スワンプマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

スワンプマンSwampman)とは、1987年にアメリカの哲学者ドナルド・デイヴィッドソンが考案した思考実験。思考などの心の状態や発話の内容を主体がその時とっている内的な状態だけでなく、来歴にも依存するものとして捉える彼の理論への可能な反論として提唱された[1]ルース・ミリカンの目的論的意味論などの同じく歴史主義的・外在主義的な志向性や内容の理論への反例としても論じられる[2]。スワンプマンとは沼 (Swamp) の男 (man) という意味の英語。

思考実験の詳細[編集]

ある男がハイキングに出かける。道中、この男は不運にも沼のそばで、突然 雷に打たれて死んでしまう。その時、もうひとつ別の雷が、すぐそばの沼へと落ちた。なんという偶然か、この落雷は沼の汚泥と化学反応を引き起こし、死んだ男と全く同一、同質形状の生成物を生み出してしまう。

この落雷によって生まれた新しい存在のことを、スワンプマン(沼男)と言う。スワンプマンは原子レベルで、死ぬ直前の男と全く同一の構造を呈しており、見かけも全く同一である。もちろん脳の状態(落雷によって死んだ男の生前の脳の状態)も完全なるコピーであることから、記憶も知識も全く同一であるように見える[3]。沼を後にしたスワンプマンは、死ぬ直前の男の姿でスタスタと街に帰っていく。そして死んだ男がかつて住んでいた部屋のドアを開け、死んだ男の家族に電話をし、死んだ男が読んでいた本の続きを読みふけりながら、眠りにつく。そして翌朝、死んだ男が通っていた職場へと出勤していく。

関連文献[編集]

日本語のオープンアクセス文献

関連項目[編集]

  • なぜ私は私なのか
  • 他我問題
  • 意識の境界問題
  • 哲学的ゾンビ
  • コウモリであるとはどのようなことか
  • 逆転クオリア
  • チューリング・テスト
  • 中国語の部屋
  • 水槽の脳
  • テセウスの船 - 船の壊れた部品を新たな部品につけかえる。この行為を繰り返すうちに最初に使っていた部品は全て無くなった。今の船は最初の船と同一だとみなしてよいか?
  • SF作家ジョン・ヴァーリィの『へびつかい座ホットライン』などの未来史シリーズ。
    • すべての人類が自身の予備クローンを持ち、また定期的に記憶のバックアップを取っている。当人が死亡すると、そのクローンには保存しておいた記憶が与えられ、「従来の本人のまま」社会行動をする未来社会が描かれている。
  • キャプテン・スカーレット - SF特撮人形劇。
    • 第1話冒頭で主人公のキャプテン・スカーレットは敵宇宙人ミステロンの手によって自動車事故で殺害され、以後はスカーレットの外見・記憶・人格を完全に写したコピー[4]がキャプテン・スカーレットとして活躍する(コピー本人も周囲の人物もコピーのスカーレットをスカーレット本人と認識している)というストーリー。
  • 精神転送
  • スワンプシング - DCコミックが刊行するアメリカンコミック。1983年、アラン・ムーアがライターとして再構築する際にこのスワンプマンのような設定に改められ、アイデンティティーの問題を抱えさせる事で大人向けコミックへの改革を果たした。
  • 粗忽長屋 - 自身に似てはいるが、まったくの赤の他人の死体を自分の死体だと思い込んでしまう落語の演目。 

脚注[編集]

  1. ^ Karen Neander, “"Teleological Theories of Mental Content", The Stanford Encyclopedia of Philosophy (Spring 2018 Edition), Edward N. Zalta (ed.), forthcoming”. 2018年3月10日閲覧
  2. ^ 戸田山和久 『哲学入門』 筑摩書房、2014年、99頁。
  3. ^ ただしデイヴィッドソンの考えによれば、本人の経験や経緯に基づいて得られたものこそが知識であり、スワンプマン自身がそのような経験を経ていない以上、それは知識のように見えても知識とは別の種類のものである。
  4. ^ 第1話中のみミステロンの命令に従い行動していたが、同話終盤に起きた事故によりミステロンの支配から解放される。

参考文献[編集]

  • Davidson, Donald (2001 (1987)). Knowing One's Own Mind. Reprinted in Subjective, Intersubjective, Objective (pp. 15-38). New York Clarendon Press. Originally published in Proceeding and Addresses of the American Philosophical Association, 60 (1987), 441-58. - 邦訳は、ドナルド・デイヴィドソン「自分自身の心を知ること」清塚邦彦(翻訳)、柏端達也(翻訳)、篠原成彦(翻訳)『主観的、間主観的、客観的』(春秋社、2007年4月、ISBN 978-4393323076)35-71項