ニビル (仮説上の惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ニビル
Nibiru
分類 惑星(想像上の値)
惑星質量天体(想像上の値)
軌道の種類 太陽周回軌道(想像上)
現況 未確認
発見
発見年 未発見
発見者 未発見
発見方法 未発見
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 235 au(想像上の値)
離心率 (e) 高い
公転周期 (P) 3,600 (想像上の値)
物理的性質
半径 4 - 5 R(想像上の値)
質量 20 - 25 M(想像上の値)
平均密度 地球の100倍(想像上の値)
Template (ノート 解説) ■Project

ニビル英語: Nibiru)とは、ゼカリア・シッチンによる著書「The 12th Planet (第12番惑星)」や終末論ドゥームズデー・カルトに登場する太陽系に存在するとされた空想上の惑星、あるいは惑星質量天体である。フィクション上の存在であり、実在する可能性はない。

惑星X仮説との混同[編集]

1982年、ワシントンD.C.にあるアメリカ海軍天文台ロバート・ハリントン木星海王星冥王星の軌道に摂動と誤差が生じていることを発見した。この摂動は冥王星の外側にある惑星クラスの質量を持つ天体によるものだと考えられ、ロバートはこの仮説上の天体を「惑星X」と命名した。ロバートが惑星Xの証拠を発見したと主張した直後、NASAパイオニア10号パイオニア11号の調査により、天王星と海王星の軌道に歪みが生じていることを確認しているが、これらの探査機が外惑星の近くを通過した際に惑星から受けた重力による加速度の値からこれらの惑星の質量が高精度で求まった。これによって、地上観測に基づく計算から得られていた外惑星の質量は最大約1%小さかったことが明らかになり、修正された質量に基づいて外惑星の軌道を決定することで矛盾は解消した。これらの宇宙探査機の軌道からは太陽系内にある未発見の大きな惑星の重力を考えなくてはならないような誤差は検出されなかった。多くの天文学者はこの事実から、惑星X仮説は役割を終えたと考えた。もっとも、天体の質量が小さい場合にはこの手法では検出できず、外惑星の軌道にも目に見えるような影響を与えないので、地球と同程度の質量を持つ天体が冥王星外に存在する可能性は依然として排除されていない。しかし、これらの状況はニビルとは一切関係がなく、ニビルの設定上の大きさや質量、軌道などと大きく矛盾し、むしろニビルの存在を否定している。

惑星Xがニビルと混同されるのは、作家のゼカリア・シッチンが1976年よりシュメール文明、古代宇宙飛行士説に関する著書、「The 12th Planet (第12番惑星)」と関連する7つの著書を発表したことによる。著書によるとニビルの名称の由来はシュメール文明の粘土板に描かれたとされる11個の惑星のうち1つが「ニビル」と呼ばれていたという。ゼカリアによるとニビルとはシュメール語で「交差する」を意味するというが、シュメール語における「ニビル」という単語は川の分岐点や船着き場を意味するものでゼカリアの翻訳は誤りである。

この著書は世界で25の言語に翻訳、各国で出版され商業的成功を収めた。著書の内容は完全に疑似科学であったが、多くの人の目に触れたために影響力を持つに至った。科学者・歴史家・考古学者はゼカリアの著書について古代文献の解釈や物理学に関する理解に問題があると批判している。著書の中でゼカリアはシュメールの研究者を自称しているが、実際には考古学者や天文学者ではなくジャーナリスト・編集者であり、「The 12th Planet (第12番惑星)」以前にシュメール文明や天文に関する研究を行った事はない。

惑星X仮説とゼカリアの作品に登場するニビルとは一切の関係がなく設定上の物理的・天文的性質も矛盾するが、終末論ドゥームズデー・カルトでは混同される事が多いので注意されたい。

設定上の特徴[編集]

ゼカリアの著書によるとニビルは地球の4-5倍の大きさと20-25倍の質量、約100倍の密度を持ち、現在、知られている太陽系の惑星から大きく傾いた楕円軌道を約3,600年で公転していると設定されている[1]彗星に非常に似た軌道を持ち、軌道長半径は約235 AUで、近日点小惑星帯付近にあるが、遠日点は太陽からはるか遠くに位置しているとされている。仮にニビルが実在し、それだけの質量を持っているとしたらこれまでの観測で発見される可能性は十分にあるはずだが、自由浮遊惑星と同じく赤外線などでしか観測できない可能性を考慮しても、2009年に打ち上げられた赤外線観測衛星、広域赤外線探査衛星 (WISE) の観測によると太陽から26,000 AU以内に木星以外に木星質量以上の天体がないことを確認しており、10,000 AU以内には土星質量(地球の95倍)以上の天体も発見されなかった[2]。これらの観測データはニビルまたはニビルに類似する天体が現実には存在しないことを示している。なお、ゼカリアの著書にはニビルの質量、密度、軌道などの根拠となる科学的データは一切示されておらず、初歩的な天体の摂動論とすら矛盾する。

終末論やドゥームズデー・カルトでは基本的にゼカリアの設定に加えて、地球接近時に人類や地球を滅亡させるといった設定が加えられる。この場合は比較的近い将来にニビルが地球に接近するといった人々の恐怖を煽る形式の物語や、陰謀論などと絡めて物語が創作されることが多い。実際に巨大な惑星が地球に接近しているのであれば様々な天文学的な事象が観測されるはずであるが、実際にそういった事象は起きていない。こういった終末論に対し、NASAは「言われているような話の根拠となる事実はない」、「その惑星があるならば、とっくの昔に発見されている」とニビルの存在[注釈 1]については人類滅亡説を金儲けに利用する為に考えられた嘘だと全面的に否定している[3]

シュメール文明との関係[編集]

ゼカリアの著書によると、シュメールの古文書には「ニビルにアヌンナキという生命体が存在しており、3,600年周期で地球に近づく度に文明を進歩させて痕跡を残した」、「地球人はアヌンナキによって創造された」、「アヌンナキは地球に飛来し、人類に天文学に関する知識を与えた」、「ニビルは自身の衛星を、現在の小惑星帯の位置にあったとされている仮説上の惑星、ティアマトに衝突させ、その破片から地球小惑星帯そして彗星を形成した」と書かれているという[4]

他の多くの考古学者らがシュメール文明の遺物を研究した結果としてゼカリアと同様の、または類似する研究結果を発表した者はいない。ゼカリアの翻訳自体が自説に都合の良い改変や誤謬を多数含んだ学術的に根拠も信憑性もないものであり、シュメール関連の学術団体や考古学者、天文学者からは批判されている[5]。ニビルの衛星がティアマトと衝突して、地球などが形成された件については、たとえニビルとティアマトがあったとしても、科学的あるいは天文学的に起こる可能性は極めて低いとされている。また、太陽光の恩恵が少なく(軌道の99%以上が冥王星の外側)超低温、高重力と考えられるニビルの過酷な環境において生命体が存在し、高度な知的生命体まで進化するのも極めて不自然であるが、整合の取れた科学的根拠は一切示されていない。

終末論との関係[編集]

終末論やドゥームズデー・カルトで人気があり、地球接近時に人類を滅亡させるなどの設定で毎年のように度々登場する[6][7][8][9]。もちろん、これらの終末論的仮説には科学的な根拠は存在せず、大半が幻視や夢、予言や聖書における神の発言といった宗教的な論説を根拠として疑似科学的な物語を創作しており、大学教授や研究者、政治家などの権威ある肩書の人物(実際には架空の人物だったり、実在する人物でも発言を都合よく偏向的に誤訳や抜粋などを行う)を登場させてこれを肯定させることによって信憑性やリアリティを持たせる手法がとられる。

当然ながら2020年の時点で人類は滅亡していない。

日本では2003年に宗教団体であるパナウェーブ研究所が「ニビルが落ちてきて天変地異が起こる」などとワイドショー等で主張し福井県に向かって大移動を行い注目された。

実在可能性[編集]

上記のようにニビルに関する様々な流言飛語が飛び交っているが、ニビルのような設定の天体は天文学的・物理学的に存在する余地はなく存在は完全に否定されている。

2012年にドゥームズデー・カルトを扱うWEBサイト上においてにNASAの赤外線観測衛星、IRASの観測でオリオン座の方向に巨大な天体を発見したとワシントン・ポスト誌が報じたとの記事が出たが[4]、IRASは1983年に運用を終了しており、ワシントン・ポスト誌もそのような記事を掲載した事実はなく、全くもって荒唐無稽な記事である。

2016年には天文学者のコンスタンティン・バティギンマイケル・ブラウンが、プラネット・ナインが存在するという間接的な証拠を発表した。[10]。この発表はニビルの存在可能性を示すものではなく、ニビルのような疑似科学から生まれた空想上の産物とは一切の関連性がない。なお、プラネット・ナインの想定される特徴はニビルとは全く異なる物であり、公転は1万年から2万年の周期で近日点でも海王星の約7倍遠い約200 auと見積もられており、地球に接近することはなく、生命体が存在する可能性もない。

火星サイズの物体であれば300 AU(海王星の距離の10倍)以上の距離で発見されない可能性があり、木星サイズの物体であれば30,000AUの距離で発見されていない可能性がある。そのような遠方にある物体が終末論で語られるような数年内に地球に衝突、または地球を掠めるような軌道を取るのであれば銀河の脱出速度を超えるような超高速で地球に接近している必要がある。当然ながらニビルがそのような速度だったのであれば、太陽の周回はできず、とうの昔に太陽系外に射出され遥か銀河系外に飛び去っているはずである。また、地球により近く存在して何らかの陰謀でその存在が隠蔽されていたとしても(そもそも世界中のアマチュア天文家の口をどう塞ぐのか、という問題は置いておいて)、その強力な重力の影響により太陽系内の惑星の軌道を不安定にして、それらの影響が容易に観測できていなければおかしく「ある日突然ニビルが接近して人類が滅ぶ」といったことはあり得ない。また、冥王星は家庭用の天体望遠鏡でも観測されているが、冥王星を超えるサイズの惑星が存在するのであればアマチュア天文学者でも簡単に観測できるはずである。

あくまでもニビルはゼカリアの作中に登場するフィクション上の天体で、その設定はあらゆる天文物理学の理論と完全に矛盾している。その存在可能性は皆無であり今後発見されることはない。

その他[編集]

  • 2012年8月23日放送の奇跡体験!アンビリバボーにてニビルについて特集された[11]。放送の中で「惑星ニビルが地球に接近」「NASAがニビルの存在を認めた」「人類滅亡カウントダウン」などの誤解を招く内容が放映されたがそういった事実はなく、NASAはニビルの存在を明確に否定している。
  • 2002年に出現した新星いっかくじゅう座V838星にもニビルという愛称がつけられている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ あくまでニビルの存在を否定しているだけで、未知の惑星の存在について否定している訳ではない。

出典[編集]

  1. ^ Nibiru is Sumerian for 12th Planet”. The ANNUNAKI. 2016年1月23日閲覧。
  2. ^ A SEARCH FOR A DISTANT COMPANION TO THE SUN WITH THE WIDE-FIELD INFRARED SURVEY EXPLORER”. The Astrophysical Journal (2013年12月24日). 2016年1月24日閲覧。
  3. ^ 2012年地球滅亡説は「でっち上げ」、NASAが異例の声明発表”. AFP BBNews (2009年11月10日). 2016年1月23日閲覧。
  4. ^ a b 201X年の地球滅亡危機”. 2016年1月23日閲覧。
  5. ^ Fritze, Ronald H,. (2009). Invented knowledge: false history, fake science and pseudo-religions. Reaktion Books. p214. ISBN 978-1861894304
  6. ^ 4月23日に人類滅亡、6月24日→4月23日に前倒し! ヨハネの黙示録とニビル到来で地球大噴火、科学者も「準備しなければ」”. 2021年2月8日閲覧。
  7. ^ 皆既日食の影響で今年の9月23日に人類滅亡?ニビルが地球に衝突?数字の“33”が証明!”. 2021年2月8日閲覧。
  8. ^ 今年11月に地球滅亡!? 惑星ニビルが最接近予定、ブラッドムーンとの関係も?”. 2021年2月8日閲覧。
  9. ^ 【人類滅亡】2015年12月に惑星X(ニビル)が地球に衝突か?証拠映像も激写される!!”. 2021年2月8日閲覧。
  10. ^ Batygin, Konstantin; Brown, Michael E. (2015 November 13). “Evidence for a distant giant planet in the Solar system” (PDF). The Astronomical Journal 151 (2). doi:10.3847/0004-6256/151/2/22. ISSN 0004-6256. LCCN sf78-620. OCLC 194559707. http://iopscience.iop.org/article/10.3847/0004-6256/151/2/22/pdf. 
  11. ^ 奇跡体験! アンビリバボー 2012年8月23日放送回”. goo テレビ番組. 2016年1月24日閲覧。

関連項目[編集]