リヒテンシュタインの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リヒテンシュタインの国章
Staatswappen-Liechtensteins.svg
他の種類
Lesser Coat of arms of Liechtenstein.svg
小紋章
詳細
使用者 リヒテンシュタイン
Quarterly (1) Or an Eagle displayed Sable crowned and armed of the first charged with a crescent trefly Argent ending in crosses (2) Barry of eight Or and Sable charged with crancelin Vert (3) Per pale Gules and Argent (4) Or a maiden eagle displayed Sable the human part Argent crowned and armed of the first (Enty in point chapé) in base Azure a Hunting Horn stringed Or (Overall) An Escutcheon per fess Or and Gules

リヒテンシュタイン国章(リヒテンシュタインのこくしょう)はリヒテンシュタイン家の紋章でもある。 この紋章は、リヒテンシュタイン家の歴史であり、リヒテンシュタインが征服や婚姻によって関わったヨーロッパの多くの地をも示している。

紋章の左上はシレジア、右上はキューンリング家、左下は、トロッパウ公。右下は、リートバーグ、東フリースラントのキルクセナ家の紋章である。ベースはクルノフ公の紋章である。そして中央にはリヒテンシュタイン家の金と赤の盾が描かれている。クラウンとベールにはの布地(裏地はアーミン = オコジョ毛皮)が使われている。

関連項目[編集]