井上茂子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 茂子(いのうえ しげこ、1954年 - )は、日本の歴史学者上智大学文学部史学科教授、専門は西洋史

略歴[編集]

山口県生まれ。1976年東京大学教養学部教養学科国際関係論卒業、同大学院博士課程満期退学。1985年、ミュンヘン大学卒業。1986年東京大学教養学部助手、1987年姫路獨協大学外国語学部講師、90年助教授[1]、1997年上智大学文学部助教授、教授。西洋近現代史を教える。2004年『ホロコースト事典』で日本翻訳出版文化賞受賞。

共編著[編集]

翻訳[編集]

主な論文[編集]

  • ドイツ人の「過去の克服」の旅『季刊 戦争責任研究』第55号
  • 「ヒトラーの日記」事件―史料批判の力―『歴史家の工房』所収、Sophia University Press
  • 社会国家の歴史におけるナチ時代―労働者政策と福祉政策を事例にして―『上智史学』第44号
  • 1997年の歴史学界・回顧と展望-ヨーロッパ・現代・ドイツ-『史学雑誌』第107号
  • ナチ体制下のカトリック教徒ナチズムに対する相対的に高い「免疫性」についての一考察―『キリスト教史学』第51号
  • 記憶の中の過去と記録の中の過去―英米独日の歴史の聞き取り運動―『現代の日本人はどう生きるか』所収、姫路獨協大学出版局
  • ナチ党の労働者政策―闘争期から第三帝国初期にかけて―『現代史研究』第30号

所属学会・委員会[編集]

  • 社会経済史学会
  • 日本国際政治学会
  • 日本西洋史学会
  • 日本ドイツ学会
  • 史学会
  • 歴史学研究会
  • 現代史研究会、2001年より運営委員長。

脚注[編集]

外部リンク[編集]