ノーザンファーム空港牧場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
地図

ノーザンファーム空港牧場(ノーザンファームくうこうぼくじょう)とは、北海道苫小牧市字美沢にある競走馬の育成牧場である。社台グループに属する。2011年現在の場長は吉田俊介(有限会社サンデーレーシング代表)[1]

施設概要[編集]

  • 厩舎18棟(約500頭収容可能)
  • 屋外1,200mメートル直線坂路コース(ニューポリトラック
  • 屋内850mメートル直線坂路コース(ウッドチップとバーク混合)
  • 屋内1,000mメートル周回コース(ダート
  • 屋外500mメートル周回コース(ダート)
  • 屋外400mメートル周回コース(ダート)
  • アエロホース(ウォータートレッドミル)
  • 社台ホースクリニック(馬の病院・入院馬房完備)

広さは400haヘクタール。敷地内は疫病感染予防、繋養馬の事故などを防ぐため、関係者以外の立入を禁止している。

社台ホースクリニック[編集]

牧場内には競走馬種牡馬繁殖牝馬乗用馬診療所である社台ホースクリニックがある。2009年現在の所長は田上正明(獣医師[2]

社台スタリオンステーションを運営する社台コーポレーションの管轄下にあり[3]、大種牡馬ノーザンテーストサンデーサイレンスもかつてはここで診察を受けていた。社台グループの生産、育成馬のみならず、ほかの牧場の競走馬も診察に訪れることが多く、生産界においてもその治療技術は高く評価されている[3]2007年に流行した馬インフルエンザの感染についても早い段階から食い止めるよう努力した結果、北海道胆振地方を中心とする牧場への蔓延を最小限に食い止めることができた。

本場以外の施設・関連会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 【有馬記念】吉田氏、自ら「楽しみ」世紀の対決” (日本語). スポーツニッポン (2011年12月23日). 2012年7月14日閲覧。
  2. ^ 高橋悟史 (2009年2月17日). “カネヒキリ復活神話続く/フェブラリーS” (日本語). 日刊スポーツ. 2012年7月14日閲覧。
  3. ^ a b トピックス「社台ホースクリニックがカンファレンス開催」” (日本語). ケイバブック (2008年8月28日). 2012年7月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯42度46分13.8秒 東経141度44分53.7秒