ニュー山王ホテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニュー山王ホテル

ニュー山王ホテル(ニューさんのうホテル、New Sanno、ニューサンノー[1]New Sanno U.S.Force Center、ニューサンノー米軍センター[2])は、東京都港区に所在する、在日米軍の施設である(管理者はアメリカ海軍)。

概要[編集]

この施設はホテルの形態をしており、アメリカ軍関係者が東京を訪問した際の宿泊施設、及び在日米軍のための保養所社交場として機能している。さらに、駐日アメリカ大使館関係者にも開放されている。

日本人は勿論、アメリカ人であっても軍と無関係の民間人は、原則として立ち入ることは不可能である。施設内で使用される言語は英語、通貨は米ドルとなる。当施設では他の在日米軍基地と同様、日本人の雇用例もみられる。利用や宿泊の条件は、アメリカ海軍の規定に拠って厳しく規定されている[3]が、とりわけ週末には満室となり、宿泊予約が取れないことが多いという[3]

日米地位協定などについての協議を行う、「日米地位協定各条に関する日米合同委員会」の会合が開催されることでも知られる[2][4]

歴史[編集]

第二次世界大戦終結後の1946年昭和21年)、アメリカ軍は旧日本軍山王ホテル士官宿舎(東京・赤坂)を接収、以後占有した。

1983年(昭和58年)10月、同地は旧山王ホテルのオーナーであった安全自動車などの所有者に返還された。その代替として日本政府からアメリカ軍に提供されたのが、現在のニュー山王ホテルの土地・建物である[2]

現所在地は、安立電気本社跡地であり、部屋数(149室)、床面積(15万平方フィート)から、駐車場台数(74台)に至るまでのすべてが、移転前の旧山王ホテルのそれらと同一となっている[4]。1981年6月に建築着工され、1983年6月に完成、同7月の閣議決定と日米間の政府協定の締結を経て、同年7月16日にアメリカ軍に提供された。

2004年から2006年にかけて、内外装に対する大規模な改修工事が行われた。作業は大成建設が施工し、特別な大理石を敷き詰めたロビーを始めとする重厚で華やかな仕様[5]の工事には、1,000万ドル以上が費やされたという[6]

施設概要[編集]

アクセス[編集]

鉄道[編集]

自動車[編集]

その他[編集]

  • 1983年11月に、日本国の関係機関、ニュー山王ホテルの代表、地元町内会等から構成される「ニューサンノー米軍センター地域連絡協議会」が設置され、定期的な協議が行われている[7]
  • アメリカ同時多発テロ事件以降、テロ対策を理由に施設前のパーキングメーターが撤去された。

脚注[編集]

  1. ^ 求人案内などにみられるカタカナ表記、「ニューサンノー」
  2. ^ a b c d e 都内の米軍基地 東京都庁、東京都知事本局基地対策室(2010年2月閲覧)
  3. ^ a b FAQ New Sanno's official website, Retreived on Feb-2010
  4. ^ a b c Michael S. Molasky (1999). The American occupation of Japan and Okinawa: literature and memory. Routledge, p49-50
  5. ^ ニュー山王ホテルの改装工事終了 Seahawk(海鷹)、Vol.LVI #45, Nov-25-2005, Retrieved on Feb-2010
  6. ^ NAVFAC Completes $10 Million Renovation in Tokyo -Navy-operated hotel has everything from fine dining to popular coffee shop, Naval facilities engineering command Far East public affairs, Dec-22-2005, Retreived on Feb-2010
  7. ^ a b c 『東京の基地 2002』 東京都(2002年5月) p42

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度38分50秒 東経139度43分30秒 / 北緯35.64722度 東経139.72500度 / 35.64722; 139.72500