木實谷雄太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木實谷 雄太(きみや ゆうた、1980年8月5日 - )は、日本競走馬生産牧場ノーザンファームのスタッフで、現在はノーザンファーム天栄の場長。東京都出身[1]。一部マスメディアでは「木実谷雄太」とも表記される[2]

来歴[編集]

國學院大學久我山高等学校を経て、東京農工大学に進学。大学在学中は馬術部に所属し、主将を務めていた[3]。大学卒業後の2003年からノーザンファーム空港牧場に勤務し、同年12月からは山元トレーニングセンターへ異動した。2011年10月からノーザンファーム天栄に移り、2015年から場長を務めている[1]

ノーザンファーム天栄の利用馬の躍進に伴い、テレビの競馬番組などのメディア出演も増加している[3]

2019年第98回凱旋門賞に育成馬のフィエールマンブラストワンピースが出走した際には、4月から英国およびフランスを視察し、英国・ニューマーケットから直前にフランス入りする臨戦過程を選択するなど、両馬の調整を主導する立場を担った[4]

人物[編集]

ノーザンファーム天栄を拠点としながら、火曜日の昼から水曜日美浦トレーニングセンターに滞在し、土日は競馬場に赴いている。調教では自ら馬に跨る日もある。日頃は調教師や馬主からの電話が頻繁に鳴り、調教スタッフからの無線にも対応する。夏場は朝4時半から業務を開始し、調教を終えた後も夕方まで馬の状態チェックや事務仕事をこなす。「不定休」という多忙な生活を送っているが、「大変だと思うことって、自分のやりたくない仕事じゃないですか。僕自身が馬に乗ったり、馬を見ることが好きだから、全然苦じゃないですね」と語っている[1]

ノーザンファーム天栄に在厩する数百頭の競走馬の血統や成績に加え、次に目標としているレースなどのデータを、全て頭に入れている[3]

趣味は野球観戦。東北楽天ゴールデンイーグルスの大ファンである[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]