ハンガリーの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンガリーの国章
Coat of Arms of Hungary.svg
詳細
使用者 ハンガリー
採用 1990年7月3日
左:3つの丘の上の王冠と二重十字架、右:赤と銀(アールパード朝)のストライプ
サポーター なし
その他 聖イシュトヴァーンの王冠
使用 紙幣、政府の建物、公立学校

ハンガリー国章(ハンガリーのこくしょう)とは1990年7月3日に制定されたハンガリーの徽章のこと。

1990年までの社会主義的紋章を廃して、ハンガリー王国時代の国章を復活したもの。

構成[編集]

概要[編集]

12世紀頃のハンガリー王国の紋章は、赤い盾に銀でビザンツ帝国に由来する改宗のシンボル、ペイトゥリアーカルの十字(二重十字)を描き、聖イシュトヴァーンの王冠を被せたものであった。この頃、王冠の上の十字はまだ直立していた。

13世紀にアールパード王家が、赤地に4つの川(ドナウ川ティサ川ドラーヴァ川サヴァ川)を表す4本の銀の縞を置く「アールパード・ストライプ」を紋章とする。アールパード・ストライプは現在盾の左に描かれている。

14世紀に二重十字の下に緑の3つの丘と小さな金の王冠が描き加えられるようになった。この丘は、タトラ山ファトラ山マートラ山を象徴していると考えられている。この紋章は現在盾の右側に描かれている。

18世紀に聖イシュトヴァーン王冠の上の十字が傾く。理由は不明だが、これは現在まで踏襲されている。17世紀に実際の聖イシュトヴァーン王冠頂上の十字架が曲がったことが原因と思われる。

19世紀に、ハプスブルク家のもと、現在の国章のスタイルが完成した。

1849年革命の中で、コシュート・ラヨシュによって紋章から王冠が取り外される。

1949年、ソ連の支配下で、麦の束に麦の穂とハンマーが交差する上に共産主義の赤い星が輝く社会主義的な国章デザインを制定。

1957年ハンガリー動乱を受けて、国民感情緩和のため、麦の穂とハンマーに代えてハンガリー国旗の赤白緑に塗られた盾が麦の束の中心に置かれた。

1990年、19世紀の紋章を復活。

ギャラリー[編集]

旧王国時代の国章。
近代王国時代の国章。
ハンガリー人民共和国時代の国章

参考文献[編集]

  • 苅安望 『世界の国旗と国章大図鑑 三訂版』 平凡社 ISBN 978-4-582-40735-8
  • 印南博之『西洋紋章パヴィリオン その形や色に隠されたドラマ』 東京美術 ISBN 4-8087-0571-0

関連項目[編集]