ブルガリアの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルガリアの国章
Coat of arms of Bulgaria.svg
詳細
使用者  ブルガリア
採用 1997年
クレスト 第2次ブルガリア帝国の冠
Gules, a lion rampant Or
サポーター Two lions rampant Or crowned Or
コンパートメント Two crossed oak branches with fruits
モットー ブルガリア語: Съединението прави силата
「団結は力なり」

ブルガリア国章(ブルガリアのこくしょう)は1997年に採用されている。この国章は、共産主義政権による統治が終わった1990年代初頭から使われ始めていた。当時、国章に何を取り入れるかということについて、ブルガリア政府内では大きな論争があった。

紋章には、ライオンが描かれたサポーターとして支えている二匹のライオンが描かれている。盾の上にあるのは、ブルガリアの皇帝イヴァン・アセン2世である。盾の下には国の標語『団結は強さを生み出す』がブルガリア語で書かれている。ライオンの足元にあるコンパートメントは、緑の葉と黄色い実をつけた、二本の交差したオークの枝である。

三匹のライオンはそれぞれ、歴史的にも重要な地域である、トラキアモエシアマケドニアを象徴している。ライオンは、ソビエト連邦の国章の影響が強かった共産主義時代にも、ブルガリアの国章の中に取り入れられていた。

過去の国章[編集]

大ブルガリア公国及びブルガリア王国時代の国章
ブルガリア人民共和国時代の国章

関連項目[編集]