芝健介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芝 健介(しば けんすけ、1947年10月23日 - )は、日本の歴史学者東京女子大学現代教養学部教授。専門は、ドイツ現代史、とくにナチス研究。

略歴[編集]

愛媛県生まれ。東京大学法学部政治学科卒業後、東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。國學院大學文学部助教授などを経て、東京女子大学現代教養学部教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『武装SS――ナチスもう一つの暴力装置』(講談社[講談社選書メチエ], 1995年)
  • 『ヒトラーのニュルンベルク――第三帝国の光と闇』(吉川弘文館, 2000年)
  • 『ホロコースト――ナチスによるユダヤ人大量殺戮の全貌』(中央公論新社[中公新書], 2008年)
  • 『武装親衛隊とジェノサイド――暴力装置のメタモルフォーゼ』(有志舎, 2008年)

共著[編集]

訳書[編集]

  • ノルベルト・フライ『総統国家――ナチスの支配 1933-1945年』(岩波書店, 1994年)
  • レニ・ブレンナー『ファシズム時代のシオニズム』(法政大学出版局, 2001年)
  • P・シェットラー編『ナチズムと歴史家たち』(名古屋大学出版会, 2001年)
  • メアリー・フルブルック『二つのドイツ 1945-1990』(岩波書店, 2009年)
  • ゲッツ・アリー『ヒトラーの国民国家――強奪・人種戦争・国民的社会主義』(岩波書店, 2012年)