トレブリンカ強制収容所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯52度37分35秒 東経22度2分49秒 / 北緯52.62639度 東経22.04694度 / 52.62639; 22.04694

WW2-Holocaust-Poland.PNG

トレブリンカ強制収容所(トレブリンカきょうせいしゅうようじょ、Konzentrationslager Treblinka)、もしくはトレブリンカ絶滅収容所(トレブリンカぜつめつしゅうようじょ、Vernichtungslager Treblinka)は、ワルシャワから北東約90kmに存在したナチス・ドイツ強制収容所である。ポーランドユダヤ人絶滅を目的としたラインハルト作戦に則って作られた三大絶滅収容所の一つである(他にベウジェツ強制収容所ソビボル強制収容所)。

1942年7月の開所から1943年10月に放棄されるまでの約14か月の間に、ここで殺害されたユダヤ人の数は73万人以上にのぼる[# 1]

歴史[編集]

イスラエルヤド・ヴァシェムに展示されているトレブリンカの看板

1942年5月リヒャルト・トマラ親衛隊大尉の指揮により建設工事が開始された。建設工事はリーグニッツシェーンブルン社(Schönbronn)とワルシャワシュミット=ミュンスターマン社(schmidt münstermann)が請け負い、作業員としてワルシャワ・ゲットーのユダヤ人たちが動員された。建設案については、トマラは自身が建設指揮をとったソビボル強制収容所に多くの部分を倣った[3][4][5]

1942年7月よりエルヴィン・ラムベルト親衛隊伍長de:Erwin Lambert)の指揮の下、ガス室が稼働を開始してユダヤ人絶滅作戦が開始された[6]。トレブリンカには主にワルシャワ地方やラドム地方、ビアウィストク地方、ルブリン地方、マケドニアトラキア地方、ドイツ本国テレージエンシュタットからユダヤ人が移送されてきた[2][7]。送られてきた者はトレブリンカ到着後、数時間のうちに殺害されている[8]

1943年8月2日、ユダヤ人特別労務班の反乱がおこり、収容所内の建物を放火してほとんどを焼き払い、収容所にいた1000人の囚人のうち600人ほどが混乱に乗じて脱走に成功した。しかしその後親衛隊の捜索でほとんどの者は再度捕縛された。戦後まで生き残ったのは100人ほどであったという[9][10]

この大規模脱走事件を機に収容所は解体されることになった。8月18日と19日のビアウィストク・ゲットーからの被移送者8,000人のガス殺を最後の活動としてトレブリンカの施設は爆破され、犠牲者の遺体は掘り起こされ焼却された。しかしこの折に周囲の町々までその悪臭が漂ったため、遺体処分後土地は改めて整地されてその上にウクライナ系の農民たちの家を建てさせ、通常の農地であるかのように偽装し隠蔽が図られた。これらの隠ぺい工作もユダヤ人労働者を使用して行われ、彼らは全ての隠ぺい作業が完了した1943年11月17日に全員銃殺された[9]

構造[編集]

フランツ・シュタングルによるトレブリンカの設計図

トレブリンカ強制収容所は先に建設された二つの強制収容所(ベウジェツ強制収容所とソビボル強制収容所)と類似した設計になっていた。収容所の敷地は矩形であり、面積は13.5ha。高さ3mの鉄条網機関銃サーチライトの備わった監視塔で囲まれていた。絶滅収容所であったため一般の強制収容所と比べると手狭であった。付近に人家は少なく、ビルケナウ強制収容所のような鉄道の引込み線が設けられた。収容所内は第一収容区と第二収容区に分かれ、第一収容区には入口・事務所厨房倉庫・作業場・菜園・100人から140人ほどのウクライナ人看守宿舎などがあった。第二収容区はユダヤ人特別労務班のバラック、脱衣バラック、ガス室、遺体焼却施設、共同墓地が存在し、ここで虐殺が行われていた。親衛隊員は20名ほどであり、収容所の要職に就いてウクライナ人看守たちを指揮した。彼らは入口の近くの武器庫の側で暮らしていた。

ガス室はソビボルと同型で4m四方、高さ2.6m。一見シャワー室に見えるよう天井に給水管に見せかけたパイプが走っており、そこにディーゼルエンジンから排出される一酸化炭素を流し大量殺戮を行っていた。

現在のトレブリンカ[編集]

トレブリンカへの鉄道線路跡

前述のように収容所は証拠隠滅のためナチスによって徹底的に破壊されたため当時の建物は一つも残っていない。現在の収容所跡地には鉄道の引き込み線や犠牲者の持ち物などを焼却した縦穴、ガス室の存在を示す地下からの換気のための煙突が地表付近にいくつか覗いているが、これらはいずれも復元されたものである。しかし移送されてきたユダヤ人たちが降り立ったプラットホーム跡、収容所へ向かう鉄道の支線が通されていた獣道、そしてたくさんの慰霊碑記念碑などが当時の面影を偲ばせている。近隣に鉄道路線はなく、訪問者の多くは1時間半の道のりをワルシャワで観光バスなどのチャーター便もしくはレンタカーを仕立ててくる。史跡としての整備は最小限に留められ、収容所跡地周辺もパンフレットなどを販売する売店が散在する程度で宿泊施設も存在せず、外国から訪れるには相応の準備を必要とする。

関連人物[編集]

所長[編集]

主な所員・看守[編集]

主な囚人[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「ポーランドにおけるドイツの犯罪総合調査委員会」によると「トレブリンカの犠牲者数は最低73万1,600人に達する」という。ラウル・ヒルバーグは著書の中で75万人という数を上げている[1][2]

参考文献[編集]

日本語文献

英語版文献

  • Yitzhak Arad著、『Belzec, Sobibor, Treblinka The Operation Reinhard Death Camps』、1999年、Indiana Univ Pr、ISBN 978-0253213051

出典[編集]

  1. ^ マルセル・リュビー著『ナチ強制・絶滅収容所』(筑摩書房)387ページ
  2. ^ a b ラウル・ヒルバーグ著『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅 下巻』(柏書房)170ページ
  3. ^ ラウル・ヒルバーグ著『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅 下巻』(柏書房)158ページ
  4. ^ マルセル・リュビー著『ナチ強制・絶滅収容所』(筑摩書房)376ページ
  5. ^ Yitzhak Arad著『Belzec, Sobibor, Treblinka The Operation Reinhard Death Camps』(Indiana Univ Pr)37ページ
  6. ^ マルセル・リュビー著『ナチ強制・絶滅収容所』(筑摩書房)378ページ
  7. ^ 栗原優著『ナチズムとユダヤ人絶滅政策 ホロコーストの起源と実態』(ミネルヴァ書房)182ページ
  8. ^ マイケル ベーレンバウム著『ホロコースト全史』(創元社)270ページ
  9. ^ a b マルセル・リュビー著『ナチ強制・絶滅収容所』(筑摩書房)386ページ
  10. ^ マイケル ベーレンバウム著『ホロコースト全史』(創元社)382ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]