オランダ
ベルギーの旗 ベルギー
ドイツの旗 ドイツ

バタヴィア共和国バターフ共和国(バタヴィアきょうわこく、オランダ語: Bataafse Republiekフランス語: République batave)は、1795年から1806年まで現在のオランダに存在したフランスの衛星国ネーデルラント連邦共和国の崩壊後に成立した。1806年ルイ・ボナパルトを国王とするホラント王国へと移行した。

国名は、古代ローマ時代にネーデルラント北部、現在の南ホラント州一帯に定住していたゲルマン系のバターウィー族に由来する。オランダ人の民主派勢力である愛国者(パトリオッテン)派は、1787年に一時フランスなどに亡命していたが、彼らはオランダ(ネーデルラント)人ではなくバターフェン(バターフ人、バタヴィア人)と名乗っており、帰国して実権を握った際にこれを国名とした。

1798年3月に憲法が採択され、5月に発効した。それまでのネーデルラント7州における自治は大きく制限され、8県に再編された。

  • アムステル県 (Departement van de Amstel)
  • デルフ県 (Departement van de Delf)
  • ドンメル県 (Departement van de Dommel)
  • エームス県 (Departement van de Eems)
  • アウデ・エイセル県 (Departement van de Oude IJssel)
  • レイン県 (Departement van de Rijn)
  • スヘルデ・エン・マース県 (Departement van de Schelde en Maas)
  • テセル県 (Departement van Texel)

立法府二院制をとり、行政府は5人の長官によって運営された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Volkstelling in de Nederlandsche Republiek, uitgegeven op last der commissie tot het ontwerpen van een plan van constitutie voor het volk van Nederland”. 2016年9月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月1日閲覧。
  2. ^ The Netherlands: country population Archived 26 December 2011 at the Wayback Machine., Jan Lahmeyer. Retrieved on 28 September 2013.

参考文献[編集]

  • 森田安一編 『新版世界の歴史14 スイス・ベネルクス史』 山川出版社、1998年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]