トマス・ネーゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トマス・ネーゲル
Thomas Nagel
黒板の前に立つネーゲル(2008年4月)
生誕 (1937-07-04) 1937年7月4日(80歳)
ユーゴスラビア王国ベオグラード
時代 20世紀の哲学、21世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 分析哲学
研究分野 政治哲学倫理学心の哲学認識論
主な概念 意識と主観的経験(クオリア)は脳の活動に還元できない」、「コウモリであるとはどのようなことか」、「なぜ私は私なのか
公式サイト 教員ページ (哲学科)及びFaculty webpage (法学スクール)
テンプレートを表示

トマス・ネーゲルThomas Nagel, 1937年7月4日 - )は、アメリカ哲学者である。専門は政治哲学倫理学心の哲学認識論など。

略歴[編集]

ユーゴスラビアベオグラードに生まれ、コーネル大学1954年 - 1958年)、オックスフォード大学コーパス・クリスティ・カレッジ(1958年 - 1960年)を経て、1963年ハーヴァード大学で博士号を取得。その後、カリフォルニア大学バークレー校助教授(1963年 - 1966年)、プリンストン大学助教授(1966年 - 1969年)、同準教授(1969年 - 1972年)、同教授(1972年 - 1980年)を経て、1980年よりニューヨーク大学教授の地位にある。1980年にはアメリカ学士院会員に選ばれており、また1990年にはオックスフォード大学ジョン・ロック講義」の講師に招かれている。

著作[編集]

単行本[編集]

論文[編集]

  • 1959, "Hobbes's Concept of Obligation", Philosophical Review, pp. 68–83.
  • 1959, "Dreaming", Analysis, pp. 112–6.
  • 1965, "Physicalism", Philosophical Review, pp. 339–56.
  • 1969, "Sexual Perversion", Journal of Philosophy, pp. 5–17 (repr. in Mortal Questions).
  • 1969, "The Boundaries of Inner Space", Journal of Philosophy, pp. 452–8.
  • 1970, "Death", Nous, pp. 73–80 (repr. in Mortal Questions).
  • 1970, "Armstrong on the Mind", Philosophical Review, pp. 394–403 (a discussion review of A Materialist Theory of the Mind by D. M. Armstrong).
  • 1971, "Brain Bisection and the Unity of Consciousness", Synthese, pp. 396–413 (repr. in Mortal Questions).
  • 1971, "The Absurd", Journal of Philosophy, pp. 716–27 (repr. in Mortal Questions).
  • 1972, "War and Massacre", Philosophy & Public Affairs, vol. 1, pp. 123–44 (repr. in Mortal Questions).
  • 1973, "Rawls on Justice", Philosophical Review, pp. 220–34 (a discussion review of A Theory of Justice by John Rawls).
  • 1973, "Equal Treatment and Compensatory Discrimination", Philosophy & Public Affairs, vol. 2, pp. 348–62.
  • 1974, "What Is it Like to Be a Bat?", Philosophical Review, pp. 435–50 (repr. in Mortal Questions). Online text
  • 1976, "Moral Luck", Proceedings of the Aristotelian Society Supplementary vol. 50, pp. 137–55 (repr. in Mortal Questions).
  • 1979, "The Meaning of Equality", Washington University Law Quarterly, pp. 25–31.
  • 1981, "Tactical Nuclear Weapons and the Ethics of Conflict", Parameters: Journal of the U.S. Army War College, pp. 327–8.
  • 1983, "The Objective Self", in Carl Ginet and Sydney Shoemaker (eds.), Knowledge and Mind, Oxford University Press, pp. 211–232.
  • 1987, "Moral Conflict and Political Legitimacy", Philosophy & Public Affairs, pp. 215–240.
  • 1994, "Consciousness and Objective Reality", in R. Warner and T. Szubka (eds.), The Mind-Body Problem, Blackwell.
  • 1995, "Personal Rights and Public Space", Philosophy & Public Affairs, vol. 24, no. 2, pp. 83–107.
  • 1997, "Assisted Suicide: The Philosophers' Brief" (with R. Dworkin, R. Nozick, J. Rawls, T. Scanlon, and J. J. Thomson), New York Review of Books, March 27, 1997.
  • 1998, "Reductionism and Antireductionism", in The Limits of Reductionism in Biology, Novartis Symposium 213, John Wiley & Sons, pp. 3–10.
  • 1998, "Concealment and Exposure", Philosophy & Public Affairs, vol. 27, no. 1, pp. 3–30. Online text
  • 1998, "Conceiving the Impossible and the Mind-Body Problem", Philosophy, vol. 73, no. 285, pp. 337–352. Online PDF
  • 2000, "The Psychophysical Nexus", in Paul Boghossian and Christopher Peacocke (eds.) New Essays on the A Priori, Oxford: Clarendon Press, pp. 432–471. Online PDF
  • 2003, "Rawls and Liberalism", in Samuel Freeman (ed.) The Cambridge Companion to Rawls, Cambridge University Press, pp. 62–85.
  • 2003, "John Rawls and Affirmative Action", The Journal of Blacks in Higher Education, no. 39, pp. 82–4.
  • 2009, "The I in Me", a review article of Selves: An Essay in Revisionary Metaphysics by Galen Strawson, Oxford, 448 pp, ISBN 0-19-825006-1, lrb.co.uk

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Thomas, Alan (2015), Thomas Nagel, Routledge .

外部リンク[編集]