スワンプマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スワンプマンSwampman)とは、1987年にアメリカの哲学者ドナルド・デイヴィッドソンが考案した思考実験。「私とは何か」といった同一性アイデンティティーの問題を考えるのに使われる。スワンプマンとは沼 (Swamp) の男 (man) という意味の英語。

思考実験の詳細[ソースを編集]

ある男がハイキングに出かける。道中、この男は不運にも沼のそばで、突然 雷に打たれて死んでしまう。その時、もうひとつ別の雷が、すぐそばの沼へと落ちた。なんという偶然か、この落雷は沼の汚泥と化学反応を引き起こし、死んだ男と全く同一、同質形状の生成物を生み出してしまう。

この落雷によって生まれた新しい存在のことを、スワンプマン(沼男)と言う。スワンプマンは原子レベルで、死ぬ直前の男と全く同一の構造を呈しており、見かけも全く同一である。もちろん脳の状態(落雷によって死んだ男の生前の脳の状態)も完全なるコピーであることから、記憶も知識も全く同一であるように見える[1]。沼を後にしたスワンプマンは、死ぬ直前の男の姿でスタスタと街に帰っていく。そして死んだ男がかつて住んでいた部屋のドアを開け、死んだ男の家族に電話をし、死んだ男が読んでいた本の続きを読みふけりながら、眠りにつく。そして翌朝、死んだ男が通っていた職場へと出勤していく。

脚注[ソースを編集]

  1. ^ ただしデイヴィッドソンの考えによれば、本人の経験や経緯に基づいて得られたものこそが知識であり、スワンプマン自身がそのような経験を経ていない以上、それは知識のように見えても知識とは別の種類のものである。

参考文献[ソースを編集]

  • Davidson, Donald (2001 (1987)). Knowing One's Own Mind. Reprinted in Subjective, Intersubjective, Objective (pp. 15-38). New York Clarendon Press. Originally published in Proceeding and Addresses of the American Philosophical Association, 60 (1987), 441-58. - 邦訳は、ドナルド・デイヴィドソン「自分自身の心を知ること」清塚邦彦(翻訳)、柏端達也(翻訳)、篠原成彦(翻訳)『主観的、間主観的、客観的』(春秋社、2007年4月、ISBN 978-4393323076)35-71項

関連文献[ソースを編集]

日本語のオープンアクセス文献

関連項目[ソースを編集]